« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

北海道合宿~16日~

~15日~

8時間かけ、神奈川から仙台まで鈍行電車で行く。

そっから仙台-苫小牧の船に乗る。

船の上で前夜祭。

 

~16日~

朝5時起き。

・・・鳥が少ない。

ば~っと見渡して、飛んでいるのはオオミズ、ウミネコぐらい。

そんなんでも甲板から離れられないため、根気強く探す。

そうすっとちらほら遠くでハイイロミズが飛んだり、ハシボソミズが飛んだり、、、楽しい♪

Akaeria0816 そんな感じで見ていると、シギチが飛んでいることにも気付く。

なんとなんとアカエリヒレアシシギ!!

なんか今年は内陸でも結構ヒレアシ系が出てるから、「外洋はもっと出てるはずだ!!」と睨んでた甲斐はあったさ♪

ま、ほとんど幼鳥でワケワカメだけどね。1羽だけ成鳥冬羽だったからアカエリって識別できたわけ。

こんなヒレアシ系の群れに計4回出会えた。

その3回目のヒレアシの群れは、

Haiiro0816 ハイイロヒレアシシギだった!!

またもや幼鳥ばっか。ぷ~

今回は2羽成鳥冬羽が混じってたさ!!

それに拡大するとやっぱアカエリとは嘴の形が違うね。

嘴と冬羽の背中で識別しています。

夏羽が1羽でも混じっててくれりゃ楽なのに~・・・。

でも識別が面倒な方が楽しいもんね。

 

さてさて、もう青森県沖。

さすがに仙台-苫小牧は早いわ。5時間くらいしか鳥見れない。

青森県沖ではコアホウドリ1羽、セグロカモメ1羽。あとオオミズズズ。

なぜか分からないけど、ミズナギドリの写真がない。

遠かったから撮ってないのかな?

あ、セグロカモメ凄いっしょ!!嬉しいんだけど!!

8月にセグロカモメだよ、いいねいいね♪

Kuroasi0816 北海道に入るとこんなシーンも。。。

釣りいいなぁ、、、こんな近くまでクロアシアホウドリが近づいてきてくれるなんて・・・。

でも誰も見向きもしてない。もったいな!!

船とクロアシの距離、約6.5m。写真撮り放題じゃん!!

あ、手前の子はウミネコね。やっぱアホウドリって大きいね。

あとはフルマカモメとかカンムリウミスズメとかしか出ないから、真剣にイルカ探し。

計10頭ぐらい出てくれたけど、識別できたのはマイルカとネズミイルカだけ。

イルカ遠い。何kmも先なんだもん。

 

そんなんで苫小牧到着。

そっから然別までドライブ~。

 

KIROKU

1.コアホウドリ1  2.クロアシアホウドリ2  3.フルマカモメ2

4.ハシボソミズナギドリ2  5.ハイイロミズナギドリ  6.オオミズナギドリ

7.アカエリヒレアシシギ40+  8.ハイイロヒレアシシギ13

9.セグロカモメ  10.オオセグロカモメ  11.ウミネコ

12.カンムリウミスズメ

13.マイルカ  14.ネズミイルカ

 

ハイイロヒレアシ初見!!289種目!!

 

まだまだ続きます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

北海道鳥見~24日~

AM130、船乗る。

暗い、鳥いない、眠い、寝る。

・・・・・・・・・

AM630、起きる。

窓の外を見ると大量の海鳥が飛んでる!!

朝ごはん食っていざ、外へ!!

Hurumaa0724 今は青森県沖。

やっぱりフルマだらけ。つ~か、オオミズもハシボソもコアホもいっぱいいるんだけどね。

どれから撮影していこうか迷うほど。とりあえず近くに来た奴から撮っていく。

行きの航路は霧でだめだった、帰りの航路は晴れすぎてダメ。。。

白飛びしまくり!!

でもやっぱ晴れてると色が良くなるね。

Omizua0724 このオオミズも、顔は白飛びしちゃったけど、背面の模様、色は良い感じに出てる。

ところでオオミズの識別って難しくない?

オオミズって基本種だから識別簡単だと思ってたけど、なかなかムズイよ。

近くなら良いけどね、ちょっと遠いとオナガミズとの識別がね。。。似てるって、マジで!!

オオミズとオナガミズは似てます。

オオミズナギドリとオナガミズナギドリ。

オオミズアオとオナガミズアオ。

尾が長いらしいけど、コレがなかなか・・・。

でも出会ってみたら印象全然違うもんなのかな。オナガミズは。

  

Haiiromizua0724 ハイイロミズも出ます。

翼下面は見えてないけど、嘴も額もハイイロの特徴でしょ。だからハイイロ。

ただ、やっぱ識別できない個体も多いね。

ハシボソミズの翼下面が白い個体がおでこ凹ましてたら識別点は嘴だけっしょ。

そうなったらどうしようもない。嘴だけで識別なんて信憑性に欠けるし。

Puffinus やだやだ。

 

Koahoua0724  

 

 

 

 

 

 

 

 

Koahoub  

 

 

 

 

 

 

 

 

Koahouc0724  

 

 

 

 

 

 

 

 

コアホウドリはマジでたくさんいる!!

ざ~っと数えただけで50羽はいた!!だから船の周り、全個体数えたら100~200羽はいたんだろうな。

そんないっぱいいても撮影チャンスは1回だけだった。

それが上の個体↑。

晴れすぎなため全部白飛び・・・。

なんなのかね?水面が光を反射するから、腹の白色が飛んじゃうのかな?

そんなこんなで1枚もいい写真がない・・・。

「いっぱいいるからいいや。」と余裕ぶっこいてたけど、青森県沖を過ぎたらコアホウドリは1羽も出てくれなくなったし・・・。

困ったもんです。

Haimizua0724 ハイイロミズの群れにぶつかった!!

写真撮りたいのにコアホウドリがジャマばっかしてくる。。。

うぷ~。

ここらへんはカンムリウミスズメがよく飛ぶ。

あんなちっこいのが素早く飛び回ってんだよ!!写真なんか撮れやしない。残念。。。

あとハイイロウミツバメも出た!!初見初見♪

4羽、プカプカ浮いてた!!双眼鏡で発見した時点でかなり遠く、カメラのファインダーに入れるのは不可能だった。

でもハイイロウミツバメが可愛いって言うのは十分わかりました!!青森県沖って凄いなぁ。。。

Ahou0724 次にこの子!!

なんとアホウドリ!!

この写真じゃ判らないけど、嘴はピンク色をしています。

この時期はまだ渡り途中なのだろうか?もうアメリカに着いてるころだろうけど。

それともこんな子だけ日本近海に残るのかな?

初見じゃ初見!!成鳥じゃなくても初見は初見です!!

 

さぁ、鳥が出なくなり始めた。

さらに波も穏やかに・・・。

穏やかになると鳥も見つけやすい。

Hasiiromizu0724 でもこの子は誰だ!?

こういう子は嫌いです!!

ハイイロっぽくてハシボソっぽい。。。どうしましょう。。。

う~ん・・・、でもどちらかと言うとハシボソミズナギドリなのかなぁ。。。

・・・ハシボソミズって思うとだんだんハシボソミズに見えてくる。。。

Hasiiromizub0724 同一個体の別写真。

たぶんハシボソで正解っしょ!!

それか交雑個体。ハイイロもハシボソも似てるんだから交雑しちゃうよ。

ハシボソミズの翼下面が白い個体は、きっとハイイロとハシボソの交雑個体なんだよ。

カモメ以外の海鳥って交雑の記録すくないね。ミズナギドリなんかいっぱいありそうなのに・・・。

さてさて、この航路ももう終盤。なんと茨城県沖!!

Oomizub0724 ここはもうオオミズしかでない・・・。

ハイイロもハシボソも1羽も出ないなんて・・・。

茨城県沖ってオーストンウミツバメの群れがよく発見されるイメージが強いのに、、、残念ながら今は7月。

全体的にやっぱ少ないよね、鳥。しかたないね。

 

Umineko0724 ウミにゃんにゃんも出ます。

このウミネコを襲うトウゾクカモメを期待してずっと観察してるのに、やはり出ない。。。

しかも今PM500とか。太陽が沈みかけててすんごい観察しづらい・・・!!

それでも我慢してウミネコ見たり、オオミズの群れをひたすら写真撮ったり。

・・・・・・。

Seguromizu0724 でも最後の最後で出てくれた!!♪

頑張った甲斐がありました!!

つっても観察中は「頭が黒いミズナギ。」止まりで種までは判らなかったんだけどね。

FZ30のディスプレイがいくらキレイでもミズナギドリの同定までは難しいっす。

なので帰ってパソコンで見返す・・・。

・・・。

こりゃセグロミズナギドリでしょう!!!!

下面は白いのは見えてるし、尾は長くない!!

セグロミズナギドリです!!オガサワラミズナギドリなのです!!

ちょっと上面が茶色く見えるけど、それはご愛嬌ってことで。

この後もオオミズとウミネコしか出なくて、大洗に着いてしまった。

これで3泊6日の北海道鳥見は終了。

悲しいね、もっかい船乗りたい。

  

KIROKU

1.アホウドリ2  2.コアホウドリ100  3.クロアシアホウドリ1

4.フルマカモメ20  5.オオミズナギドリ∞  6.ハシボソミズナギドリ∞

7.ハイイロミズナギドリ∞  8.セグロミズナギドリ1

9.ハイイロウミツバメ4  10.ウミネコ  11.ウトウ1

12.カンムリウミスズメ6

 

 

7/197/24総合

1.アホウドリ  2.コアホウドリ  3.クロアシアホウドリ

4.フルマカモメ  5.オオミズナギドリ  6.アカアシミズナギドリ

7.ハシボソミズナギドリ  8.ハイイロミズナギドリ  9.セグロミズナギドリ

10.ヒメクロウミツバメ  11.ハイイロウミツバメ  12.カワウ

13.アオサギ  14.ミサゴ  15.トビ  16.オオタカ  17.ハヤブサ

18.チョウゲンボウ  19.イソシギ  20.Tringa.sp アカアシ?

21.トウゾクカモメ  22.オオセグロカモメ  23.ウミネコ

24.カンムリウミスズメ  25.ウトウ  26.ケイマフリ

27.キジバト  28.アオバト  29.カッコウ  30.ツツドリ

31.ハリオアマツバメ  32.エゾアカゲラ  33.コアカゲラ

34.エゾコゲラ  35.ショウドウツバメ  36.ハクセキレイ

37.セグロセキレイ  38.キセキレイ  39.ビンズイ  40.エゾヒヨドリ

41.モズ  42.カワガラス  43.カヤクグリ  44.コルリ  45.コマドリ

46.ルリビタキ  47.ノゴマ  48.ノビタキ  49.トラツグミ  50.アカハラ

51.ウグイス  52.エゾムシクイ  53.センダイムシクイ

54.メボソムシクイ  55.キビタキ  56.コサメビタキ  57.シマエナガ

58.ハシブトガラ  59.ヒガラ  60.シジュウカラ  61.シロハラゴジュウカラ

62.メジロ  63.アオジ  64.ホオジロ  65.コカワラヒワ  66.マヒワ

67.ウソ  68.ベニマシコ  69.ギンザンマシコ  70.スズメ

71.ニュウナイスズメ  72.ムクドリ  73.ホシガラス  74.ハシブトガラス

75.ハシボソガラス

※マイルカ、キタキツネ、シマリス

 

初見は11種!!いえ~い♪

前の記事の「ライフリスト」も更新。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

北海道鳥見~23日~

晴れたさ!!

Hakuseki0723 だからハクセキレイもご機嫌♪

ツツドリもアオバトもコルリも鳴きまくっている。

渓流を見ればカワガラスが活発にご飯探してるし、みんなご機嫌なんですね。

しかしまぁ、素晴らしいキャンプ場だ。鳥がステキすぎる。。。

今朝はハシブトガラに出会えず・・・。寝坊しちゃったしね。

 

本日はナキウサギ・ポイント探し!!with鳥見。

ナイウサギポイント、どうしようもないところにあります。

でも俺って鳥屋。ナキウサギも見たいけど鳥優先。

Sumisu0723 ナキウサギポイントまでの林道は200~300mぐらいしかないのに、キツツキの巣は18個見つかった。大きさは全部一緒な感じ。

大きさ的に、、、ヤマゲラかアカゲラの巣だと思う。オオアカにしては低いし、クマなわけないし、コゲラもコアカも大きさが違う。

残るはミユビ・・・。

もしかしたら18個全部ミユビゲラの巣だったのかな。きっとそうだろう。

ま、まだヤマゲラは見ていないので、最も新しそうな巣のそばでしゃがみこんで張ってみる。

ダニが怖いのでお尻は着けずに10分ほど。。。

・・・。

キツツキなんて出やしない!!

アブとブヨとブヨとカとアブは出るんだけどね。。。

ひそかにエゾモモンガも期待したんだけどな。

コマドリ、ルリビタキ、コルリ、センダイムシはず~っと鳴いてるけど、ルリビが一回出てきただけ。

もうここはいいや。

 

と言うわけで、21日に行った川にもう一度行くことに。超ベリー面白鳥見ポイント。

Benimasiko0723 鳥見開始するなり、目の前にベニマシコがいた!!

必死こいて撮影するも、カメラの設定が間違っていたため全部ピンボケに・・・。

このベニマシコはなんなんだ?第一回夏羽なのかな?

キレイなのかボロいのか良くわからん個体だった。

ベニマシコがいなくなった後はコサメビタキの群れがやってきた!!

ざ~っと数えたら30羽はいる!!

写真数枚撮ったら、群れで逃げて行き1羽も残らなかった。

ちなみに写真は設定ミスのままだったので、超ボケボケ写真に。

Nyuunai0723

ニュウナイスズメもいた!!

しかも図鑑では見たことない羽衣じゃないか!!

この子は♀幼羽、こういうのに出会えるとやっぱ嬉しいね♪

ニュウナイはこの子しか出会えず、♂成鳥に逢いたかったな・・・。鳥見人生でまだ1回しか逢ったことない。出会う子み~んな♀!!♀も可愛いんだけどね、ムシクイもどきみたいで。

 

さてさて、実は時間がない。

今日のPM4時にはテントを片付け、PM6時には苫小牧に向け出発しなければいけないのだ!!

つまり、今日が北海道での活動最終日!!いろいろポイントを見つけねば。。。

Kosame0723 なのに可愛い小鳥がいると何分も見入っちゃう・・・。

だって目の前でゴマゴマヒタキがず~っと鳴いてるんだよ、そりゃ見なきゃ失礼だもん。

目の前つっても20mぐらい離れてた、しかも逆光。

ず~っと鳴いてるのに思うように写真が撮れない!!

俺を弄んでるとしか思えん、このゴマゴマヒタキは!!

Gojukaraa0723 シロハラゴジュウカラも5羽ぐらい出会えた。

薄暗い林内をテケテケ走り回るから厄介な子。しかも他の小鳥とは違う、ワケワカンナイ動き方するし・・・。

 

しかしゴジュウカラばっかだね、本当に。

キバシリがいやしない!!はやく逢いたいのに!!

 

このあと別のところへ行ったり、いろいろ見てまわったけど、面白いポイントは見つからず。

Hukurou0723  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこんな可愛いフクロウは見つけた♪♪♪

この子を見ているとなぜか自分も首をかしげちゃう、、、不思議なフクロウなんです。

ほんっとに可愛くてマジで癒された。

快晴で日陰が少ない炎天下、こういう癒しは大切だよ。

 

さて鳥見おしまいで、仲間を迎えに。

この川は快晴だけど、ナキウサギポイントは豪雨だったようでひどいことに。

雹まで降ってきやがったしね、7月なのに。。。

仲間を全て回収し、キャンプ場へ。

 

お片づけをし、苫小牧へ!!

帰りの船は24日am1:30発の苫小牧-大洗航路!!

 

KIROKU

1.アオサギ  2.トビ  3.イソシギ  4.キジバト  5.アオバト  6.ツツドリs

7.エゾコゲラ  8.ハクセキレイ  9.キセキレイ  10.ビンズイ(T)

11.エゾヒヨドリ  12.モズ  13.カワガラス  14.ルリビタキ  15.コマドリs

16.コルリs  17.ノビタキ(T)  18.アカハラ  19.ウグイス

20.センダイムシクイ  21.コサメビタキ  22.シマエナガ(D)

23.シジュウカラ  24.シロハラゴジュウカラ  25.アオジ  26.スズメ

27.ニュウナイスズメ  28.ムクドリ  29.ハシボソガラス

30.ハシブトガラス

31.キツネ

ベニマシコDOR  キジバト食痕

 

21日には何百羽もいたショウドウツバメは、23日では1羽も出ず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »