« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月23日 (土)

沖縄遠征 ~西表編~ PARTⅢ

~~10日~~

今日は温泉の日。。。

それまでちょっくら鳥見。

Kawa10 西表クイズ

Q1・この川は何川でしょう?

で、この川の林道へはリュウキュウサンコウチョウ・リュウキュウキビタキを見るために来たんですが、曇ってる上に鳥が出ない!!

前日の雨で林道グチャグチャだし・・・。

と言うことで、この川で鳥をグダグダ見てみる。

橋の上から遠くのエリグロアジサシを観察。

5分に1回ぐらいちょっとばかし近くに来てくれる、遠くには5羽ほどのエリグロ。

順番で来てるんだろうか?必ず1羽ずつやってくる。

ここで計3羽エリグロアジサシが近くにやってきた。ぼけ~っと観察していると、4羽目がやってきた。

・・・ん?

今度の奴背中の色が小汚い・・・。

Ajisasi10 ・・・。

ハシブトアジサ・・・!!

いやいや、違った。お腹に夏羽が残ってた。

クロハラアジサシの冬羽でしたね。

こんなのが1羽だけ混じってたとは、俺は感激だあぁ~!!

ま、でもこの沖縄遠征では初めて見れたし、クロハラアジサシは夏羽しか見たことなかったから嬉しいです♪

・・・ハシブトアジサシだと思ったのに、ハシブトなら初見だったのに・・・。

でだ、遠くにアジサシのコロニーがあったから車で連れて行ってもらった。

Koronii10 コロニー!!の岩?・・・島?

この岩の所々にいる白い子みんなエリグロアジサシです。

合計8羽!!見つかりますかね?

こういう岩っぽいのはだいたいアジサシがコロニー作ってっから面白いね。

クロアジを期待したけど1羽もいなかったので早々と退散。

さて、温泉へ!!

でもレンタカーで問題が起きたため道を引き返す。

Akahato10 そうしてると赤いハトがいた!!

リュウキュウキジバトの3倍は赤いであろう個体!!

幼鳥っぽいなぁ、と思いながら撮影。

そうしたらなに?この初列の赤みと尾羽の先端の赤み、追い討ちを掛けるように胸の鱗模様!!

・・・。日本初記録!?

このコはすぐ逃げちゃったし、レンタカーの問題もなくなったので、温泉へ!!

・・・・・・・・・(4時間ばかし温泉)・・・・・・・・・・・

で、ナイトドライブ。

今日は水田。鳥はリュウキュウヨシゴイが飛んでただけ。

KIROKU

1.アオサギ  2.ダイサギ  3.チュウサギ  4.アマサギ  5.コサギ  6.リュウキュウヨシゴイ

7.カンムリワシ  8.イソシギ  9.エリグロアジサシ  10.クロハラアジサシ  11.キジバト

12.リュウキュウコノハズク  13.ツバメ  14.ハシブトガラス

※結局あのハトはキジバトでしたが、亜種は不明です。亜種キジバトでも亜種リュウキュウキジバトでもない可能性が高いみたいです。山科行きですね。

 

~~11日~~

今日は1:30の便で西表島を発つ。

だから朝っぱらの一時間ばかし鳥見。

目標はエリグロアジサシはバチコーンと撮る!!

Eriguroajisasi11 ・・・。

曇り気味・・・。

おまけに飛ぶスピードは早いし、近すぎるから撮りにくいうえにぶれる!!

マジで近過ぎ!!俺との距離最短3cmとかじゃねぇの!?

向こうからモビングで突撃してくんの反則です!!

Ariguroajisasi11b う~む・・・。

晴れたのに近すぎるため撮りにくい・・・。

悔しいもんだわこりゃ。

この後センパイから電話があっったし、モビングがいいかげん怖くなってきたので退散。

 

石垣島に渡ってからはグダグダ過ごし、マックスバリュで寝て、12日の朝に那覇に渡り、お土産かって羽田に渡って、今回の遠征はお終い!!

 

8/29~9/12までの記録!!

1.リュウキュウカイツブリ      2.アナドリ             3.リュウキュウヨシゴイ

4.ゴイサギ              5.アカガシラサギ          6.アマサギ

7.チュウダイサギ          8.チュウサギ             9.コサギ

10.カラシラサギ          11.クロサギ              12.アオサギ

13.ムラサキサギ         14.カルガモ              15.ミサゴ

16.トビ               17.カンムリワシ            18.ミフウズラ

19.シロハラクイナ         20.バン                21.コチドリ

22.シロチドリ            23.メダイチドリ            24.オオメダイチドリ

25.ムナグロ            26.キョウジョシギ           27.トウネン

28.ヒバリシギ           29.オジロトウネン          30.エリマキシギ

31.アカシアシギ          32.コアオアシシギ         33.アオアシシギ

34.クサシギ            35.タカブシギ            36.キアシシギ

37.イソシギ             38.ソリハシシギ          39.ダイシャクシギ

40.ホウロクシギ          41.チュウシャクシギ        42.アマミヤマシギ

43.タシギ              44.チュウジシギ          45.オオジシギ

46.セイタカシギ          47.クロハラアジサシ        48.オオアジサシ

49.ベニアジサシ          50.エリグロアジサシ     51.コアジサシ

52カラスバト            53.リュウキュウキジバト      54.リュウキュウズアカアオバト

54.チュウダイズアカアオバト   55.リュウキュウキンバト      56.リュウキュウコノハズク

57.アマツバメ           58.リュキュウアカショウビン 59.カワセミ

60.ノグチゲラ         61.リュウキュウコゲラ        62.ツバメ

63.リュウキュウツバメ      64.イワツバメ             65.マミジロツメナガセキレイ

65.キマユツメナガセキレイ    66.キセキレイ            67.リュウキュウサンショウクイ

68.リュウキュウヒヨドリ      68.イシガキヒヨドリ         69.タイワンシロガシラ

70.シマアカモズ          71.ホントウアカヒゲ      72.イソヒヨドリ

73.リュウキュウウグイス     74.セッカ               75.オキナワシジュウカラ

75.イシガキシジュウカラ      76.アマミヤマガラ         76.オリイヤマガラ

77.リュウキュウメジロ       78.シマキンパラ        79.スズメ

80.リュウキュウハシブトガラス  80.オサハシブトガラス      81.バリケン

82.アヒル・クロアヒル          

※全て亜種名表記ですが、カウントの数字は種表記です。

なので同種の別亜種はカウント数字が重なってます。

初見は10種、これで俺のライフリストは251種です!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

沖縄遠征 ~西表編~ PARTⅡ

~~8日~~

Mejiro08_1 はい、オハヨ。メジロちゃん♪

今日は暑い!!快晴!!

クソ暑いのにメジロは元気。可愛いなぁ・・・。

でも午後からは雨が振るそうなんでとても嫌。。。

だからと言ってダラダラしてたら勿体無い!!

さて、どこに行こうか・・・。

たまにはシギチでも見に行こうかな・・・。

と思い、今日はアーラ地区の水田で捨ててってもらうことにしました!!

Hibarisigi08 着くなりヒバリシギがお出迎え。

やんばる・石垣ではヒバリシギのいない田んぼは無かった。

きっと西表でもそう。

そんぐらいいっぱいいる。ヨーロッパトウネンを探してるとヒバリシギって一瞬それっぽいからちょい紛らわしい・・・。

可愛いから許すけどさ、ヨーロッパトウネンも1羽ぐらい混ざっててよ!!

