« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年10月

2006年10月 9日 (月)

伊良湖でタカビタキ!!

10/6の夜に伊良湖に向け出発し、10/7は鳥見、10/8は午前中は鳥見、午後は神奈川に向け出発。という日程でした。

という事でレポルテでも。

~~6日~~

暗い・雨雨。

鳥いない。夜中だし。

AM2:30に伊良湖到着!!

寝ましょ・・・。

 

~~7日~~

快晴!!!!

風は驚くほど強いけどめちゃくちゃ快晴!!

AM7時からの鳥見を開始しました!!

Hayabusa07 まずは遠くの枝に留っているハヤブサを発見♪

朝っぱらからハイテンションになれる。ハヤブサ1羽でここまでテンションが上がるなんて自分でもびっくりするほど、気分は高ぶっていく・・・!!

ま、しょうがないのですよ。伊良湖めっちゃ楽しみにしてて、天気予報では雨とか言ってたくせに、快晴なんだもの。。。青空でテンションが上がっちゃうんだもの。。。

そして、なにやらサシバやら小鳥類が飛び始めてる。

小鳥はショウドウツバメ・イワツバメのビュンビュン飛び回る系が多くて、ホオジロ・カワラヒワのピチピチ系もいる。

Hachikuma07b 小鳥を見てたらハチクマが出てきた!!

ピント甘いけど許してね♪

ハチクマもいっぱい出てくる・・・ワラワラ・・・。

サシバなんかよりハチクマの方が圧倒的に数が多い・・・ワラワラ・・・。

でも写真が上手く撮れないのが俺の痛いところ。

頑張ってるんだけどね。

Hayabusa07b さっきの枝に留っていたコとは別個体。

風切が抜けちゃってます、個体識別が楽でいいやね。

もう写真が汚いのは我慢してやってください。これでもマジで精一杯なんですから。

別にね、このブログは写真の綺麗さを売りにしてるわけじゃないから、汚い写真バコバコ載っけますよ~♪

Hachikuma07c またまたハチクマ。結構白っぽいコです。

なんかもう、凄いね!!見てよこ尾羽のグチャグチャ模様!!

カッコよすぎなんですけど~・・・こういうの見るとね、羽欲がムクムクっとわいてくるんですけど・・・。

どっかに落ちてないもんかね・・・?いまだにハチクマの羽は手にした事がないわ。

Sashiba07a こちらはサシバ。。。

ヒドイ写真だこと。お尻写真。

ホークミグラーションに逆らうけど、やっぱりサシバよりハチクマの方が多いね。

個体識別は現地ではやってないけど、ハチクマの写真見返すだけでかなりの個体数がいるみたい。

で、ホントに今日は風が強い!!

Hoojiro07 ホオジロもぶっ飛ばされるほど風が強いのです。

しかし、ホオジロとトベラがよく合う。。。

マイラヴァ~・トベラ。シギチ大好きっ子の俺にしてみれば、トベラは身近すぎる植物なのです。

去年も同じトベラにホオジロがくっついてたなぁ・・・。

やっぱホオジロはトベラが好きなんですねっと。

さてさて、ポイント換えの移動中。

Keri07 そう、伊良湖は静岡寄りの愛知。

だからケリはいっぱいいるのですよ♪

つっても今回は3羽しか見れてないんだけどさ・・・。どうもシギチ運がないみたいで・・・。

しかもケリ遠いし。。。よう、写真撮れん!!

でもま、出会えただけでもいいですわ。

Tashigi07 田んぼの大御所・タシギちゃん。

なんかさ、肩羽の並びがチュウジシギっぽくない?

いや、このコは絶対タシギなんだけどね、肩羽だけで識別してる人がいたらこのコはチュウジになってたなぁ・・・と思ってね。

シギチは大好きだけど、どうもGallinagoは・・・ね。

識別がムズかしすぎるってのも問題だよ。オオムシクイとか。ニシセグロなんかめっちゃホイグリンだし。

さてさて、ポイントが換わって、只今渥美の森。

去年はオオルリ・サメビタキ・エナガがいた場所。猛禽も結構飛ぶし。

しかしまぁ、いかんせん。今日は突風・強風・困風。

猛禽はハチクマが2回出ただけで、それっきり。

Ichimonji07 気分が優れないので、虫と戯れる。

イチモンジセセリちゃん。背中の色が恐ろしいほど綺麗なんですけど。。。

ふむふむ、セセリも地味ばっかじゃないんですねぇ。

このあと、変なシジミに出逢ったけど警戒心が強い子で写真撮れず・・・。

しかも、なんか所々でヒタキ科っぽいのが飛んでるけど、よう判らんまま下山。

下山し終わると目の前の木になんかいる・・・。

Ezobitaki07a

 ぎゃん!!エビちゃん!!

ちょっと~・・・どんだけ可愛すぎなのさ・・・♪

権現山で頑張ってやっとこさ見れたコがこんな簡単に見れるなんて。。。俺嬉しい!!

しかも2羽いてね、こっちがジッとしてる分には逃げないんですよ!!写真は撮り放題の世界!!

餌付けされてるわけじゃないのに、餌付け個体みたいに近く撮れる!!

ときどき通行人のおじちゃんに逃がされるけどね、また同じ場所に戻ってくるわけですよ!!

Ezobitaki07b このコは別のコのエビちゃん。

かなりバチコーンって撮れてる訳なんですよ!!でもサイズ縮小しってっから変に輪郭がゆがんで・・・。

ね、ヒタキ科って可愛いね!!♪

このコたちで30分近く遊ばせてもらったと思う。

素敵な出会いをありがとね、エビちゃん♪

さて、またポイント換え。

農耕地を走り、サギ類・タヒバリ・ノビタキなんかいたりして。

汐川干潟を見るも、ミサゴにカワウ、マガモEcのみ。つまらな~い。

さて、またポイント換え。

Shoudoutubame07 ショウドウツバメポイントに行くと、ショウドウツバメがひゅんひゅん飛んでる。

定ピンで連写しまくるも、全然良いのが撮れない・・・。

写真は・・・ショウドウツバメって判るでしょ?

AFなんかでいちいちピント合わしてちゃ絶対撮れないだろうし。

そのあとセイタカアワダチソウとなんか痛い草の壁を通り抜けて、池へ。

Kamomure07 カモワラワラ。

カルガモ・コガモ・ヒドリガモ・オナガガモ・キンクロハジロ・スズガモ・ホシハジロ。

ホシハジロは♀1羽しかいなかった。

オナガガモ♂は1羽だけ繁殖羽になってた。それ以外はみんなエクリプリプリ。

 

そして寝床に着く。

トラブルあったけど、まぁ、このブログにゃ書きません。

 

~~8日~~

朝、体が痛い。トラブルがあり、車内で寝たせい。

Sashiba08a サシバがでた!!体痛いのが治った!!

・・・って感じがするほどサシバで興奮!!

昨日はハチクマだらけなのに対し、今日はサシバが多い。よござんすよござんす。

昨日は出なかったミサゴも上空飛んでたし。

だけど昨日と同じく、めっちゃ強風。周りを見渡すと三脚がぶっ倒れてる。

強風で小鳥もあまり飛ばない。

Asgimadara08a だからアサギマダラと戯れる。

伊良湖ではタカと小鳥が主人公。アサギマダラは脇役として渡りをするのです。

結構個体数はいてね、キレイなコを撮りました。

こんなコが渡りをするなんてね、、、なんか虫が渡りって想像できん。

コウモリの渡りならなんとか想像できっけど。

Asagimadara08b こんな感じで渡っていくそうです。

今回も鳥ばっか見てたけど、去年よりかわアサギマダラ発見率が高い。

つ~かね、こんなちっこいのが上空高く飛ばれても発見しにくいわけよ。

「鳥!!」と思って双眼鏡のぞくと、たまにアサギマダラなんです。

お次はヒヨドリの渡りを見るために展望台へ。

Hiyodori08 めちゃめちゃ強風!!

立っていられないほど強風なのに、ヒヨドリは大海原を渡っていった。

勇敢だね~~♪

風が強いほうが渡りやすいのか、写真のような群れが何回も渡っていきましたよ。

しかしマジで強風!!

立っているのが辛いから、地面にしゃがみこむ。

そうすっと地面の生き物がみえてくるわけですよ。

Arinko08

 

多かったのはありんこ

多かったっつっても、数匹見つけた程度。

 

 

Nanikore08  

 

もうワケワカラン!!

なんかシミとかトビムシとか・・・。

わからんね。きっと新種です。

 

そのあとまたタカを撮る。

サシバ・ハチクマ・トビしか出てないんだけど、一つナゾが・・・。

Tumi08 このコ。

俺はきっとサシバのつもりで撮ったんだろうけど、なんかツミ的なオーラがにじみ出てる・・・。

・・・だ~!!これだからツミとサシバは苦手なんじゃい!!

私は皆さんのツミorサシバの意見を心よりお待ちしております。

このあと、防風林でサメビタキに出逢った。

写真撮ろうとするもちょこまか動きまわるし、なんかおばちゃんにジャマされるし・・・。

結局写真撮れないままどっかに行ってしまった。。。

で、ポイントを換え、昨日の山へ。

着くなりエゾビタキとツバメがお出迎え。

エビちゃんは上手く写真撮れなかったので載せませ~ん。

登っていくとトビ風味のハチクマが出てきたり、サシバが出てきたり、エビちゃん、モズモズ、ニーニー、ホージロ、etc・・・が出てきたり。どうも今日はカメラに嫌われててピント合わなくて泣けてきちゃう・・・。

Hachi でも虫は合う。

なんとかマルハナバチだと思う。

でもようわからん。

まぁ、どうせ新種です。

 

 

Hae08 双翅目の何かだと思われる。

ハエ・・・?とか考えたけどヒラタアブの仲間かもしれん・・・。

いやいや、どうせまた新種ですよ。

虫の世界は新種が多くて怖いねっ!!

 

Mesuguro08

 

これもわけわからん蝶です。

メスグロヒョウモンっぽいけど、ヒョウモンって何がどう違うのか判らない・・・。

 

Mesuguro08bこれは上と同一個体。

帰って図鑑を見たけど、メスグロヒョウモン♂の裏面が載ってなかったから、同定できやせん。

ま~、新種だと思うけど。

てふてふさんが鑑定書を発行してくれるのを待ちましょう。

 

鳥をあまり撮ってないのに下山。

Ezobitaki08bb そしたらエビちゃん発見!!

行きにいたコがまだいてくれた!!

30枚ほど撮ってお別れ。

後の写真同定から、この山には最低でも4羽はエビちゃんがいたみたいです。

顔の模様に特徴が出て個体識別楽です。

この後に汐川干潟へ行き、広大な干潟をスコープで覗くも、シギチはゼロ・・・。

意地でも探し出そうとすいても、いないもんは見つからない。

でもウミネコの中にセグロカモメは混じってるし、強風でカケスが1羽飛ばされてきた。

カケスをみんなで見れたし、伊良湖探鳥会は終了~♪

そのあと神奈川へ向け出発。PM9:00に家に着きましたよ。

KIROKU

1.オオミズナギドリ  2.カワウ  3.アオサギ  4.ダイサギ  5.チュウサギ  6.アマサギ

7.コサギ  8.マガモ  9.カルガモ  10.コガモ  11.ヒドリガモ  12.オナガガモ

13.ホシハジロ  14.キンクロハジロ  15.スズガモ  16.ミサゴ  17.トビ

18.ハチクマ  19.ノスリ  20.ツミ?  21.サシバ  22.ハヤブサ  23.チョウゲンボウ

24.コチドリ  25.イソシギ  26.タシギ  27.ウミネコ  28.オオセグロカモメ

29.セグロカモメ  30.キジバト  31.ドバト  32.コゲラ  33.ヒバリ  34.ツバメ

35.イワツバメ  36.ショウドウツバメ  37.キセキレイ  38.ハクセキレイ  39.タヒバリ

40.ヒヨドリ  41.モズ  42.ノビタキ  43.イソヒヨドリ  44.サメビタキ  45.エゾビタキ

46.ヤマガラ  47.メジロ  48.ホオジロ  49.カワラヒワ  50.スズメ  51.ムクドリ

52.カケス  53.ハシブトガラス  54.ハシボソガラス  55.ケリ←入れ忘れ

56.ゴイサギ←俺は見てない

 

あんまり猛禽は出なかったけどやっぱり伊良湖は楽しいわ!!♪

こりゃ来年も行かねば!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »