« 2007年10月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月28日 (月)

最終日のコノドジロ

27日のお話。

完全なTwicherとなっての鳥見でした。

※Twicher・・・迷鳥・珍鳥ばかりを追っかけてる人。ライフ屋みたいなもん。

 

前日、池袋にて会社説明会&一次試験。

劇的までに疲れたので翌日は鳥見に行こう!!と。

そのあとk5を誘い、帰宅。

・・・したものの、寝るタイミングを逃し、そのまま徹夜。

 

27日。

朝っぱら、まだまだ太陽が上がってないような時間、電車に乗り込み、いざコノドジロムシクイのいる都心の公園へ!!

到着したのは8:30、その時点でだいたい100人ほどの鳥屋・カメラマンが!!まぁ、コノドジロ最終日だから仕方が無いけど。。。

先輩2人にも出会った。三番瀬のヘラシギブームの時以来。

そっからは待つ待つひたすら待つ。くそ寒いくて震えながら・・・。

Sijuukara080127a  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待てど待てど出てくれない。。。だからカラ類で撮影練習。

 

Mezuromezuro080127  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コノドジロが出る木に来るのはメジロ・シジュウカラばっか。

その度に双眼鏡で覗いてちょいがっかり。。。

 

Ootaka080127  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥屋の様子を伺いに来たのか、コノドジロを食べに来たのか。

オオタカが上空を旋回。

コノドジロが出なくてピリピリした空気がちょっと和む・・・。

 

Uguichu080127  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コノドジロの木にウグイスが来るなんて、酷い嫌がらせ・・・。

ドキドキしながら双眼鏡を覗くとコイツなんて・・・。

ムジセッカならよかったのに。

 

こんな鳥たちを撮り、超寒い中待つこと3時間。

Konodojiro080127b  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと出てくれた!!

前日より遅い出現、しかも遠いというちょっと残念な結果だったが、やっぱり見れると嬉しい♪

日本記録7回目ですよ!!凄くねっ!?この日本にまだ7羽しか来てないんだよ!!

Konodojiro080127a  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな凄いコノドジロも27日が最終日。。。

派遣バイトの子だったから仕方が無い。

もしかしたら今日もまだいてくれてるかもね。気になるう~!!

 

結局近くには出てくれず、木にも停まらず、フェードアウト。

まぁ、一度出れば続けて出るって言うし、待ちましょう!!

と思っていたら先輩から声がかかる。

「オジロビタキ行くけど一緒にどう?」

行きますう~♪

というわけでコノドジロバイバイ。

帰り際カメラマンを見えてる範囲で数えたら150人も!!きっと2~300人はいたんだろうな。

 

でオジロビ~ンのいる千葉県のとある場所へ。

到着し、ポイントへ行く。

Ojibi080127a  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いた~!!すぐにいた~!!

超可愛い!!カワユス!!

 

Ojibi080127b  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと尾羽は白い!!こりゃ紛れも無くオジロビタキでしょう!!

しかし困ったことに可愛すぎる・・・。

目の前でちょこまかちょこまか・・・。まっちゃ人馴れしてるっぽい。

 

Binnzui080127a  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはオジロビタキだけじゃなく、ビンズイもいる!!いっぱい!!

オジロビタキは逃げないし、なんか撮り過ぎたのでビンズイ撮影会。

可愛いんですよ、ビンズイ♪

 

Binzui080127b  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌舞伎役者のような顔模様。びーん!!

 

Kikuita0801127  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キクイタダキも2羽発見!!何気に初撮り♪

めっちゃ可愛かった!!

 

Ojibi080127c  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また会いに行くと、コサージュを付けて待っていてくれた。。。

愛らしいじゃないっすか!!

そんなことされちゃまた調子に乗って大量に撮影しちゃうじゃない・・・。

 

Ojibi080127d  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虫取りのため、ちょこちょこと地面に降りてくれるが、その時間は1~5秒程度。

カメラで捕らえてAFが合う前には飛び立つという、忙しい子。

なんとか数枚撮れた。

大雨覆のバフ翼帯があるので第一回冬羽。この年齢は雌雄識別が極めて困難。

 

Ojibi080127ashu  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一回冬羽には第一回冬羽の識別法を!!

三列風切の模様さね!!

まぁ、これはFicedula parva albicilla でしょう。

 

Ojibi080127e  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もこもこボンバー!!

 

Ojibi080127f  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕草も可愛けりゃ、顔も可愛い・・・。

ヤバイね、コレ。。。

ず~っと見てても飽きない。

でも時間は来た。お別れしなくちゃいけない。

バイバイ。

オジロビタキに出会えた1時間、楽しかった。

 

そのあとはビロキン・コクガンを求め、千葉県の海へ!!

Hasibiroosu080127  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど干潮だったため、シギチとか見ながらカモ探し。

やけに目立ったのはハシビロガモ♂幼鳥の群れ。

こいつらだけ手前にいた。

あとはいつものメンバーにアメリカヒドリ。そんなもん。

 

Beroberokinn080127  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホオジロガモを見てたら隣にいたグループがビロキンを見つけてくれた!!

ありがたやありがたや。。。

写真はビロキン♂成鳥とホオジロガモ♂幼鳥。

スコープで見たら嘴はバリバリ赤いわ、目の下ははっきり白いわ、感動したよ。

 

あと、ミツユビカモメが出た。西から東へ1羽だけ飛んでた。

 

このあとは適当にシギチ見たり、ウミアイサみたり。そんなもん。

劇的に疲れたさ~。でもこんなTwicherな鳥見も悪くないね。

 

GWの方、先輩、カメラを貸してくれた方、本当にお世話になりました!!

ありがとございました♪

 

キロク

1.ハジロカイツブリ  2.カンムリカイツブリ  3.カワウ  4.ダイサギ

5.コサギ  6.ヒドリガモ  7.アメリカヒドリ  8.ヒドリ×アメヒド

9.オナガガモ  10.ハシビロガモ  11.ホシハジロ  12.スズガモ

13.ホオジロガモ  14.ビロードキンクロ  15.ウミアイサ

16.ミサゴ  17.トビ  18.ノスリ  19.オオタカ  20.ハヤブサ

21.オオバン  22.シロチドリ  23.ダイゼン  24.ハマシギ

25.ミユビシギ  26.ダイシャクシギ  27.ユリカモメ  28.カモメ

29.セグロカモメ  30.ミツユビカモメ  31.キジバト  32.ドバト

33.ハクセキレイ  34.ビンズイ  35.タヒバリ  36.ヒヨドリ

37.ジョウビタキ  38.イソヒヨドリ  39.シロハラ  40.アカハラ

41.ツグミ  42.ウグイス  43.コノドジロムシクイ  44.キクイタダキ

45.オジロビタキ  46.シジュウカラ  47.メジロ  48.アオジ

49.オオジュリン  50.スズメ  51.ムクドリ  52.オナガ

53.ハシボソガラス  54.ハシブトガラス

 

コノドジロムシクイ初見・310種目!!

オジロビタキ初見・311種目!!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

28日

まむし

1.コサギ  2.トビ  3.キジバト  4.カワセミ  5.コゲラ  6.ヒヨドリ

7.シロハラ  8.ツグミ  9.シジュウカラ  10.ホオジロ  11.カシラダカ

12.シメ  13.カラス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

鹿児島探鳥会2007!!~28日~

つずき。

 

~~28日~~

朝早く起きて、ツルを見にいく!!

ということは、バスの関係で出来ないので、旅館の近くを流れる米ノ津川で鳥見。

Okabiro1228 曇っていて、今にも雨が降りそうだが、なんとかまだ記録していないオカヨシガモとハシビロガモに出会えた!!

こうやってちみちみと種数を増やしていくわけです。

あと悲しいことにこの米ノ津川でナベヅル3羽見てしまった。。。ポイントに行く前なのに。。。

まぁ、でもこれが初見!!305種目♪

で、どんどん下流へ下っていくと雨に降られてしまったため、走って旅館へ避難。

服と頭乾かしてるうちにバスの時間になったので、いざ荒崎へ!!

 

センターに10時半ごろ到着!!

Turumure1228  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

す、凄い!!圧巻される・・・!!

でも雨雨雨。。。豪雨。

でもそんなの関係ねぇ!!

Amezaazaa1228 傘さしてしっかり鳥見。

さすがにスコープはジャマだからセンターに置かせてもらって、と。

しかし本当に雨がひどい。

カメラ・双眼鏡をメインに守ってるから、俺はびちょぬれだし。

でも鳥を見なきゃいけない、鳥屋って大変だわ~。

Nabekuro1228 こんどはセンターの屋上からば~って見渡すとすぐに発見!!

ナベクロヅルだは~!!

ちょっとね、タンチョウ以外のツル見るの初めてだし、ナベクロの資料が少ないからちょっと迷うけど、これはナベクロでしょ、喉が白いタイプというか。

でも、ナベクロヅル×ナベヅルなのかな。なんかどことなくナベヅル寄りだし。

ま、いいやナベクロヅルで。初見~♪種じゃないけど。

 

その後も探すもナベ・マナ・ナベクロ以外のツルはいなかったのでセンター内で世間話し。

 

Ameyanda1228 12時ぴったり、雨がやんだ!!

本当に、最大級に嬉しい♪

この喜びをナベヅルが体で表現してくれました。

さて、ここにはもう他の鶴がいない。

なら目指すは東干拓地だ!!

 

そりゃもう走った走った。足腫れたけど走ったさ。駅伝並みに!!

 

着くとそこはツルだらけ!!

Manadurua1228 とりあえずマナヅルを撮影!!

これは求愛なのかな・・・?なんかお互い翼広げたり、伸びたり縮んだりしてたけど。

なんにせよ楽しい!!雨がやんだだけでこんなハイテンションになるとは!!

でもまだまだ曇ってるから画質はきちゃないです。。。

Manahishou1228   

だから飛翔もこんな感じ・・・。

雲が白飛びしちゃいます。。。

かなしいもんですね。

 

 

Hdoriwarawara1228 ちなみにここはカモだらけ!!

数百羽単位で一斉に飛び立つから、もう、なんか、凄いのよ!!

基本はヒドリ、あとマガモとか。1羽だけバンが混じっててなんか嬉しい。記録増えたし。

トモエとかシマアジ越冬してると思うんだけどね、鹿児島なら。特にトモエ!!多いしね。だけど見つからなかった~。

さて、ツルとかカモは疲れたので、ちょっと休憩。

で、こんなのに手を出してみた。

Kokumarugarasu1228 「今年、出水にはミヤマガラス数百羽、コクマルは2羽入っている。」

との情報を貰った。鳥屋ならこの2羽を探さにゃならんわけです。

というわけで見つけ出しました!!なんと3羽も!!1羽増えましたね。

えっと、←の写真の中にちゃんと3羽いるから探してみてもいいよ。

あ、基本はミヤマ、少数がハシボソだす。

コクマルは福岡―熊本間の電車内から見たけど、やっぱ写真撮れるってのは嬉しいね。白色型か中間型いりゃもっとよかったけど。

まぁ第一回冬羽見れたからヨシとしよう!!

 

さて、コクマルみれて嬉しいから今度はカナダ探し。

カナダヅルはね、もう、7年前からかなりの思い入れがあるからね、すぐ見つかる気でいたわけです。

Canadensis1228 えぇ、そりゃもうすぐに見つけ出しましたわ。

ツルいいね、探すの楽で♪真ん中に立って周囲をぐる~って双眼鏡で見りゃ見つかっちゃうんだもん。それにこの色、小ささ。初見でもぱっと見で分かっちゃう!!

じゃ写真の説明を。

カナダヅル(大人)がナベヅル(子供)と喧嘩してるとこ。

Canadensisb1228 まったく、大人気ないですね!!

原因は・・・お菓子の取り合いとかじゃないかな。ほら、ナベヅルのほうはまだ子供だから。

あ、このカナダヅルはきれいでした!!もっと鉄分まみれだと思ってたから、嬉しいような、悲しいような。。。

実を言うと、恥ずかしい話、俺はカナダヅルなんか識別でしません。カナダヅル・・・、大きさで判断しか、俺はできないっすね。。。まだまだ経験不足なんでしょう。

できる人に聞きたいですけど、カナダヅル幼鳥とクロヅル幼鳥、何が違うんですかね?やっぱ大きさ、なんすかね。でもだいぶ個体差ありましたけど。

あの顔の微妙な配色で識別すんすかね。

もう、クロ幼鳥・ナベクロ幼鳥・カナダ幼鳥、ここらへんヤダ!!

ま、でも、識別点がわかんないうちはまだ鳥見が楽しくていいですね。図鑑とにらめっこ、もう最近やってないから。

今回は成鳥だったからにらめっこ無し。

 

Tageri1228 あと、さすがは鹿児島!!

シギチの越冬数がかなり多い!!

特に目立つのはタゲリ!!60羽までは数えたけど、面倒でやめた。たぶん200羽ぐらいいたんじゃないかな。

農耕地なのにハマシギ・ミユビシギはいるわ、アオアシシギ(コアオかも・・・。)もいるし!!とにかくタゲリ多すぎです。ちょっと数羽でいいから神奈川まで派遣で来て欲しいもんです。

 

Manadurutubasa1228 このあとは普通に鳥見~♪

なにげにあんまツル撮ってなかったから、ナベマナメインに。

マナヅルいいね、初列風切・初列大雨覆・小翼羽が黒いのに、初列中(小?)雨覆だけ青灰色!!

しかもしかも、手根骨羽は黒と青灰色が混じっている!!

こういう気遣いのせいで、羽好きの人はより魅了されてしまうんですね。

ところで初列中雨覆なんてあったっけ?初列大雨の次は小雨かも。

まいいや。

Guchagucha1228 あとこんなぐちゃぐちゃ風景も。

この中にマナヅル2羽、ナベクロヅル1羽混じってます。飛んでるのは全部鍋。ナベクロは分かりやすいよ。

ナベクロにはすぐ気付いたんだけど、残念ながら写真はこれだけ。。。

目ざとい人ならもう見つけたかもしんないけど、後ろの池的な所にね、なんかいるわけですよ!!

もうそんなの見つけちゃナベクロなんかほったらかして走っていくしかない!!

Tukusigamo1228 というわけで初見です!!ツクシガモ♪

13羽もいちゃってくれましたわ~。

ちなみに俺はギプスしてましてね、走るとかなり痛むんですが、こういう時は痛まないんだよね。アドレナリンだかランナーズハイだか知らないけど、人間って不思議ね。

もちろんこの後足首腫れましたけど。。。

とにかく、ツクシガモはえがった!!ただ1羽1羽が離れすぎてて、なんかさびしい感じ。13羽全部同じフレーム内に入れたかったわ。

このあとさっきのナベクロを撮りに行ったんだけど、もう見つかることはなかった・・・。

もう4枚目の写真のナベクロなんかよりもナベクロらしい個体なのに!!惜しい事したな~・・・!!今思うとツクシガモなんか寝てるわけだし、当分逃げないのに。

水鳥屋って損ね。

Canadensisc1228 仕方ないのでもう一度canadensisを拝む。

東干拓地を1周してしまった。だいぶ広いね、ココ。足痛いし。

残念なことに1羽しか見つからなかった・・・。情報では2羽入ってるらしいんだけど、センターと東干拓の全個体見たけど、どうしても1羽しか見つからない!!

鳥屋としてよろしくないです。

Canadensisd1228 なかなか悔しいもんなんですよ。いるのに見つからないってのは。

ツルなら自分の識別能力あんま必要としないから見落としってことはほとんどないだろうけど・・・。どこに行っちゃったんだか。

でもコレで日本のカナダ系、コンプリートです!!―ガン、―カモメ、―ヅル。

どうでもいいですね。

ここでやっと、他のみんなが到着したとの連絡が!!観察センターに帰還。

Nabeoyako1228 途中に可愛い親子がいたもんで、休憩がてら撮影会。

けっこうびっくりですよ、なんと指がピンク色ですよ!!こういうの見れると嬉しいね。なんかコサギのパチもんみたいで。

なにげにソロとか親子だけとか撮るの難しいんすよ!!何百羽、何千羽とぐちゃってるから!!

さぁ、もうちょいでセンター。

センターでやっとみんなに合流!!ここからは5人で行動。

Manadurusentaa1228  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずセンターで激近写真を撮りまくる!!

モデルはデカイマナヅル。後ろにいるアマサギがヤケに小さい・・・。

ところでマナヅルって可愛くないね。やっぱ時代はCanadensisだよ♪

 

Nabedurusentaa1228  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナベヅル幼鳥。。。可愛いなぁ、もう、、、。

 

Hakusekireibj1228  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つぎはぎハクセキレイ。

人は彼のことをブラック・ジャックと呼ぶ。

法外な値段でオペしてくれます。ミールワーム50匹とか。

 

Nabeyouchousenta1228  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうのは若鳥なのか成鳥なのかわからん。

でも若いんだろうな。未成年。

 

Nabeduruguchasenta1228  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐちゃぐちゃ。飽和状態とはまさにこの事です。

 

センターはこんなもんにして、この後はまたCanadensisを見に行く。

俺としては3回目のカナダ。もう写真すら撮らなかった。

だから活動写真撮ったり。

 

ここでもうバス終電時間。3:40とかだったかな。

俺なんかはもう疲れきっていたけど、みんなは元気だった。なんとまぁクロヅルを探すらしい!!

そんなこんなでバスを見過ごし、クロヅルを探しながら駅まで歩きとおす。

ぼてぼてぼて。足痛い。

東干拓から歩くこと1時間以上、PM5時ごろ。

Kuroduru1228  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついにクロヅル発見だばってん!!

バカみたいに歩き回って探しまくったから感動も大きいばってん!!

暗くて全然写真撮れないけど、それでも嬉しい♪

だけどこの感動的な出会いも十数分。出会ってちょっとしたら塒入りされちゃいました。

歩くのがちょっと遅かったら出会えてないですね、お~怖い!!

 

その後は90分かけて、街灯がないよく分からない道を歩く。駅に着くと信じて。

・・・つらかった。。。

 

無事駅に到着し、旅館へ。

そのあとはみんなでご飯。うまかったさ~。

 

キロク

1.カイツブリ  2.カワウ  3.アオサギ  4.ダイサギ  5.コサギ

6.アマサギ  7.ツクシガモ  8.マガモ  9.カルガモ  10.コガモ

11.ヨシガモ  12.オカヨシガモ  13.ヒドリガモ  14.ハシビロガモ

15.オナガガモ  16.ホシハジロ  17.カワアイサ  18.トビ

19.ミサゴ  20.コジュケイ  21.クロヅル  22.ナベヅル

23.ナベクロヅル  24.カナダヅル  25.マナヅル  26.バン

27.オオバン  28.タゲリ  29.ハマシギ  30.ミユビシギ

31.アオアシシギ  32.イソシギ  33.キジバト  34.ドバト  35.ヒバリ

36.セグロセキレイ  37.キセキレイ  38.ハクセキレイ  39.タヒバリ

40.ムネアカタヒバリ  41.ヒヨドリ  42.モズ  43.ジョウビタキ  44.ツグミ

45.ウグイス  46.ホオジロ  47.アオジ  48.マヒワ  49.スズメ

50.ムクドリ  51.コクマルガラス  52.ミヤマガラス  53.ハシボソガラス

54.ハシブトガラス

(55.キジ  56.チョウゲンボウ  57.イソヒヨドリ  58.カワラヒワ)

 

ナベヅル305種目♪

マナヅル306種目♪

カナダヅル307種目♪

ツクシガモ308種目♪

クロヅル309種目♪

 

もうちょい続きます

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

鹿児島探鳥会2007!!~27日~

つずき。

 

~~27日~~

Huukeib1227  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始発で下関を出発し、たった一駅で九州に入る。

始発の間はつらい。。。

だって太陽がまだ出てないんだもん。

上の写真は7:10のもの。まだまだ暗い、さすが西だ!!

 

Huukei1227  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7:40を過ぎるとだいぶ明るい!!

しかも福岡ときたもんだ!!

もちろん外を見まくる・・・。

Kasasagi1227 ほらっ!!カササギ!!

白飛び、ピンボケごめん。こっちは電車乗ってるもんで・・・。

でもでもこりゃカササギなんすよ!!初見なんすよ!!

303種目でごんす♪

いやはや、しかしカササギいっぱいいるね。でも写真全然撮れてないっていうね。。。

電車に乗っててカササギ12羽確認!!

あとホウロクシギとかキュウシュウジカとかも確認。

 

さて熊本に入る。

写真は撮れなかったけどコクマルガラスの群れに遭遇!!

あとミヤマガラスの群れではコクマル白色も発見!!

・・・。

写真撮れてなくて、電車から初見ってなんか物足りないんだよ。。。

とりあえず初見!!304種目!!

 

そんなこんなで11時ちょい、八代駅に到着!!

バスとか徒歩とかそんな面倒なのはやってらんない!!

すぐさまタクシーに乗り込み、球磨川河口へ!!

狙いはオオズグロ!!

Kestrel1227 到着し、昼飯食いながら鳥見して、チョウゲンボウに出会った!!

チョウセンチョウゲンを期待してたけど、まぁ、そんなうまくはいかないですね。

ここは葦原。こんな目立つところで休憩されちゃ小鳥出てこれないじゃん!!

ツリスガラが鳴いてるのに出てきてくれない・・・。

結局ツリスガラは現れず。久しぶりに見たかったな。

 

川沿いが工事中で通れなかったため、樹林帯の方を迂回。

Joubia1227  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「この実食べてみよう。」

 

Joubib1227  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ、おいしい・・・♪」

 

Joubic1227  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もいっこ食べても大丈夫だよね・・・。」

 

Joubid1227  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「え~い、食べちゃえ!!」

 

ずいぶんと可愛いジョウビでした。。。

 

川沿いの出てもカモカモメが全然いない・・・。

Mozutarou1227 しかたないからモズを撮りまくってみたり。

モズ、どこにでもいるからいいよね。

コイツが出てくれるだけで結構嬉しい気分になれるし。コゲラとかも。

でも熊本まで来て収穫がモズだけってのも・・・。

オオズグロは~・・・???

 

ポイントに着く

生憎満潮時でオオズグロの気配は無い。

つ~か、カモメ自体全くいない!!モンゴル・ホイグリン激写しまくりたかったのに!!

まぁ、潮とか全く調べなかった俺も悪いね。ごめん。

でもっ!!カモもいない!!どういうこっちゃ!!

Kaituburi1227 でも、アカエリカイツブリはいたよ~♪

久しぶり、アカエリ!!

やっぱ首ながいよね、それに顔の模様が独特だからすぐわかる!!

あと喉の赤みとかね!!

 

さて、ここまで聞いて信じた人~?

・・・・・・・・・俺だけか・・・。。。はぁ・・・。。。

いや!これは自分でも信じらんないけど、カイツブリとアカエリ、間違えました!!

初めてだ・・・!!

言い訳するとね、周りに対象物が全く無くて、大きさがわかんなかったの。

それに海だったの。

・・・。

だいぶショックな出来事でした。。。

俺もまだまだ初心者だな~。

 

Hoojiroa1227_2 時間もあんま無くなってきたのでちょっとだけ上流の葦原へ。

ホオジロはいっぱいいたよ。

とりあえず正面ホオジロを。

あとオオジュリンとかかな、いたのは。

 

さて、

Hoojiromodokib1227

こんな子いた!!

ホオジロ♀・・・?というなんか違和感がある子。

これ、顎線が無いんだよね。だから凄い変な感じがするけど、ホオジロなんだろうな~。

もしかしたらコイツが情報不足の第一回冬羽かな・・・?

それとも日本初記録のEmberizaか!?

Emberiza、なんかどれもコレも似てて外国の見てく気しないんだよな~。

まぁ、ヤマヒバリとホオジロの交雑dすよ。そう考えるとなんか納得いってしまう。

はい、どうせホオジロでしょ。おしまいおしまい。

 

で、またタクシーを呼び、八代駅へ。

そっからはついに鹿児島は出水へ!!つっても鶴は見ないけどね、泊まるだけ。

Kaigan1227  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八代~出水間は、めっちゃキレイなリアス式海岸。

見とれてしまう。。。

あ、写真は干潟だけどね~。

 

Ryokan1227  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅館に着き、部屋へ。

旅館に一人で泊まる・・・。なんか凄く贅沢だ。。。

普段はテントだもんな~。

 

Raamen1227  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとは夜ご飯。。。

やっと、、、やっとまともなご飯が・・・!!

26日の朝・昼・夜、27日の朝・昼、全てコンビニだったからマジで嬉しい!!

嬉しすぎてついつい写真を。。。

 

このあと就寝。楽しいなぁ♪

 

キロク

1.カイツブリ  2.ハジロカイツブリ  3.カンムリカイツブリ  4.カワウ  5.アオサギ

6.ダイサギ  7.コサギ  8.マガモ  9.カルガモ  10.コガモ  11.ヨシガモ

12.ヒドリガモ  13.ウミアイサ  14.ミサゴ  15.トビ  16.ハイイロチュウヒ

17.チョウゲンボウ  18.オオバン  19.イソシギ  20.ハマシギ  21.ホウロクシギ

22.ユリカモメ  23.ウミネコ  24.セグロカモメ  25.ホイグリン系  26.キジバト

27.ドバト  28.カワセミ  29.ヒバリ  30.ハクセキレイ  31.セグロセキレイ

32.キセキレイ  33.タヒバリ  34.コシアカツバメ  35.ヒヨドリ  36.モズ

37.ジョウビタキ  38.イソヒヨドリ  39.ツグミ  40.ウグイス  41.ツリスガラ

42.ホオジロ  43.オオジュリン  44.カワラヒワ  45.スズメ  46.カササギ

47.コクマルガラス  48.ミヤマガラス  49.ハシボソガラス  50.ハシブトガラス

51.キュウシュウジカ

 

カササギ303種目!!

コクマルガラス304種目!!

 

まだまだ続きます。

次回はツル!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

鹿児島探鳥会2007!!~26日~

12月26日~30日まで鹿児島で鳥見してました~!!

その探鳥記をつらつら書いていきますさかいに。

 

~~26日~~

AM4:50。自宅(神奈川)を出発する。

青春18切符で鈍行ガタンゴトンの旅。

初っ端、小田原駅で熱海行きに乗り換えなきゃいけないところ、寝過ごしてしまい、一気に予定が狂う!!

徹夜だったし、、、電車の中暖かかったし、、車両に誰もいないからちょっとねっころがっただけなんだけどね・・・。だめだった。。。テヘっ♪

まぁ、ヤバイ状況になったけど、まだ間に合いそう!!

 

ガタンゴトン

 

Huukeia1226  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れてるね~。

名古屋駅を越すと、もう両脇は農耕地か山。ず~っとね。

 

Huukeib1226  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮にも俺は鳥屋!!いつでもどんなときでも鳥を見るのさ!!

たとえばここは滋賀県。

西日本で、こんな風景。。。

 

Miyamamure1226  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほらミヤマガラスの群れがあった!!

一瞬コクマルほど小さいのもみえたような気がしたけど、写真に写ってないからボツ。

しかし電車に乗りながら鳥撮るって難しいね。

いきなり出てくるし、すぐいなくなるし。

 

そんなこんなで鳥見しながらどんどん西へ向かう。

ノスリが電車と平行して飛んだり、ミヤマガラスの群れに何度もであったり。。。

 

さて広島は尾道!!

ここで夜ご飯、尾道ラーメンを食う!!

・・・予定だったけど、初っ端の小田原での乗り換え失敗のせいで不可能に・・・。

うぅ、ずっとご飯食べてない。。。

 

さて、そんなこんなで23:44。

Simonoseki1226  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下関到着!!

やっとご飯が食べられる・・・!!

今日はココで一泊っと。

 

もちろん旅館などはまったく予約等していないため、探すところからはじめる。

う~む、カプセルホテルやビジネスホテルがいっぱいあるね~。

ビジネスホテル、トイレ風呂付一泊3900円か~、安いね♪

 

Karaoke1226  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけでカラオケのフリータイムで歌っては寝てを繰り返す。

そんで朝まで持ち越すさ!!

ビジネスホテル?高いもん。ここなら1625円だもん、歌えるし。

 

まだ九州にすら着かないこの旅。

若くてヒマと時間があるからできるんだね。(注:お金はマジでない)

 

KIROKU(すべて電車内から)神奈川~下関

1.カイツブリ  2.カワウ  3.ダイサギ  4.アオサギ  5.カルガモ

6.ヒドリガモ  7.スズガモ  8.トビ  9.ノスリ  10.チョウゲンボウ

11.ユリカモメ  12.キジバト  13.ドバト  14.ハクセキレイ

15.モズ  16.ジョウビタキ  17.スズメ  18.ムクドリ

19.ミヤマガラス  20.ハシボソガラス  21.ハシブトガラス

 

鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (平凡社ライブラリー) Book 鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (平凡社ライブラリー)

著者:ハラルト シュテュンプケ
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

↑今回の電車旅のお供!!

マジいいよ、鼻行類!!感動するよ、鼻行類!!

だって鼻で歩くんだよ!!

鼻でびよ~んってするんだよ!!

全長2mmで血管も肛門も無い哺乳類もいるんだよ!!

こんなトンでもない哺乳類が絶滅してしまったことが悲しいところだけど、まぁ、まだヘッケルムカシハナアルキの類似種だけはまだ現存してるからね。

ってことでおすすめ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年2月 »