で、この田んぼ、

Semarumusi08 セマルハコガメがいっぱい潰されてます・・・。

う~ん、ちょい困りもん。。。

ところで写真の下の方にいる虫ってなにもんじゃ?写真撮った時から気になってしょうがないんですけど。。。

よくワカラン虫けらですね。

セマルハコガメは3頭事故ってました。

セマルハコガメは置いといて・・・。

Akaasisigi08 アカアシシギわらわら~♪

ちょっとここのシギチ面白すぎる!!

アカアシシギばっかり!!

この翼上面の配色、シギの中で一番好きな柄です♪

2番目はキョウジョシギ翼上面。

とりあえずシギチは楽しんだから、白浜林道へ!!

Ryuukiji08 バチコーン!!!!

リュウキュウキジバトでっす♪

このコ、目の周りの露出部分、下側に穴が開いてるんですけど。

瞼ピアス?

このコが可哀想でね・・・、この日の夜、ナイトドライブで同じ場所に来た時にはもう死んでて・・・、顔の肉は虫に食われてて・・・、羽根屋が入ったのか右翼の初列風切は全部抜かれてて・・・、見るも無残でした・・・。

で、林道を登るもヒタキ系が出ないため、下山。

もっかいシギチを見ましょ。

Koaoasisigi08 お!!ちょっと林道に入ってる間に新しいお仲間が増えてるじゃない!!

これは俺がかなりFavoriteな、コアオアシシギちゃんです~♪

たしか全長24cm。セイタカシギと比べると異様にちっこく感じますね。可愛い!!

人生で3回目のコアオアシです。多摩川・西表・西表ですね、いやはや、コアオアシシギはマジで可愛い・・・。

こんな可愛い子が2年前までクサシギ・タカブシギと混ざって識別できなかったのが勿体無い!!

Aoasisigi08 ポイントを変えて・・・

こちらはアオアシシギwith仲間たち。

このアーラ地区から次のシギチ水田まで8km近く歩かせるんだから、西表は怖い!!

やっぱね、アオアシシギはでかいです!!セイタカと同じサイズ。

手前のヒバリシギがチマチマに見えちゃうほどだもん。

ここの水田でも飛んでるリュウキュウヨシゴイ発見!!

多いですね、リュウヨシ。。。

Kanmuriwasi08 カンムリワシも多いです。。。

こんな多いクセして特別天然だから笑っちゃいますね。

個人的にはヘラシギ・ハリモモチュウシャクあたりを記念物にして欲しいんですが。

あれ!?シギで天然記念物っていたっけ!?とりあえず日本にはいないと思うけど・・・。

シロハラチュウシャクシギとか特別天然記念物にしてあげないのかな?個体数少なすぎだよ。シロハラチュウシャク見ったいよ~♪

・・・夜。

ナイトドライブでアーラ地区に来たときゴイサギ系の鳥がライトにびっくりして飛んでったのね。

色合いやら配色やら、ちょっと物言いが入ったけど、今のところアカガシラサギ冬羽で落ち着いています。

KIROKU

1.リュウキュウヨシゴイ  2.アカガシラサギ  3.コサギ  4.アマサギ  5.チュウサギ

6.チュウダイサギ  7.クロサギ  8.ムラサキサギ  9.アオサギ  10.カルガモ

11.アヒル  12.カンムリワシ  13.シロハラクイナ  14.ヒバリシギ  15.アカアシシギ

16.コアオアシシギ  17.アオアシシギ  18.クサシギ  19.タカブシギ  20.イソシギ

21.ホウロクシシギ  22.チュウジシギ  23.セイタカシギ  24.エリグロアジサシ

25.リュウキュウキジバト  26.チュウダイズアカアオバト  27.リュウキュウコノハズク

28.カワセミ  29.ツバメ  30.イシガキヒヨドリ  31.Wツメナガセキレイ

32.キセキレイ  33.シマアカモズ  34.イソヒヨドリ  35.セッカ  36.イシガキシジュウカラ

37.リュウキュウメジロ  38.オサハシブトガラス

 

~~9日~~

Sijuukara09 今日のおはようはイシガキシジュウカラちゃんでした。

まだまだ子供。八重山亜種は子供のウチから色が黒ずんでるんですね。ネクタイが茶色だし。

この日の朝ごはん用にパンを2個買っていたものの、1個はゴキブリに集られていたので食えず・・・。

仕方ないから朝はパン一個。

この日は由布島行きの港?からワイルドライフセンターまで歩いていくコース。

Kurosagi09 由布島まで行く途中にクロサギのモノクロカップルに出会えた!!

綺麗でカッコよくて、写真も美しく撮りたいけど、俺が立ってる場所は橋の上。

近付けないうえに、遠すぎる!!

なのでこんな証拠写真に。

海も綺麗だな~!!

そして由布島に着き、探鳥会開始!!

とりあえず近くの水田に行ってみる。

Aoasisigi09 アオアシシギ発見~♪

ここはセイタカシギとアオアシシギ、ヒバリシギしかいない水田だった。

アオアシシギが一番多くて、全部で9羽。

Tringa大好きっ子の俺にとっては天国でした!!この9羽の群の中にコアオアアシが混ざってたら昇天してたかも。。。

ここでとりあえず30分ほどシギチを見て満足♪

そしてワイルドライフセンターへ。

沖縄遠征もあと2日で終わりだってのに、いまさら情報を仕入れに行く。

困ったことに8/20からナンヨウショウビンが出てるんだと!!

前回のナンヨウショウビンは撮影方法がヒドイ!!

双眼鏡に携帯カメラだもんな。。。カメラ水没が怖かったから仕方ないんだけど・・・。

ま、良い情報だこと♪

センターの人とも「なんで8月なんかにナンヨウショウビンが出るのか!?」ってことで話し盛り上がったし。

さて、そろそろおいとま。

Murasakisagi09 おいとまするとすぐ、ムラサギサギが出迎えてくれた!!

恥ずかしながら今回の遠征でムラサキサギ成鳥を見たのはこの1回のみ。

どこ行っても若鳥ばっかだったから味気なかったんだよね・・・。

いやいや、良かった。内心ムラサキサギ成鳥が見れないんじゃないかとドキドキしてたんだよね。

一安心しました。

昼ごはん食べながら双眼鏡でカンムリワシを見てみる。

そんなことしてる間にコロッケをカラスに食われちゃうし・・・。

食事中、ご飯から目を離しちゃいけません!!

この日はこの後なにもでず・・・。

遠~くの草地の中に落ちていたズグロミゾゴイの初列風切を発見できたときは、ちょっと嬉しすぎた、まだ俺にも羽発見能力が残っていた。。。

最近羽拾ってなかったからまじで嬉しい!!

このあと車に拾われて、ナンヨウショウビンの情報を聞いて、グダグダドライブ。

夜ご飯食べて、ナイトドライブ。

途中運転手が寝てしまったため、フラッシュ焚いて友達を撮りまくりながら帰った。遠征の終わりが見え始めてメモリに余裕があると判ってから、やっと友達が撮れるんです。

KIROKU

1.コサギ  2.アマサギ  3.チュウサギ  4.アオサギ  5.ムラサキサギ  6.クロサギ

7.カンムリワシ  8.シロハラクイナ  9.ヒバリシギ  10.アオアシシギ  11.タシギ

12.セイタカシギ  13.キジバト  14.ズアカアオバト  15.リュウキュウコノハズク

16.ツバメ  17.ヒヨドリ  18.ツメナガセキレイ  19.イソヒヨドリ  20.シジュウカラ

21.メジロ  22.ハシブトガラス

| | コメント (3)

2006年9月18日 (月)

沖縄遠征 ~西表編~ PARTⅠ

~~6日~~

石垣港周辺で昼ごはん食べて、観光。

1:30(だったか?)発の西表行きの高速船に乗り、いざ西表へ!!

船の中からはオオアジサシやエリグロアジサシが見れるものの、この船は高速船。上下の揺れが激しすぎるため写真は撮れず。

西表に着き、テントを張り終えるなり「エリグロアジアサシ綺麗に撮れた~」と自慢してきたヤツがいたので、見せてもらうと近い!!

悔しいから俺もっと。

Seitakasigi06 エリグロポイントに着く途中、セイタカシギで出来た島があった。

肉眼で見ると海にプカンっと浮いてる島のよう。

その大群は写真には納まりきらず、写真の子を数えただけでも76羽。。。

いったい何羽いたんだろうか?

 

Eriguro06 曇っている・・・・。

とりあえずエリグロを撮ってみるがいまひとつ・・・。

近いし可愛いし、5羽はいるから楽しいんだけどさ、写真が撮れないんだよね。

必死でモビングしてくるからめちゃくちゃ怖いし!!

 

今日は渡りをして疲れたからこれでお終い。

KIROKU

1.コサギ  2.ダイサギ  3.クロサギ  4.カンムリワシ  5.シロハラクイナ  6.キアシシギ

7.ダイシャクシギ  8.セイタカシギ  9.オオアジサシ  10.エリグロアジサシ  11.キジバト

12.ズアカアオバト  13.キンバト  14.リュウキュウコノハズク  15.ツバメ  16.ヒヨドリ

17.スズメ  18.オサハシブトガラス

 

~~7日~~

Sijuukara07 朝起きてシジュウカラにゴアイサツ。

真っ黒シジュウカラ。

北海道の黒化変シジュウカラよりかは白いけどね。

あの黒化変をシジュウカラって言った人が凄い!!あれはまっくろくろすけだと思うんだが・・・。

いやね、だって全身真っ黒なんだよ!!確か背中に1枚だけ緑の羽があった気がするけど。でもでもお腹も黒くて、そんでもって黒いネクタイ締めてて・・・!!

北海道の話はどうでもいいですね、今は沖縄です。

本日は西表島の大御所、大富林道へ!!

・・・。

Kanakana07 ・・・。

 

 

 

 

 

Kabakaba07 

 ・・・。

 

 

 

 

Hachinoko07 ・・・。

 

 

 

 

 

Aomioka07 ・・・。

鳥が全くいない・・・。

鳥以外の生き物も面白いから全く文句が無いんだけどさ。。。

強いて言うならリュウキュウサンコウチョウとかリュウキュウキビタキ、ウスアカヒゲ、リュウキュウツミetc・・・が見たかった・・・。

いや、でも鳥以外をじっくり見ることができてよかったよ!!

でもね、ストレスは溜まるの・・・。

たとえばね、スジグロカバマダラを見つけたら、①テレコンを外す。②テレコン設定をOFFにする。そんで写真撮って、③テレコンをつける。④テレコン設定をONにする。

で、鳥が出てくれないのにアオミオカタニシが出たりして、①~④をまたやる。

この繰り返し。

結局俺は大富林道を捨ててシギチを見に仲間川へ行こうとして、農道を歩いてると、前方から巨大な雲と大雨が迫ってくるじゃない!!

とりあえず今来た道を引き返し走ってると、すぐ追いつかれた。

・・・大富林道入り口の低木の下にしゃがみ込み、びしょ濡れになりながらもカメラ・図鑑は守り、音楽を聴いて勇気を貰いながらなんとか雨をやり過ごす。

大雨の日の鳥の気分が分かった気がした。

Sannshoukui07 20分ばかしで雨がやみ、サンショウクイが鳴き始めた。

なんか鳥を久しぶりに見た感が・・・♪

でもこのサンショウクイ、よく見ると全く濡れてない!!

鳥さんはちゃんと雨宿りができる場所知ってるんだろうね~♪野生ってすごいやね。

・・・。じゃあ俺、さっき濡れて「雨の日の鳥の気分」が分かったって言ったのに全然ダメじゃん!!しっかり雨宿りできる鳥のほうが俺なんかより高度だわ~。

で、俺と友達の2人が車に乗り込み、ドライブ!!

南の方まで行き、車内から鳥見。

Kannmuriwasi07 車内から撮影カンムリワシ!!

さっきの雨で濡れたそうです。

乾燥中。。。こういう子がいるなら俺がさっきびしょ濡れになって思った「雨の日の鳥の気分」が無駄じゃないわね。

いやいや、良かった良かった♪

あとはシマアカモズ撮影したり、シロハラクイナ撮影したりで満足したから、次は大原へ!!

大原へ行く途中の畑、、、。杭の上に黒いのが留まっててね・・・、「止まって!!」って運転手に言おうとした瞬間にそのコは飛んでっちゃって。。。

尾羽は綺麗に二股に分かれてた気がする・・・。

あれは絶対オウチュウだ!!・・・と思う・・・。

記憶が曖昧になっていくぅ~♪記憶が自分の都合の良い様に書き換えられてくぅ~♪

だからオウチュウ説は怪しいのです。

渡ってくるにはちょっと早いしね、と自分に言い聞かせてます。

さてさて大原!!

3月のこの場所はシギチワラワラ・・・♪

期待して行って見ると、、、そこは水が張られていない荒地・・・。

Mamijirotumenaga07 でもツメナガセキレイは大量発生しています!!

少なく見積もっても500羽はいて、多く見積もれば2000羽ぐらいはいるだろう!!なぐらいいた!!

しかもどんどん道に出てきて轢きそうになるし。。。あの場所、大型トラックがバコバコ通る道だから何羽かは絶対轢かれてそう・・・。

写真はマミジロツメナガセキレイ。

Kimayutumanaga07 こっちはキマユツメナガセキレイ。

まだ淡いから第一回夏羽とかなのかね?

共にいっぱいいすぎ!!

んでキタツメナガ・シベリアツメナガはいないんだよ、ケチ臭い!!

でも可愛いから許すよ、何百羽のツメナガの大群なんて関東じゃ見れないしね。

Kannmuriwasi07b ここでも濡れたカンムリワシ発見。

乾燥中。

ここでは他にリュウキュウヨシゴイ♂が飛んでたり、ムラサキサギがいたり・・・。

でそんなもん。

しかしなんでリュウキュウヨシゴイがいるんだ?3月は1週間も探したのに出会えなかったから絶滅したもんだと思ってたのに・・・。

人目を盗んで西表で生活してたとはね。

この後、大富林道に人を迎えに行って今日はお終い。

KIROKU

1.アオサギ  2.ムラサキサギ  3.チュウダイサギ  4.チュウサギ  5.コサギ  6.アマサギ

7.リュウキュウヨシゴイ  8.カンムリワシ  9.イソシギ  10.エリグロアジサシ

11.リュウキュウキジバト  12.チュウダイズアカアオバト  13.ツバメ  14.リュウキュウサンショウクイ

15.イシガキヒヨドリ  16.Wツメナガセキレイ  17.キセキレイ  18.シマアカモズ

19.イシガキシジュウカラ  20.オリイヤマガラ  21.メジロ  22.オサハシブトガラス

23.シロハラクイナ←入れ忘れ  24.クサシギ←入れ忘れ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

沖縄遠征 ~石垣編~

~~3日~~

前日の夜からファミレスでグダグダ時間をつぶし、朝、石垣行きのヒコーキに乗る。

その日は石垣初日という事でグダグダ・・・。

本を買ったり、図鑑買ったりの日。

そんなんで夜。。。

キャンプ場で「コホーゥ コホーゥ」がいっぱい聞こえる。

リューキューコノハが鳴いてっから探していると簡単に発見!!

写真を撮る。

Akashoubin03 ・・・ん?

・・・・・・・・・・アカショウビンだ!!

ぐへ~!!ここアカショウビンの塒かよ!!

もうコノハズクとかどうでもいいね、夜のアカショウビンで大興奮ですよ!!

このコが寝てるのに申し訳ないが、50回ぐらいストロボ浴びせちゃったと思う・・・。

ごめんよ、アカショウビン。

KIROKU

1.カンムリワシ  2.リュウキュウアカショウビン  3.ツバメ  4.オサハシブトガラス

 

~~4日~~

今日はシギチの日にしようかな。。。

ということで宮良川河口のマングローブ帯と海干潟!!

Isosigi04 シギ第一号はイソシギたん。

やっぱどこ行ってもいるのね、イソシギは。亜種ぐらい違ければ興奮しちゃうのに。。。

イソシギは~・・・Actitisだっけか?おぼえてないや。

あ、でもイソシギは好きですよ。いつでもどこでも簡単に見れるシギなんで幼馴染み的な感じですね。

で、イソシギぐらいしかいないマングローブを抜けて海に出る。

Oomedai04 オオメダイチドリがお出迎え~♪♪

初見なんですよぅ!!!!

やっぱ体がでかいね、カッコ可愛いね!!

トウネンと並んでたからか、めちゃデカく感じましたね、このコは。

しかし、夏羽を見てみたかった・・・。まぁ、贅沢は言いませんが。

しかしシギがいっぱいいるな~っと見渡してみると大きな島的な岩発見!!

怪しいからスコープで覗いてみると・・・

Eriguroajisasi04 やっぱりいた!!エリグロアジサシ!!

反対側がコロニーになってるみたいね、よく入ってく。

まぁ、でもだんだんとエリグロの興奮度が落ちてきましたね・・・。

どこにでもいるんだもん!!

そんな俺の心を読み取ったのか・・・

Ooajisasi04 1羽だけオオアジサシも出て来てくれた!!

またまた初見ですよん☆♪

いや、でかいよ!!

飛んでるとウミネコだよ!!

エリグロでいっぱいになった脳みそにオオアジサシは刺激的すぎたわ!!大興奮!!

ちゃんと頭がツンツンしてました。嬉しいな~

Kurosagi04 クロサギも撮ってみました!!

やっぱ沖縄来たんなら白いクロサギだよねぇ。

このシロクロサギがいっぴいるんだけど、その分疲れるんですよ。

カラシラサギを探そうと思うと、全部のシロクロサギ見てかなきゃいけないんでね、結局いなかったんだけどさ。

カラシラって顔つきがもう違うよね。なんか怖い感じ。クロサギと違って脚も長いしね。

Tounen04 さてさて、シギチ撮りをはじめましょ。

まずはトウネン!!いっぱいいますね。

ヨーロッパ目当てで全部見たんだけど黒っぽい子はいなかった・・・。気付いてないだけかも・・・だけどね。

トウネンはちっこくて可愛いから好きですよ!!干潟行ったら絶対写真撮っちゃうね。

Tounen04b はじっこトウネン。

いや、まぁ、写真加工で端っこにもってきただけなんだけどさ。

なんかこのトウネンは、「はじっこ」ってオーラが漂ってたからさ、してみちゃったわけよ。

ほら、この写真なんか良いでしょ。トウネンが端っこで。

あ、どうでもいいですか。そうですか。

Murasakisagi04 ぢゃあ飛んでるムラサキちゃんを。

逆光で暗くてスミマセン。。。

しかもゆっくり飛んでくれてんのに、この1枚しか撮れなかったし。。。

急に飛んでくると撮れないんですよ。

俺の場合胸にカメラと双眼鏡があって、パッと手に取れるのは双眼鏡だから、ちょっと「あわわ・・・」って感じにならないとカメラが持てないんです。弁解。

Tumenagasekirei04 で、ポイントを変える途中。

会社の敷地内に入ったらツメナガセキレイがいた!!

キマユツメナガ。他にシロハラクイナとカルガモとムナグロがいたり。

あんま入ってちゃ会社の人に怒られそうだったから、そそくさと退散。

で、ポイント変更!!

すくな~い干潟にシギチがぎゅうぎゅう詰め。

Chuushakusigi04 まずはチュウシャクシギ。

数は少なめで、全部で6羽前後。

ヌメニウスは大好きです!!

Numeniusだっけか?

 

 

Koajisasi04 エリグロアジサシかと思いきやコアジサシ。

冬羽は厄介やね。

え~っとアジサシは・・・

Sternaだったけかな・・・?

スペルが怪しい。。。l

 

Munaguro04 ムナグロとべちょメダイチドリ。

ムナグロのポーズとメダイチドリのつぶれ具合がマッチしてた可愛い写真となっています。

メダチはCharadrius。

ムナグロは・・・Plover的な感じだったと思うけど・・・ゴメンナサイ覚えてません。Plovalis?違うな。

 

Sirochidori04 こちらは残念ながらシロチドリ。

発見時、「オオチドリだ!!」って思ったのに・・・。

なんか胸のオレンジがオオチドリっぽいんだよ。

沖縄はビックリがイッパイだ。

こちらもCharadrius。

 

Conpactsirochi04 コンパクトに折りたたまれてるシロチドリ。

と、丸くなってるキョウジョシギ。

なんなのかね、シロチちゃんは。

死んでないよ!!水浴びの途中だよ!!

キョウジョって今はCalidrisだっけか?前はアレナリアだったけど。

Sorihasitonakama04 奥からキョウジョシギ・キョウジョシギ・キアシシギ・メダイチドリ・ソリハシシギ。

もう、いろいろと可愛いでしょ♪

このグチャグチャ感、これだからシギチは楽しいね!!

キアシは~・・・Heteroなんとか。

ソリハシは・・・Xeなんとか。覚えてないよ!!マニアックだもん!!

こんな感じでシギチに満足!!

KIROKU

1.アオサギ  2.ムラサキサギ  3.コサギ  4.アマサギ  5.ダイサギ  6.クロサギ  7.カルガモ

8.シロハラクイナ  9.コチドリ  10.シロチドリ  11.メダイチドリ  12.オオメダイチドリ

13.ムナグロ  14.キョウジョシギ  15.トウネン  16.キアシシギ  17.イソシギ

18.ソリハシシギ  19.ダイシャクシギ  20.ホウロクシギ  21.チュウシャクシギ

22.アオアシシギ  23.オオアジサシ  24.エリグロアジサシ  25.コアジサシ

26.リュウキュウコノハズク  27.キジバト  28.ツバメ  29.ツメナガセキレイ

30.イシガキヒヨドリ  31.イソヒヨドリ  32.スズメ  33.オサハシブトガラス

 

~~5日~~

今日は石垣島最終日!!

最終日ならシギチを見に行かなきゃね。

ということで、今日のコースは、

どっかの田んぼ→平田原水田→新川川河口→平田原水田→新川川河口

です。

Akaasisigi05 まずはどっかの田んぼ。

タカブシギ&イソシギ&ヒバリシギがたくさんいる中に3羽だけ、アカアシシギが混じってくれてた♪

写真はアカアシシギ。

翼・・・どうなってんのかね?撮った本人がよくわかんなくなってるけど、これは紛れもなくアカアシシギです!!

Mozu05 もいっこ。

モズだと思ったけど、これ、シマアカモズだよね?

こんなモズくさいシマアカがいるもんなのかどうなのか謎だけど、幼鳥♀と考えれば納得できるような・・・できないような・・・・・・。

たぶんシマアカモズで良さげ。

 

お次は車に乗りながら平田原水田へ。

Aosagi05 車だから鳥が逃げない逃げない♪

とりあえず近くにいた(近すぎた)アオサギを撮ってみる。

アオサギをこんな近くで撮ったの初めてかもしんない!!ってぐらい近かった。

サギはす~ぐ逃げちゃうからね。やっぱ車は凄いや。

Hibarisigi05 だってヒバリシギもこんなに近いんだよ!!

可愛いでしょ!!プカプカヒバリシギ。

別に水田だから足は届いてるんだけどさ、この体系がなんか浮いてる感じなんだよね。

俺が田んぼのあぜ道を這って進んで、シギチに結局逃げらる。ってのがバカみたいに感じるほど、車ってのはシギが逃げないね。

Hibarisigi05b ほらこんなのも撮れちゃった!!

1/500だったからちょ~っと翼先がぶれちゃってるけどね。

でも充~分!!ヒバリシギが可愛く撮れてんだもん♪

ホントに俺はなんであんなに田んぼのあぜ道を這ってたんだろうか?

悲しくなってくる・・・。

Kochidori05 悲しみに追い討ちを掛ける様に、コチドリもかなり近く、バチコーン!!と、撮れてしまった。

でもコチドリってチドリの中で一番撮り易いんだよね。なんかどこに行ってもいるし。

そういえばハジロコチドリまた見に行きたいなぁ・・・。あの脚のオレンジはかなり印象に残るね。。。

また見つけ出して興奮したい~!!

さて、こんなに満足したし、レンタカーを返す時間が迫っているので、俺は新川川河口に捨てられた。

ぱ~っと見渡してみると、シギチだらけ!!

Koajisasi05 シギチが撮りづらい環境だから、とりあえず近くにいたエリグロアジサシを撮る。

結構綺麗に撮れたじゃない!!

やっぱエリグロアジサシはかわいいねぇ。。。

この過眼線見てよ!!これはエリグロアジサシだ!!

・・・。

・・・・・・・・・。

ゴメンナサイ。みなさん騙されました?

えぇ、お気づきの方が殆んどでしょうけど、これはエリグロではなくコアジサシ冬羽です。

ぱっと見紛らわしいけど、やっぱ初列の裏の黒斑が目立ってくるもんね~。

でもほんと腹立たしいほど紛らわしい!!

そして、遠~くのオオアジサシ撮ったり、細かいシギチを撮って平原田水田に向かおうとしたところ1羽シギが飛んできた。

Erimakisigi05 ありゃ、エリマキシギじゃん!!

わたしゃね、エリマキシギ大好きよ!!

特に♀とか冬羽とか。この雨覆や肩羽のサブターミナルバンドの美しさといったら、、、もぅ。。。

地味の中に地味があって、さらにその中から美しさを見つけ出すっていう、シギチに愛があってこそなのです。

で、エリマキで嬉しくなってあたりをスコープで覗いていく。

Karasirasagi05_1 ありゃ、カラシラサギが1羽だけいたよ♪

嘴は結構黒くなっちゃってるし、冠羽もない、冬羽にかなり近かったです。脚は黄緑ぎみ。

遠いし、写真撮るのもやっと。

識別できたのは、カラシラサギ特有の採餌方法。あの斜め体系を見つけて、「カラシラ?」って疑ったらホントにカラシラでした!!

ふぅ、さぁ、平原田水田へ。

Goisagi05 途中、ゴイサギを見つけた。

沖縄では初ゴイサギ!!歓迎しますよ♪

ゴイサギ、普段はホシゴイと共にグチャグチャワラワラいてあんま見る気にもならないけど、沖縄という地で、しかもなかなか会えなかったゴイサギとくりゃ、嬉しいもんなんですよ。

でも写真2枚撮ってお終い。ゴイゴイは八丈島でいっぱい撮ったの!!

田んぼに行くと、ヒバリシギ&トウネン&タカブシギの満員電車。

シロハラクイナも写真撮れたけど、あんま載せる気にならないの。

Ryuuyoshi05 それはコイツを撮れたから!!

リュウキュウヨシゴイです!!

めっちゃくっちゃオレンジ色してるよ!!もう、ただヨシゴイとは比べ物にならないくらい綺麗で美しすぎる!!

だってね、飛ぶと初列風切までオレンジなんだよ、どんだけ綺麗になれば気が済むのさっ!!

あとはチュウジシギが「ジェッ」「ジェッ」「ジェッ」って何羽も逃げる中、1羽だけ「ゲェ~」って逃げた奴がいたの!!

あの地鳴きは絶対オオジシギだろう!!と思ってるけど鳴き声だけでジシギを判断するってのも・・・ねぇ。

一応記録には入れるけど、ライファーは消えません。

そんでもってまたまた新川川河口へ。

Ooajisasi05 ほい、ドバチコーン!!

都会とオオアジサシっていうミスマッチな写真が撮れましたよ!!

オオアジサシかっこいいでしょ~!!いいでしょいいでしょ~!!

もう大興奮ものよ!!

やっとまともなオオアジサシが撮れたよ~・・・。泣きたくなってくるね。

Koajichidori05 あとはオマケでコアジサシとメダイチドリ。

なんかコアジ、かっこいいでしょ?

 

 

 

 

この日の夜もアカショウビンの塒ではアカショウビンが飛んでいました。写真は撮れず・・・。

KIROKU

1.アオサギ  2.チュウダイサギ  3.チュウサギ  4.アマサギ  5.コサギ  6.クロサギ

7.カラシラサギ  8.バン  9.シロハラクイナ  10.リュウキュウヨシゴイ  11.コチドリ

12.メダイチドリ  13.シロチドリ  14.ムナグロ  15.キョウジョシギ  16.トウネン

17.ヒバリシギ  18.エリマキシギ  19.アカアシシギ  20.クサシギ  21.タカブシギ

22.キアシシギ  23.イソシギ  24.ダイショクシギ  25.チュウシャクシギ  26.タシギ

27.チュウジシギ  28.オオジシギ  29.セイタカシギ  30.オオアジサシ  31.コアジサシ

32.リュウキュウキジバト  33.リュウキュウアカショウビン  34ツバメ  35.キセキレイ

36.キマユ・マミジロツマナガセキレイ  37.イシガキヒヨドリ  38.シマアカモズ

39.イソヒヨドリ  40.スズメ  41.オサハシブトガラス  42.ゴイサギ←入れ忘れ  

 

これで石垣編終了!!

あしたからは西表編書きますわ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

沖縄遠征 ~やんばる編~ PARTⅡ

~~9/1日~~

キャンプ場に朝から「ん ポ~ゥ ん ポ~ゥ」って鳴き声が響く。

俺は「オオコノハ!!」と思い、真剣に探してみると、あれれ、簡単に見つかったよ。

Karasubato01

 カラスバトが。

・・・?

そうか、「ん ポ~ゥ」ってカラスバトの鳴き声か!!

そういや3月の西表と、5月の八丈島でカラスバトの鳴き声勉強したような気がしてきた。

よ~し、これでもう「ん ポ~ゥ」は間違えまへん!!

またまた鳥の知識が増えた、私の良いお話しでした。

さてさて、今日は名護のナントカ川へ。

川の名前覚えてないんだよね~・・・。ダメな脳みそ。

5人で行って、4人は川遊びをする模様。俺はヤンバルクイナに飢えてたからロンリー探鳥会。

Karasu01 まずはじめに対岸のカラスを撮った。

リュウキュウハシブトガラスです。名前長っ!!

でもアメリカハシグロクロハラアジサシよりは短いね。

そんなことより、カラスって可愛いよね♪黒さも輝いてて美すぃ。。。

ちなみに私が一番好きあカラス科はヤマムスメです。与那国あたりで記録されないかな~・・・。

で、カラスを撮影しヤンバルクイナ目指して下流まで歩く。

カラス以外でない・・・。

でもボテボテ歩いているとマングースが出てきた!!

テンションが下がる・・・。

その後、何も鳥が出ないのに対し、マングースは4回も出てくれた!!

・・・「この地域じゃヤンバルクイナもういないな・・・。」

テンションガタ落ちで途中でへばってるところ、車に拾ってもらい、今度は比地大滝へ。

比地大滝でもロン探。

Akahigemesu01 行くなりアカヒゲちゃんがお出迎え!!

手持ちでISO400で1/8・・・。

よく頑張って撮ったよ、俺!!

きっとアカヒゲちゃんが可愛いから頑張って撮れてんだろうね♪

そうそう、アカヒゲ♀がなんか求愛的なことしてたから調べようと思ってたのに忘れてた!!

文章じゃ表現できないから書きませんけどね。

その後、比地大滝に向けて歩く。

距離はたったの1.8km。だけど現実は階段の超凸凹責め!!

疲れ的には10kmマラソンやった感じ・・・。

でも所々でアカヒゲちゃんが出てきてくれて助かったよ、あれが無かったら途中でへばってた。

滝見て、岐路へ。

途中、子供にヤマガラの説明をしたりしながらも何とか無事に入り口に着いた!!

入り口のキャンプ場でグデグデしてると、

Akahigeosu01 向かいのテーブルの先っちょにアカヒゲちゃんがいた!!

これまた1/10でシッポがぶれるぶれる・・・。

いやはや可愛い・・・♪

近づいても逃げないから、調子乗って近づいてみた。そしたらピント合わずに後退・・・。

疲れが一気に吹っ飛ぶね、アカヒゲってスゲー

Akahigeosu01b 正面アカヒゲ→

可愛いでしょ、可愛いでしょ♪

も~、超興奮して写真撮りまくっちゃったよ~!!

なんかアカヒゲからは、人体に有害な興奮物質とか出てるんだろうね。アカヒゲストリンみたいな。

くそー、ぶれてない写真撮りたいよ~!!

バチコーンって感じの写真撮ってみたい!!

こんなことしてたらアカヒゲは逃げてしまったし、次なる探鳥地の比地川へ!!

川をボテボテ歩いてもそこまで鳥は出ない。

ヤンバルクイナ!!と思わせぶりのバンはいたけど。

途中カワセミを撮ったりしてると、目の前にシギが出てきた!!

Kusasigi01 ぎゃんっ!!クサシギじゃん!!

あの警戒心だけは異常に強いクサシギが目の前にいる!!これだからシギチは面白い!!

そうなの、俺はクサシギ運は全然無くてね、たま~に出会うんだけど逃げてる最中とかなんだよね。

だから写真に収めたのは初めて!!

 

クサシギに興奮してると目の前のヤブから「ガサッ」って音がしたのね。

そんで目をやるとそこにはデカイ茶色いもんが飛んでた!!

リュウキュウヨシゴイ!!

そう思った瞬間、藪の中にもぐりこんじゃった。

やっぱね、ヨシゴイとは全然色が違う!!なに?あのオレンジ!!

初列風切まで茶色だとあんなにもキレイなのね・・・。

そんなことしてたら雨が降ったのでてふてふカーに保護してもらい、てふてふカーの虫トラップ場所へ。

行くなり、めちゃくちゃ近くにノグチゲラ発見!!

俺は撮れなかったけどね。

Noguchisan01 でも遠~くにノグチゲラ発見!!

上からキジバト・ヒヨドリ・ノグチゲラとなってます。

なんだここの場所?ノグチゲラ多すぎだし、その他生き物も多すぎる。

いや~、良い環境だ!!

でもこの場所、未だにどこなのか分からない・・・。

地図見てもどこにいたのかサッパリで・・・。

もしかして幻?なんかノグチゲラもアカヒゲもカラスバトも多すぎだしね、納得。

そ~かそ~か、幻だったのか。

KIROKU

1.リュウキュウヨシゴイ  2.コサギ  3.リュウキュウヨシゴイ  4.バン  5.クサシギ

6.リュウキュウキジバト  7.カラスバト  8.ドバト  9.アマツバメ  10.リュウキュウコノハズク

11.リュウキュウコゲラ  12.ノグチゲラ  13.カワセミ  14.ツバメ  15.リュウキュウツバメ

16.リュウキュウヒヨドリ  17.キセキレイ  18.ホントウアカヒゲ  19.イソヒヨドリ

20.リュウキュウウグイス  21.セッカ  22.オキナワシジュウカラ  23.アマミヤマガラ

24.リュウキュウメジロ  25.スズメ  26.リュウキュウハシブトガラス

 

~~2日~~

晴れた!!でもってやんばる最終日!!

こんな日は比地大滝にいってアカヒゲをバチコーンと撮るしかないべ!!

レッツゴー ヒジオオタキ!!

Kosagi02 とりあえず比地大滝から流れてる比地川の河口近くで降ろしてもらい、その場を飛んでいたコサギちゃんをパシャリ。

・・・う~ん、微妙に背中が白飛び。

しょうがないよね、白い鳥なんだもんね、白文鳥だもんね。

他にこの川ではリュウキュウヨシゴイ・クサシギを狙うも出てきてくれず・・・。

とりあえず滝の入り口に着き、疲れる道をひいこら登る。

Mejiro02 途中のあずまやで昼食を取りつつ、メジロンも撮る。

こんときが今回の沖縄でリュウキュウメジロ初撮り!!いつも曇ってたり、めんどくさかったりでなかなか撮れなかったからね。

メジロは好きです♪特に、このリュウキュウメジロとヒメメジロ!!でもメジロの目をよく見ると怖いのはちょいヤダ。

このあとアカヒゲの声を何回も聞くも見つからず・・・。

ノグチゲラは見つかったけど写真撮れないし。。。

中2ぐらいの女の子二人組み鳥屋さんとも話せたし。

ガラスヒバァも。

・・・。

帰るべ。

また川を下っていき、今度は河口付近に広がる水田&畑地帯へ。

Seitaka02 セイタカシギがお出迎え!!

なんか千葉よりセイタカシギ多くて飽きた。セイタカって飽きる配色してるよね。シギとは似て非なるものだし。

セイタカはあんま好きになれん。識別が簡単だからだろうか・・・?

でもセイタカの群の中にクロエリセイタカとかオーストラリアセイタカが混じってたら興奮するんだろうし・・・。

なんなのかね?

ま、気分変えて鳥見シギチ♪

Hibarisigi02 シギチを見たいがため、あぜ道をそろそろ歩いてると目の前でヒバリシギが花道を作ってくれてた♪

なんて可愛いの♪

ホントは「あ、ど~もど~も」って感じで通りたかったんだけど、相手はヒバリシギさん。すぐに逃げちゃいました・・・。

周りの田んぼのシギチを見てもほとんどがヒバリシギ。

ヒバリシギ多すぎ!!好きだから許すけどね。地元神奈川じゃヒバリシギを一度に何十羽と見る機会がないから免疫が出来てない・・・。いや~、、、楽しいわ!!

Simakinpara02 もちろんコイツもいます!!

やんばるの鳥代表・シマキンパラ!!いや~、可愛いね可愛いね。アミハラ大好き!!初見!!

何か俺ね、スズメ目の小っこい系で、お腹にワシャワシャって模様があるのが好きみたい。このアミハラも、あとミソサザイとかムナフヒタキとか。あ、もちろんエゾビでもいいよ。

最初アミハラの幼鳥がいてね、「なんだ、こいつ!?見たことないぞ!!日本初だ!!」って勝手に思い込んで、勝手に浮かれて大変でしたよ。

コシジロキンパラは見れず・・・。残念ねぇ~。

Suzume02 わしゃわしゃしゅじゅめぇ。

何百羽いたことか・・・。そんな大量のスズメが一気に田んぼから出てきたりすっからこっちは驚きっぱなし。

「シギだ!!」と思って身をかがめて田んぼを覗いてみるとスズメ・・・。なんてことも沢山。

山だらけのやんばるだから、この水田に集中的に集まってきちゃうのかね。

Sekka02 セッカです。

いっぱいいすぎです。

ちょっとぐらい気を使ってウチヤマセンニュウぐらい出てくれないものかね。

・・・。

・・・・・・。なんか特に言う事も無い。

なんか・・・、セッカだもんね。

Chuujisigi02 これはホント申し訳ない写真です!!

奥からチュウジシギ・キマユツメナガセキレイ・キマユツメナガセキレイ・マミジロツメナガセキレイとなってます。

どれかにはピント合ってて欲しかったわ。

果たして俺はチュウジシギを識別できるのかね?タシギ以外のジシギが全てチュウジに見えてしまう。

ハリオもいるんだろうけどね、チュウジだな~・・・。顔の感じと尾羽の長さをメインに識別してってるんだけどね、チュウジ。まぁ、ハリオよりチュウジのほうが多いしね♪

Ojirotounen02 これも俺のバカチン!!

家で写真整理してたら見つかった子だよ!!

オジロトウネンちゃんと見たかった~!!

ブログ用写真じゃつぶれちゃって見えないかもしれないけど、脚は黄緑色をいてます。

おじねん~~・・・。大好きな大好きなおじねんが・・・。

そういえばミユビシギってカリドリスじゃなくなったのね!!ちょっぴりショック。。。

Calidris。。。

Tringa。。。

次の日は石垣に行ってますね。

これでやんばる終了。

ヤンバルクニャクニャに出会えなかったよ~~!!来年見ちゃる!!

KIROKU

1.アオサギ  2.コサギ  3.アマサギ  4.チュウサギ  5.チュウダイサギ  6.ミサゴ  7.バン

8.コチドリ  9.ムナグロ  10.トウネン  11.オジロトウネン  12.ヒバリシギ  13.クサシギ

14.タカブシギ  15.キアシシギ  16.アカアシシギ  17.イソシギ  18.チュウジシギ

19.セイタカシギ  20.リュウキュウキジバト  21.カラスバト  22.リュウキュウコノハズク

23.リュウキュウコゲラ  24.ノグチゲラ  25.カワセミ  26.リュウキュウツバメ

27.タイワンシロガシラ  28.リュウキュウヒヨドリ  29.リュウキュウサンショウクイ  30.キセキレイ

31.マミジロツメナガセキレイ  31.キマユツメナガセキレイ  32.イソヒヨドリ

33.リュウキュウウグイス  34.セッカ  35.オキナワシジュウカラ  36.アマミヤマガラ

37.リュウキュウメジロ  38.シマキンパラ  39.スズメ  40.リュウキュウハシブトガラス

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

沖縄遠征 ~やんばる編~ PARTⅠ

8/29~9/12まで沖縄県は本島・石垣・西表に行ってきましたよ~。

長いし、写真も多いので何回かに分けて記事書きますね~~。

 

~~8/29日~~

午後11時ごろ、那覇空港に到着。

夜なのにめちゃくちゃ暑い!!嫌気が差しながらも興奮して、テント張ってナイトドライブへ!!

1時間ばかしやんばるの道を走ってると、

Amayama アマミヤマシギが出てきてくれた!!

沖縄で1発目の鳥がなんとアマミヤマシギ!!

こりゃ~幸先良いべよ☆初見だびゃ☆★

なんかうまく写真撮れてるし、でも18枚撮ってブレてないのはこの1枚だけだったけどね。。。

でもやんばるでアマヤマ!!こりゃ珍しい!!個体数かなり少ないだろうし!!

アマヤマが逃げたので(カメラ構えて匍匐前進してた俺が逃がした)、ナイトドライブ再開。

つってもその後なんも出なかった。

車の中で朝を迎えちった。

 

KIROKU

1.アマミヤマシギ

 

~~30日~~

ナイトドライブ徹夜しちゃったよ~。人生で徹夜2回目、少ね!!

今日はどこに行こうか・・・?

・・・。

考えてもポイントを全く知らないので思いつくわけがなく、適当に運転してもらい、河口で降ろしてもらった。

Munakuro30 だ~っ!!コバシチドリが大量に飛んでる~!!15羽は飛んでるよ~!!

興奮しながら、俺の脳内野鳥図鑑を開く。

・・・。

あれっ?コバシチドリって大部分は単独での飛来じゃなかったっけ・・・? ・・・15羽?

ま、いいや。コバシチドリだ~!!

写真2枚撮ったら遠くへ飛んでっちゃった。

そして川を歩きながら海へ。

海ではアジサシを期待してたけど何もいない・・・。

スコープで水平線を見てみると何か鳥らしき物が飛んでいるが結局何か分からなかった。

海は暑いし何もいない、嫌気が差してコンビニに逃げ込む。そこで昼食を食べた。

コンビニ前はいろんな鳥さんがいる。

Ryukyutubame30 まずはリュウキュウツバメ。

こりゃ可愛い♪近づいても逃げない、逃げないから調子乗って近づいた、だからこんな真下からの写真になっちゃいましたのよ。

リュウキュウツバメをまじまじと見たのはこれが初めて。前は田んぼの超奥に止まってたり、飛んでたりするヤツを見るだけだった。

やっぱ可愛いやね、リュウツバ♪

Suzume30 リュウキュウスズメ。

まぁ、ただのスズメです。

心なしか色が濃く見える・・・、ホントに色が濃いのか、『沖縄』という場所だから色が濃く見えているだけなのかはナゾ。

結論としてはスズメは可愛い、という事かな。

 

Sirogasira30 沖縄のシンボル・シロガシラちゃんもたくさんいましたよ。たくさん写真撮りましたよ。

シロガシラ幼鳥を見たときは「迷鳥!!」と思ったけどね、群れてることでわかりました。

シロガシラ幼鳥ってあんま図鑑で目にしないからわかんなかったぷ~。

群れてる写真を載せるか、首かしげシロガシラを載せるか迷った。やっぱ可愛いほうを載せたいから首かしげに決定!!

シラガシラ on the モクマオウ。

その後、広大な田んぼ&畑へ行った。

写真に収めることが不可能なミフウズラのペアを見れた、もう幸せ♪

水田を見つけ、前かがみで近づいていく・・・。

Munaguro30b 田んぼにムナグロがいっぱいいるだ~よ!!

鳥見を6年もやってて、シギチばっか見ている俺ですが、恥ずかしながら田んぼでムナグロを見たのは初めてなのです。

東京港野鳥公園でムナグロ初見した後、いろんな干潟でムナグロ見てきただけ、田んぼはなし。

だからめちゃ嬉しい!!やっぱムナグロは田んぼが映えるね!!

・・・ん?ムナグロムナグロ・・・。

だ~っ!!さっきコバシチドリって言ってたヤツ、全部ムナグロじゃね~か!!

さっさと気付けよ、俺!!そしてコバシチドり群に夏羽も混じってろよ!!そうすりゃすぐにムナグロだって判ったのに!!

ここでやっと図鑑を見て、コバシチドリを確認してみる。

はぁ~・・・、ホントに小嘴なんだね、雨覆&肩羽の模様も全然違うじゃない。。。

これでもうムナグロ冬羽に出会ってもコバシチドリを間違えないにゃー!!

コバシチドリも理解できたことだし、鳥見を再開。

Sekka30 セッカです。

いっぱいいます。

電線にいっぱいとまってます。

やっぱセッカは可愛いね、尾羽はめちゃキレイだし、肩羽と顔の模様もキレイ!!

でも全体的な色をみるとやっぱウグイス科だね。

キャンプ場に戻るため、車に乗り移動。

Kurosagi30 途中、黒いクロサギを見つけた。

南西諸島に来てるんだから白いクロサギを見たいっちゅうに!!

黒いクロサギなら江ノ島でも見れるんだし、なんとかならんもんかね。

暗いからシャッタースピードも上がらない、ブレちまっただ~よ。

そんでさらに途中、辺戸岬に寄ってもらった。

記念撮影をして、ぼてぼて岬を歩く。

白いのが一瞬飛んで、コサギだと思っちゃったけど何か違う・・・。

悔しいからそのポイントでちょっとばかし張ってみた。

Eriguro30 あ~!!エリグロアジサシちゃんじゃ~ん。

でも遠いね~・・・。こんなダメ写真しか撮れないじゃない。

でも初見だから嬉しい!!全部で4羽いてね、ごく希に近くまで来てくれんでけど、そん時は撮れなかったり、ヒドイ白飛びだったりで載せられるような写真じゃありませんのよね。

カキ氷くってエリグロちゃんとはバイバイした。

そのあと車内からアカヒゲ確認。初見でしたよん!!

KIROKU

1.アオサギ  2.コサギ  3.クロサギ  4.トビ?  5.コチドリ  6.ムナグロ  7.タカブシギ  8.クサシギ

9.イソシギ  10.セイタカシギ  11.エリグロアジサシ  12.リュウキュウキジバト

13.アマツバメ  14.リュウキュウコゲラ  15.バン  16.ミフウズラ  17.ツバメ  18.リュウキュウツバメ

19.イワツバメ  20.リュウキュウサンショウクイ  21.タイワンシロガシラ  22.リュウキュウヒヨドリ

23.ホントウアカヒゲ  24.リュウキュウウグイス  25.セッカ  26.アマミヤマガラ

27.オキナワシジュウカラ  28.リュウキュウメジロ  29.スズメ  30.リュウキュウハシブトガラス

亜種名まで書くと、リュウキュウ~~って鳥多いな。

 

~~31日~~

朝、リュウキュウアカショウビンの声で目覚める・・・。

いっぱい鳴いている・・・。

でも探しに行かない。見つからないって判ってるから。

朝飯食ってキャンプ場周辺鳥見。このころにはアカショウビンは鳴き止んでいる。

Yamagara31 はい、おはよ~アマミヤマガラちゃん♪

あれ?

アマミヤマガラ=アマヤマ=アマミヤマシギ

アマミヤマガラとアマミヤマシギ、どっちかシノニムやね、こりゃ。

ハイイロチュウヒとハイイロオウチュウみたいな関係でした。

さてさて、今日は山道と植物園へ行く。

山道はノグチゲラさんに出会っただけ、一瞬ね。あんま感動なし。

植物園のほうは、、、。

植物園入り口の看板を見てみるとヤンバルクイナとノグチゲラが生息してる模様。

期待して植物園に入るもなかなか目的地の池に着かない。

とにかく歩いていると住宅街が見えてきた。

どうやら一番最初の道を真逆に進み、植物園からかけ離れるように進んでたみたい。

・・・。

植物園は諦め、みんなで喫茶店でカキ氷を食べる。

仕方ないから海へ進む。

Isohiyo31 途中、イソヒヨドリに出逢った。

まだ若々しい個体なようで可愛らしいったらありゃしない♪

でも俺はイソヒヨドリ若♂は嫌いなのです。

←このアングルからならイソヒヨドリって判るけど、例えば電線にとまってるのを下から見上げたり、遠くにいるイソヒヨ若♂の真正面を見たり、、、と想像してください。

・・・想像できました?

イソヒヨ若♂ってのは角度によってぱっと見、カラアカハラに見えちゃうんですよ!!

今まで何回ドキッとしたことか!!

ま、そんなことはどうでもいいね。

さて、海に着きました!!

見渡すと、エリグロアジサシとアナドリが遠~~くの船の後ろを追っかけてる。

アナドリは最初クロアジサシかと思ったけど、今はアナドリが優勢。

今度は遠くの遠くのテトラポットに休んでいるベニアジサシを確認。

そこへは結構歩けば近づけそうだったので行くことに。

Bariken31 途中、バリケン見っけ♪

バリケンは初見だったりします!!

バリケンはいつも見たいと思ってたけど、振られっぱなしで。

やんばるでやっと見れましたよん♪

右は憎ったらしいクロアヒル。

昔々、豪雨の中、コクガンを探していると川の中心で黒いのが泳いでいてね、「コクガンだ!!」と興奮して、びしょぬれの双眼鏡でなんとか確認するとコイツ、クロアヒルで落胆した経験がありまして。。。

Beniajisasi31 目的の場所に着いた!!

いえ~いベニアジサシ!!写真は4羽しか写ってないけど16羽以上いるんですよ!!

初見じゃないけど、沖縄で見るベニアジサシはカッコイイね♪多摩川のベニアジもカッコよかったけど。

多摩川のは違和感でカッコよかったのかも。

Beniajisasi31b 飛翔中~♪

沖縄まできたらアジサシをた~んと堪能しないとね。

こんなカッコイイアジサシたちを見ないで山ばっか行ってる人がもったいない!!

 

 

アジサシ見た後迎えに来てもらって今日の鳥見は終了。

KIROKU

1.リュウキュウカイツブリ  2.アナドリ  3.クロサギ  4.アヒル  5.バリケン  6.イソシギ

7.エリグロアジサシ  8.ベニアジサシ  9.リュウキュウキジバト  10.キンバト  11.カラスバト

12.リュウキュウズアカアオバト  13.カワセミ  15.リュウキュウコゲラ  16.ノグチゲラ

17.リュウキュウツバメ  18.リュウキュウヒヨドリ  19.リュウキュウサンショウクイ  20.キセキレイ

21.リュウキュウウグイス  22.セッカ  23.オキナワシジュウカラ  24.アマミヤマガラ

25.リュウキュウメジロ  26.リュウキュウハシブトガラス  27.イソヒヨドリ (←入れ忘れた)

初見が2種。いい調子です。

 

やんばる前編お終い。

やんばるのこと一つにまとめようと思ったら写真の量が膨大だったので2回に分けます。

だから、やんばる前編・やんばる後編・石垣編・西表編の4回になる予定です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »