« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月28日 (月)

夏合宿in長野県戸隠山 後編!!

後編ですよ~~。

 

~~23日~~

この日は種池・古池・道・川へ歩いて行った。

Kurojijito 種池・古池までの林道を歩いているとクロジが出てきてくれた!!

ぶれるし、ピントがなかなか合わない中頑張って撮った写真。

これも証拠写真・・・。になるのかな?ホオジロ科はこの写真だけで識別できない気がする。。。

ま、鳥が可愛いって所を満喫できれば写真なんてどうでもいいんだけどね。

そう、俺って鳥を見つけたらカメラより先に双眼鏡が出ちゃって観察を楽しんじゃうから写真がなかなか撮れない・・・。ブログをやる者としてはダメだろうね。

Samebitakito まぁ、そのあとサメビタキも出てくれたわけよ!!

暗いからかウグイスに見えてしまうのがや~ね。

でも眉斑はないし、三列風切に白縁もあるからね、こりゃサメビです。胸もしっかり見れたし。

なんでピントがなかなか合わないんだろうか・・・?

さっきから証拠写真しか載せてないような・・・。

でも次は証拠写真じゃありませんよ!!

Nojikoto ・・・。

証拠写真にもなれないヒドイ写真です。。。

モデルはノジコちゃんです。

モデルは超一流なのにカメラマンの腕が悪すぎました・・・。ノジコちゃん、ゴメンナサイ。

ピントは合わないし、ぶれるし。。。

この後は一般種しか出ず。

ヤマセミ・アカショウビンが見たいよ~!!

川ではやっとこさカワガラスがじっくり見れた!!写真撮る前に逃げられたけどね。

その後キャンプ場に帰ってグダグダ。

前日の3:10に炊事場の前の木にカラ混がやってきたから、今日もやってくると信じて3:00から張り込む。

3:05になったらカラ混やってきてくれました!!

50karaato いえ~い、ゴジュウカラちゃんです!!

可愛い可愛い近い近い♪

ここのカラ混はホントゴジュウカラが多すぎでね、コガラ・ヒガラ・シジュウカラよりもゴジュウカラの方が多い。

一番少ないのはヤマガラかメジロって感じ。

 

50karabto 近っ~~い♪!!

ギリギリピントが合ってくれましたよ☆

でも、このゴジュウカラ可愛くないね。。。ゴジュウカラならもっと丸々してて欲しかった。

こんな首伸ばしてちゃぁねぇ。。。

でもやっぱり可愛い・・・。。。♪

50karacto 今度は正面顔!!

撮ってるとき、喉にも模様があるのかと思ってたら、違うね。

喉の羽が抜けちゃってんのね。

いやいや、ちょこんってはみ出した下尾筒が可愛いですねぇ~♪

 

ゴジュウカラ撮影会で今日はお終い。

 

~~24日~~

今日は野尻湖周辺へ。ナウマン像の化石発見場所です。

ナウマン像博物館もあっちゃったりします。

んで、キャンプ場の標高が1200m、野尻湖は652mで一気にガクッと下がります。

Suzumeto だからキャンプ場では出会えないこんな子にも出会えます。

どうもこのスズメ子ちゃん、ここに巣があるようですね。ペアで引っ切り無しに出たり入ったり。

あ、これは道路の案内板の裏のパイプです。

この場所はスズメ・ヒヨドリ・ハシボソガラスが見れて大興奮したもんです。

今度は野尻湖の近くにある広大な田園地帯を歩く。里山里山♪

Hoojitotto も~ぅ、ホオジロだらけ!!

幼鳥も成鳥もホオジロばっか!!

いったい何十羽見たかね?    幼鳥ね→

ホオジロすぐ見つかるんだけど、いっぱいいるんだけど、見つけると嬉しくて撮影しまくっちゃう。

だからホオジロの写真だらけです。。。

Hoojiroseichouto             こちらはホオジロ成鳥→

ホオジロはキャンプ場周辺でも見れるんだけど、近寄れないんだよね。。。

だからここは撮影しやすいわぁ~~♪

やっぱホオアカ、クロジ、ノジコを見た後だとホオジロって味気ない。なんか、、、ねぇ。

 

ホオジロを撮りながらボテボテ歩いてると、遠くから「ピョーー!!」って声が聞こえてくる。

サシバだと思ってるとその声はどんどん近づいてくる。

Hachikumato でた!!

ハチクマじゃ~~ん♪しかも2羽もいるし♪遠いんだけどね。。。

何とか近くを飛んでくれた子を激写。

やっぱ首長いやね。うんうん、判りやすい。

あ~~、、、伊良湖に行きたくなってきたわ~。。。カメラの使い方も慣れたしバチャバチャ鷹を激写したいよ~。

そういえば伊良湖ってミナミツミの記録どうなったの???誰か知らない?

去年だったか、かなりミナミツミっぽい子が撮影されてなかったっけか?

なんか毎年のようにそれっぽいのが撮影されてっけど、やっぱ同定難しいのかな・・・。

そう、伊良湖といえば去年惜しいところでハイイロペリカンを逃しちゃってね、あ~れは悔しかった・・・。チゴハヤブサはかっこよかったけどね。

んなこたぁ、どうでもいよね。今は長野県のお話だし。

帰り際、ツバメがいっぱいいましてね、写真撮ってたら。

Tubameto 見て見て~♪

飛びたつ瞬間が撮れたのよさ~~♪

もう、めっちゃ可愛いんですけど~、翼がカッコイイんですけど~、風切が完品なんですけど~。

翼フェチとしてはこういった写真が撮れて感激もんですわ。

ここのツバメは撮影しやすくていいわぁ。キャンプ場のタダ・コシアカ・イワ・アマは撮影しにくいから嫌いです。

この日はこんなもんですかね。

 

~~25日~~

Sannshoukuito あさっぱら、朝飯の前にサンショウクイに出逢った。

ここはサンショウクイがかなり多い。だけど出会えたのは今日が初めて。

水上や西表のサンショウクイってあんま警戒心なかったのに、ここのサンショウクイは警戒心強すぎ!!まったくもって近づけない。

逆にリュウキュウサンショウクイは近づきつきすぎてピント合わないなんてこともあったけどね。

さてさて、この日は林道を通って森林植物園へ。

林道ではアカゲラとかカラ類がいっぱいいるけど、いかんせん暗すぎ。

写真を撮れないまま進んでいると『コリコリコリ・・・。』って音がした!!

勝手に「オオアカゲラ!!」と思って見てみると何か違う。

双眼鏡で覗いてみると・・・フクロウのヒナだ!!

・・・と思うけど、何か違う・・・・・・。

とりあえず写真撮ってみる。

Risuto ん、ムササビ?

いやいや、リスじゃん!!

可愛かったです。サワグルミをず~っとコリコリコリしてるんですから。

まぁ、「オオアカゲラ」と思ったのに、鳥ですらないってのはちょっぴりショックでしたけど。オオアカ~~・・・。

でね、この感動を誰かと共感したいのに、後ろ見ると誰もついてきてない。

仕方ないから、一人でリスを堪能しましたよ。

植物園に着き、自由行動。

アカハラ・エナガをキレイに撮りたいと思っていると、出てこない。

ホオジロ科はいっぱい出てくるんだけどね、写真撮れにゃぁの。

とりあえず、クロジ・アオジ・ノジコは確認。

また進んでると、今度はカラ混にぶつかる。

カメラ構えて張り込む・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

Kogarato 見てみてみて♪♪♪

おそらくこの合宿で一番可愛い写真撮れた!!

コガラちゃんで~す♪

いや~・・・可愛い!!

もぉ・・・ホントに可愛すぎ!!

なんか赤い実プチプチしてるし☆★

でも写真はこれ以上アリマセン。

なんかヒレンジャクがいたらしいんだけど、どうなんでしょ?

繁殖しない亜成鳥なら渡りしないこともあるし可能性はあるけど・・・。

まぁ、ヒレンジャクだろうね、他に間違える種いないもんね。リストに加えましょ。

・・・もしかしてアメリカからやってきたヒメレンジャクだったりして!!

んなこたぁないと。

今日はこんなもんです。

 

~~26日~~

合宿最終日!!キャンプ場で可愛いカラ写真撮ろうと思ったけど、テント片付け・荷物まとめ・ラーメンが案外忙しくて撮れなかった。

12時ごろ長野駅に着き、5:00のバスまで時間があるから善光寺を観光。

さいとしい~ぃんぐぅ。

恋愛おみくじやったし、満足ですわ。

そういえば長野駅が鳥に占領されてた。

Naganoyamagara  

  

 

やまがら

 

 

Naganoyamasemi  

 

 

                 やませみ

 

 

Naganohosigarasu  

 

 

                  ほしがらす

 

 

Naganoikaru  

 

 いかる

 

 

 

Naganoyataka  

 

 

                よたか

   マニアックやね~~♪

 

 こんな感じで長野駅の地面は鳥だらけ。

確認しただけでも11種はいましたよ

なかなかリアルで可愛いしもう楽しい!!

時間が来てバスで帰る。

田んぼの隣をよく走るから観察観察・・・。

チュウシャクシギとトリンガシギ(おそらくキアシシギ)を確認できましたよ。

これにて夏合宿in長野県戸隠山は終わりです。

 

KIROKU

1.カイツブリ  2.アオサギ  3.カルガモ  4.マガモ  5.トビ  6.ハチクマ  7.サシバ

8.Accipiter sp. (たぶんオオタカ)  9.キジバト  10.アオバト※  11.アマツバメ  12.アオゲラ S

13.アカゲラ  14.コゲラ  15.カワセミ※  16.イワツバメ  17.コシアカツバメ  18.ツバメ

19.セグロセキレイ  20.キセキレイ  21.サンショウクイ  22.ヒヨドリ  23.ヒレンジャク※

24.カワガラス  25.ミソサザイ※  26.コマドリ S  27.マミジロ  28.アカハラ  29.ウグイス

30.センダイムシクイ S  31.オオルリ S  32.キビタキ S  33.サメビタキ  34.コサメビタキ

35.エナガ  36.コガラ  37.ヒガラ  38.ヤマガラ  39.シジュウカラ  40.ゴジュウカラ

41.メジロ  42.ホオジロ  43.ホオアカ  44.ノジコ  45.アオジ  46.クロジ  47.カワラヒワ

48.イカル※  49.スズメ  50.カケス  51.ハシボソガラス  52.ハシブトガラス

羽では、、、

ヨタカ初列風切、フクロウ体羽を確認したので生息してると思われま~す♪

哺乳類は、、、

1.アカネズミ  2.ヒメネズミ  3.ハタネズミ  4.ホンドリス  5.モモジロコウモリ  6.ヤマコウモリ

7.モリアブラコウモリ  8.ウサギコウモリ?

 

52種。。。十分です♪

あ、※は俺以外の誰かが確認した種、Sは鳴き声のみ確認です。下線は初見!!

今回でライフリストは241種になりましたよん♪

あ~・・・オオアカゲラ見たかったなぁ・・・。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

夏合宿in長野県戸隠山 前編!!

19~26日まで長野県で合宿。

 まずは前編を書きますよん。

  

~~19日~~

19日の朝4:30に、

日本の野鳥590 日本の野鳥590

著者:真木 広造,大西 敏一
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を買って、戸隠山に向け出発!!

バスの中、590図鑑を読む。

この図鑑、前まで持っていたんだけどパクられちゃったの・・・。1012講義室でパクられた。

前のは第1刷で直筆サイン入り。今回は第7刷。

所々内容が変わっちゃって、まぁ・・・。写真もメジロとかその他多数が変わってると思う。けど確かめようがないんだよね。メジロは確かに変わったと思うんだけど・・・・・・・。

そんなこと考えながら戸隠山着いた!!

19日はテント張ったり、夕食作ったりなんだりで鳥写真は無し。

 

~~20日~~

この日はスキー場へ。目的はアカモズ!!

Hooakato とりあえずホオアカは出てくれた!!

やっぱりね、ホオアカは可愛い・・・。ホオジロ科のくせに、ちょい地味でちょい鮮やか。

高原なだけあってホオアカはいっぱいいるんだけど肝心のアカモズが出てくれない!!

アカモズもカモシカもいそうな環境なのにいない・・・。カケスはいたけど。

場所を変え、今度は川へ。

川で昼食を食べてても何もでないから、種池の林道を歩いてみる。

Kosamato 入り口でコサメビタキが待っててくれた!!

やっぱ可愛い。。。ヒタキ科大好き!!

コサメビタキは白飛びすると、

Yukichann ←ユキホオジロ夏羽に進化したりしちゃいます!!

なのでユキホオジロはコサメビタキから種分化しました。

さて、林道を歩いていると、

Kurojito_2 ホオジロ科に出逢った!!

・・・。

最初ホオジロ雌だと思ってたけど、こりゃクロジ雌ですよね・・・。

なんか大雨覆が微妙だけど、クロジ雌で合ってるはず!!

ホオジロ科の雌なんか嫌いだ~~!!

で、種池に着き、見てみる。

ここはマガモが繁殖してるのでマガモエクリプスだらけ。カルガモは1羽のみ。

・・・。

下見で来たときはカルガモいっぱい!!とおもったけど、あれはマガモEcだったんだろうか・・・。マガモEcとカルガモ間違えたかな・・・。カモフェチの俺がそんなヘマするかな?

ま、あとはアオサギとカイツブリ。

5000karato 帰りはゴジュウカラと遊んだ。

なかなか愛想がいい娘でしたよ、モテますねこの娘は。可愛い顔立ちだし。

ん?『娘』って書いたけどよく見ると男の子じゃない!!早く気付けよ、俺!!

戸隠山はゴジュウカラだらけです。ど~こいってもゴジュウカラ、ゴジュウカラオンリーの群れだらけです。

その後川で昼寝してこの日はおしまい。

 

~~21日~~

Nejumito キャンプ場で朝っぱらからネズミに出会った。

動きが早いネズミをこんなバッチリ撮れるなんて、俺凄い!!

・・・

って言ってみたりしてみた。

これはヤラセだったりします。このアカネズミはもう仏様になってるし。そりゃバッチリ撮れるわな。

今日は森林植物園へ!!戸隠山で有名な探鳥スポットです!!

Enagato ぶらぶら歩いて、その後自由行動したらエナガの群れにぶつかった。

「ジュリリ ジュリリ ジュリリ」と鳴きまくり!!

そっか、夏はカラ混群に混ざらないで単独の群れを形成すんのよね。

でもここは林内。ぶれるぶれる!!素直にISO感度上げりゃいいんだけど、鳥に出会うとそんなめんどくさい操作をしなくなっちゃうんだよね。

エナガは全部で10羽ぐらいいたかな。

Yamagarato 昼食食べてるとヤマガラが近くに来た!!

ぶれるぶれる。。。

だからさっさとISO上げればいいのに。ISO80じゃぶれまくり。

ま、証拠写真だと思ってください。

ヤマガラをこんな近くで撮影したの初めてだ。ギリギリピントが合うほどの距離でした。6mぐらいか。

で、またまたボテボテ歩いてると、

Akaharato アカハラにも出逢った。

植物園内は異様にアカハラが多すぎる。

植物園に隣接してる林道では全く見かけないのに、なんで植物園だけ・・・?

しかも暗い・・・。ぶれまくり。

まぁ、これも証拠写真です。

このあと帰る。

写真は撮れなかったけどサメビタキとマミジロ雌に出会いました!!

どちらも初見で~す♪

 

~~22日~~

瑪瑙山を登ることに。

哺乳類の痕跡を探しつつ、所々鳥を見ながら1時間40分ほど登った。

・・・雨雨雨!!!!

ヒドイほどの大雨が一気に降ってきた!!

30分で下山し、鞄の中を見ると買ったばっかの

日本の野鳥590 日本の野鳥590

著者:真木 広造,大西 敏一
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

がめちゃくちゃ濡れてて、しわくちゃに!!

凹みながらも火器で乾かしてると、表紙のピニールコーティングがすぐに溶け、燃え出し始めた!!

すぐに火は消えたけど、表紙には穴が開き、図鑑は焦げた・・・。

図鑑はもう放って置いて、全身濡れてるから温泉に!!

そのあとは飲み会でした~~~~♪

そんなんだから写真が1枚もありません。

 

記録は後編の最後にまとめて書きます。

| | コメント (0)

2006年8月 3日 (木)

戸隠山の下見♪

朝5:30に戸隠山に向けて出発!!

高速に乗って、梢川SAで休憩する。

なにかと体羽がめだっている・・・。

ちょっと歩いてると食痕現場発見!!風切・尾羽だらけ!!

むさぼり食うように集める!!

内容は・・・

コムクドリ♂・・・1羽

コムクドリ♀・・・1羽

ムクドリ・・・1羽

キジバト・・・1羽

ナゾドリ・・・1羽 (ホオアカを疑い中)

そんなに襲われやすい環境なんだろうか?5羽分の羽がわしゃわしゃ~

・・・(また高速)・・・

戸隠山着いた!!

Swarowww 真っ先に目に付くのはツバメばっか。

イワでもコシアカでもない、ただツバメ・・・。

ちょっと残念。山に来たんならコシアカを見たかったかな。

でもツバメひなひなが大量に見れたから嬉しかったんだけどね。

ここで昼食の信州そばを食べた、730円。

さてさて、下見。

まずは種池と言う池に行ってみる。

蚊と笹だらけの林道を抜けるとそこはカンブリア紀の様な原生池!!

Kaitsuburin そんな池の中央でカイツブリが営巣していたり。

他にはアオサギ、カルガモだけ。ヨシゴイ・ヒクイナがいそうな環境だけど、世の中そう甘くはない。

小鳥はさすが戸隠!アカアラがいたりします。

この奥の古池とやらを行ってみるも、鳥は全くいない。。。でかいんだけどね。

また種池に戻りヨシゴイ・ヒクイナを探していると、後ろから覗かれていた、

Samekosame コサメビタキに!!

いやん、可愛すぎ!!まだまだお子ちゃまだし♪

ところでだれか確実にコサメビタキとサメビタキを識別できる人はいますか?

この子はコサメですよね?

典型的なコサメ・サメの個体ならいいけど、中間点でしかも幼鳥とか識別しようがないような・・・。

Kaeru カエルはいっぱいいる。

このコは誰?

ヤマアカでいいのかね?

「目に葉が被ってんじゃん!!」と思う人がいるかもしれないので弁解を。

目に葉がくっついて取れないのですよ。

 

このあと蛾のため外灯めぐり。

テンとキツネが出てくれた!!っつってもテンは寝てたから見てないんだけどね・・・。

でもキツネはバチコ~ン見た!!ありゃ感動しますね、テンション上がりまくり!!

そんなこんなで1日目が終わり。

2日目。。。

朝6時に起きてキャンプ場を歩く。

Kosamesamesame_1 カラ混にぶつかり、原材料を調べていくとこんな子がいた。

またもやコサメビタキ!!

肝心の識別点である胸は見れなかったけど、このカラ混のなかにもう1羽コサメビタキがいたからこの子もコサメで。

いやはや・・・可愛い!!やっぱお子ちゃまは可愛すぎ!!

Higaragraagarafraa_1 ここではヒガラがメイン。

個体数はヒガラ>コガラ>シジュウカラの順。

ヤマガラ・エナガはいるだろうけど今回は見つかんなかった。

ヒガラは高いところをピコピコ動くから写真撮りづらいったらありゃしない。

イジワルヒガラでした。

50karakarakara ゴジュウカラもいっぱいいる~!!

1年ぶりの出会いですよ!!

いっぱいいるのに動きが早いからあんま上手く写真が撮れない。

これでも露出-1なのに写真がまぶしい。

う~む・・・写真を上手く撮れるようになりたい・・・。

Woodpekerrr カラ混の主役、コゲラももちろんいます!!

別になんてことない、ただのコゲラです。

でも亜種シコクコゲラの可能性もありましてね、よくわからんですたい。

なんかさ、長野県って写真がキレイになるよね。自然樹木がヤラセのように美しい。やっぱ長野って凄いところだこと。

そのあと朝飯のパンをモホモヒ食べて、またキャンプ場周辺を歩く。

Akagetra 昨日アカゲラが出たポイントに行くと、すぐに出てくれた。雄と雌と幼鳥の3羽。

アカゲラっていつ見てもキレイでカッコイイ・・・。

普段山に行かないからだろうけど、アカゲラって新鮮、初見でなくても初見のように興奮しちゃう鳥。

興奮したから写真も酷いものに。

アカゲラって一生飽きない鳥だろうな。

そのあと別の道を歩く。

鳥はいるけど写真は取れない。

そのあと、スキー場に行く。

なんか「ぴーちょりちょりちゅちゅちゅ・・・」って鳴いてる鳥がいるから探してみる。

ホオアカと予想を立て、近づくもすぐ逃げる。

サギ並みの警戒心の強さだこと。

Hohohoaka なんとか遠くから写真を撮ってみる。

・・・・・・。

ホオアカ!!テンション上がりまくり!!

約4年ぶりの出会い、そりゃ興奮もしますよ。

意味も無くスキー場を走り回って何羽ものホオアカを驚かせてしまいました、てへっ♪

しかし写真が汚い。遠い。

Hoaka そうしたら電線にとまってる子を発見。

・・・。近くて写真は撮れるんだけどねぇ・・・。

やっぱホオアカはアザミとかの上にで囀ってくれたほうが絵になるのに。

ロープの上じゃあねぇ、ちょっといけませんね。

まったくもう、S字のラングよりですよ。

ほかにイワツバメ、カワラヒワを見かけた。

どっかのおじちゃんはアカモズを見たらしい、かなり悔しい。。。

西表じゃシマアカモズは佃煮にするほどいたけど、やっぱアカモズは見たい!!

アカモズがいそうな環境ではあるから合宿中にリベンジしてみます。

こんなんで下見終了。

Kiroku

1.カイツブリ  2.アオサギ  3.カルガモ  4.トビ  5.キジバト  6.ホトトギス  7.アカゲラ

8.コゲラ  9.ツバメ  10.イワツバメ  11.サンショウクイ  12.ヒヨドリ  13.・・・あかもず

14.ミソサザイ(s)?  15.アカハラ  16.クロツグミ(s)  17.ウグイス  18.センダイムシクイ(s)

19.コサメビタキ  20.コガラ  21.ヒガラ  22.シジュウカラ  23.ゴジュウカラ  24.メジロ

25.ホオアカ  26.カワラヒワ  27.カケス  28.オナガ  29.ハシブトガラス

合宿が楽しみです!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »