« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月24日 (木)

すくすくセイタカシギ

明日はテスト(あ、もう今日だ)で、明後日はレポート3つに課題が2つ。

俺は現実逃避のプロなのでブログいじいじ。

 

 

日々、急成長するセイタカシギ。

ってことで7月19日のセイタカシギです。

Seitakaa080719  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすっかり生え揃ってしまった風切。自由に空飛べちゃうほど。

ここまでくるともう憎っきアオダイショウは怖くない!!

 

 

バタバタ動画。

風があると翼を広げて飛ぶ訓練、みたいな行動を今でも見せる。あ、この動画は違うけどね。

Seitakab080719  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後は暖かく、くつろぎタイム・・・。

脚が長くなってくれたので、直接頭掻きもお手の物。

俺的予想では手前が♂、奥が♀。

根拠はないけど行動や羽衣も見てる限りではそう思う。

 

Seitakac080719  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いえっへ~い♪

 

 

この採餌の方法は初めて見るものだった!!

まさにヘラサギがやる行動!!まさか今更になって新しいことを知るとは・・・。

知ったつもりになっても、知らないことのほうがたくさんあるのが普通だもんね。

 

Seitakae080719  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ・・・暖かい。。。

  

Seitakad080719  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐぅ。。。

 

かわいい・・・。。。

かわいいと思いつつ、この独特な鼻溝で個体識別できないか模索中でもあったり。

 

Seitakaf080719  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝ながらお食事。

ったくお行儀が悪いったらありゃしないよっ!!

 

Seitakag080719  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸の縦斑がやけに目立つセイタカシギひな。

・・・何気に幼羽って初めて見たかも。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

Young探鳥会

今日はYoung探鳥会っていうのに参加。

前日はサギの文献を読んでいて一睡も出来なかったけど、まぁ、寝て休日終わるのもいやだし、参加。

今回の探鳥会は、大磯の海岸で甲殻類を見つけまくろう!!って内容。

・・・え、あれ、違ったわ。アオバトだったわ。

 

そんなこたぁお構いなしに、俺はカニ探し。

Aodougane080721  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず最初に見つけたのはアオドウガネAnomala albopilosa

やらせ風の写真だけど、やらせじゃないよ。

Oomizu080721  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死んだカニやヒトデを探すも、一向に見つからない。。。

でもオオミズナギドリCalonrctris leucomelas は見つかったのでちょっとお得な気分♪

体には魑魅魍魎が恐ろしいほどいて、写真撮るのもためらうほど。

あ、大磯でオオミズナギ拾ったの(拾ってないけど)初めてだ!ほへー

 

そのあとは海水浴客に混じってカニ探しするもマジで見つからない~。

イワガ二ぐらいはいると思ってたんだけど、、、客が多すぎなのかな?

フナムシはそこそこいるけどマッハ8で逃げるから写真撮れないし。

Kai080721 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方ないから普段は撮らないであろうエボシガイLepas anatiferaを撮る。

コイツ、名前は「エボシガイ」だけど貝の仲間ではなく、どちらかというとカニに近い。

貝は軟体動物門、カニは節足動物門。だいぶ上のレベルから違うんすよ。

 

Aobato080721  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aobato2080721  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、そういえばアオバトTreron sieboldii sieboldii もいたっ!!

俺はハトはだいぶ専門外だから詳しくないんだけど、アオバトは今Treron 属とSphenurus 属、どっちで分類されているんだろうか?トレロンがいいな~、覚えやすいし。

 

アオバトはよく飛んでくる。みんなが観察している中、俺は後ろのミズナギドリの識別。

確かにほとんどオオミズナギドリだったけど、数羽ハシボソミズナギドリPuffinus tenuirostris と思われる個体もいた。

オオセグロカモメはずーっとブイの上にいたけど、結局誰にも気付かれることはなかった。

そんな別なもんばっか見てたからか、アオバトはあんま見ていない。。。

 

その後は昼飯食って、本屋寄って帰宅。

徹夜だったから家でぶっ倒れたように寝ちゃったよ。

 

キロク

1.オオミズナギドリ  2.Puffinus sp. (ハシボソだろうね)  3.ウミウ

4.アオドウガネ  5.カルガモ食痕  6.トビ  7.フナムシ

8.ウミネコ  9.オオセグロカモメ  10.エボシガイ  11.キジバト

12.アオバト  13.カワラバト  14.スズメ目の鳥

 

 

サギ類の文献みつからない。とりあえずダイサギとチュウサギの交雑個体の文献かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

富士周辺生き物探索~12日~

Huji080712  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝5時起き。

この日は全然霧がなく、いろいろと見やすい感じだけど、明るいせいなのかもう小鳥の囀りピークが過ぎちゃってる。

なので基本種だけ押さえて、移動!!

 

Jukai080712  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってなわけで樹海へ!!

やっぱり鳥いないけど・・・。日が差して明るっぽくても写真撮るには暗すぎる。。。

リスがいたのはよかった。

その後、湖(名前忘れた)に行くも、やっぱり鳥いない。

 

なので蝶を追っかけつつ、たまに鳥を探す感じに。

Tumi080712a そしたら上空にツミAccipiter gularis gularis 成鳥雄がっ!!

しかもなんか獲物を持っているときたもんだ!!急いでテレコンを付け、設定を変え、無事撮影に成功~♪

最初は「バンの雛?」と思っていたこの獲物も、写真を見返すとどうやらツミ雛のようだ。

オオタカ雛かもしれんけど、とにかくAccipiter だ!!

Tumi080712b  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tumi080712c  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイタカの雌成鳥はハイタカ雄成鳥を捕食するというのは報告されているけど、こういう雛を食べる、というのは聞いたことがない。兄弟殺しでもなしに。

ちょっと論文検索してみたけど、日本語のは出てこなかった。

ちなみにモビングしているのはツバメ(笑)

ツバメは、とりあえず猛禽にはモビングしとくみたい。よく見る光景だわ。

 

ある程度上空で旋回したら、山の向こうに消えていった・・・。

で、その場所で蝶を探していたら今度はチョウゲンボウが来たっ!!実は猛禽ポイント?

 

その後は朝霧高原に向かう。

途中、適当な高原で降り、クマタカ探し。(クマタカ見たいから、毎回山の頂上を見渡す。)

そしたらついにクマタカを発見!!これをやり続けて3年、初めてこの方法でクマタカ見つけたわ~♪

ちなみにクマタカは3年ぶりの出会い。なかなか出会えないんすよね。

写真は撮れないほど遠い山(ゴマ粒以下には写ったけど・・・)、5km先とかそんな距離。

めちゃ遠いけど、本気で嬉しかったー!!

 

Yama080712  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、朝霧高原に到着♪

ここではみんなバラバラに行動。目的の生き物を求めて。

わたしゃアカモズ狙い。だけどこういうときに限ってまったく出てくれない・・・。

Hiyodori080712 出てくるのは幼鳥みたいな成鳥のヒヨドリ。

第一回夏羽かもしれないけど、いかんせん成鳥と似すぎ。俺の識別できる範囲は第一回冬羽までだ。

そういえばだいぶ前にヒヨドリの雌雄識別の論文手に入れたんだけどまだ読んでないや。どこやっちゃったかな?

今探してみたけど見つからないからいいや。

Hoojiro080712 ホオジロは親子でいた。

この日は休日で観光客、鳥見人が多く、とにかく鳥が遠い。。。

基本種しか姿を見せてくれないし。

 

 

こんなんでおしまい。

12時に朝霧高原を出発し、岐路に着く。

途中温泉に入り、スーパーさっぱり。露天風呂にはやけにヒメアマツバメが多く、近くで繁殖していたのかも。

 

専門が違うやつらでの遠征は勉強になっていいね。

 

キロク

1.ダイサギ  2.トビ  3.サシバ  4.ツミ  5.クマタカ

6.チョウゲンボウ  7.キジ  8.コジュケイ  9.キジバト

10.カッコウ  11.ホトトギス  12.ヒメアマツバメ  13.コゲラ

14.ツバメ  15.キセキレイ  16.ハクセキレイ  17.サンショウクイ

18.ヒヨドリ  19.モズ  20.アカモズ  21.クロツグミ

22.ヤブサメ  23.センダイムシクイ  24.メボソムシクイ

25.コヨシキリ  26.オオヨシキリ  27.キビタキ  28.コサメビタキ

29.コガラ  30.ヒガラ  31.シジュウカラ  32.ヤマガラ

33.メジロ  34.ホオジロ  35.アオジ  36.ホオアカ

37.カワラヒワ  38.イカル  39.スズメ  40.ムクドリ

41.コムクドリ  42.オナガ  43.カケス  44.ハシボソガラス

45.ハシブトガラス

 

2日間の合計記録

1.カイツブリ  2.カワウ  3.ダイサギ  4.アマサギ  5.コサギ

6.トビ  7.ツミ  8.オオタカ  9.ノスリ  10.サシバ  11.クマタカ

12.チョウゲンボウ  13.キジ  14.コジュケイ  15.イソシギ

16.キジバト  17.アオバト  18.カッコウ  19.ホトトギス

20.ヒメアマツバメ  21.アカゲラ  22.コゲラ  23.ツバメ

24.イワツバメ  25.キセキレイ  26.ハクセキレイ

27.サンショウクイ  28.ヒヨドリ  29.モズ  30.アカモズ

31.イワヒバリ  32.クロツグミ  33.ウグイス  34.ヤブサメ

35.センダイムシクイ  36.メボソムシクイ  37.コヨシキリ

38.オオヨシキリ  39.セッカ  40.キビタキ  41.コサメビタキ

42.コガラ  43.ヒガラ  44.シジュウカラ  45.ヤマガラ

46.メジロ  47.ホオジロ  48.アオジ  49.ホオアカ

50.カワラヒワ  51.イカル  52.スズメ  53.ニュウナイスズメ

54.ムクドリ  55.コムクドリ  56.オナガ  57.カケス

58.ハシボソガラス  59.ハシブトガラス

 

59種・・・。少ねー!!

59ってことは赤点ですね、、、最履修せねば。

ツグミ科がクロツグミだけってのが痛いね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

富士周辺生き物探索~11日~

~11日~

 

朝5時半に起きる、なかなか霧が濃い。さすが朝霧高原。

荷物だらけの車内でミチミチ寝たからか首が痛いし。。。

そんなんでも鳥身開始!!

Hooaka080711 ホオジロが鳴きまくる中、1羽だけホオアカEmberiza fucata fucata がいてくれた!!

めっちゃ遠くで霧が濃いっていうね、鳥屋泣かせな子。

そういえば初めてホオアカの囀りを識別でけたっ♪鳴き声苦手だから、こういう時は狂気するほど嬉しい。

地鳴きは前から出来たんだけどね。不思議なもんです。

この後奥の林道を歩くも、特に鳥は出ない感じ。鳴き声はするけど。。。

Kiji080711 そんでまた高原側に行くと、キジPhasianus versicolor がびちょびちょになっていた!!

昨夜の雨+朝露でこんなことに。地上性の鳥は大変だね。

なんかこんな色合いのキジ♀を見たのははじめてかも。この子は成鳥であるが(頭骨で判断)、普段見る子はもっと淡~いイメージが強い。

コウライキジ♀では無いし、山地のキジはこんなもんなのかも。

一応分布域的にはトウカイキジP. v. tohkaidi  だけど、もう区別できないのが悲しい・・・。

 

Akamozu080711 低木を見ればアカモズLanius cristatus superciliosus がっ!!

今回の目的の鳥であるアカモズ、初見~♪シマアカモズ、カラアカモズは見てるんだけどね、アカモズはなかなか見る機会ないよ。

ここでは個体数はそこそこ多く、普通に見られた。でも幼鳥が多いのが悲しいけど。。。

なぜかアカモズはうまく写真撮れなかった。ピントが合わないったらありゃしない!!

しかも警戒心が強いのか、なんかよく逃げるし・・・。

Kougennmozu080711 高原モズLanius bucephalus bucephalus はあまり逃げない。

高原モズはもう何度か見ているが、すべて平地で。高原で高原モズを見たことが無かったので、今回はかなり狙っていた鳥!!

でもあんまり灰色灰色してなかった。でも頭部や脇の茶色は薄めだし、後頭部は灰色。高原モズ、なのだろう。

でもちょっと下ったところにはモズがいたので、高原モズと呼ばれるものの分布域がどうなっているのか非常に気になるところ。。。

マジもんの高原モズは、オオモズやヒメオオモズとの識別が難しいほど灰色なので、これはいつか絶対見て、識別してやりたい!!

 

Himekimadara080711 ちょっと移動すると、鳥はほとんどいなくなる。ノスリが日光浴していたり、ホオジロがチュピチュピしていたり、コヨシキリがぎょぎょしーってしてるけど、そんなもん。

そんなんだから蝶をちょこちょこ撮ってみたり。

これはヒメキマダラ?調べてみたけど難しいね、ここらへん。

この後、この場所でイワヒバリが撮影された。悔しいね、こりゃ。。。見たかったよ。

 

Amasagi080711  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は本栖湖へ。

山に来てアマサギBubulcus ibis coromandus に出会えるとは思ってもみなかったわ!!

家に帰ってきてから気づいたけど、左側にコサギEgretta garzetta garzetta が混じってたし。

他にはイソシギやカワウ、カイツブリなど。そこそこ観察でけたね。

Kogera080711 本栖湖周辺には明るめの森がある。リスがいるみたい。エビフライだらけ。

そこで見つけたのはコゲラDendrocopos kizuki seebohmi  の幼鳥!!

かわいい~、コゲラマジ好きすぎる!!

この場所にはニュウナイスズメもいたらしい。そりゃいるはずだけど、俺が見たのはすべてスズメだった。ぷー。

Sijuukara080711 ここのカラ混はコガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、キビタキ。

キビタキ、メジロはあれだけど、カラ類は見た限りではすべて幼鳥だった。

写真は葉っぱに翼が引っかかっちゃったシジュウカラParus major minor 。

別にあわてる様子は無く、引っかかってるのを楽しんでいるかのよう。

この細い枝でブランコ的なこともしてたし。文鳥みたい。

 

Yama080711  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼ごはんを食べたあと、なんか林道を登った。

結構疲れる林道だけど、眺めはいいためなんか鳥が出ると期待した。

・・・けど、結局鳥はほとんど出ず、林道の終点まで登りきってしまった。

オオタカはいたけどね。

なんて言う山だったんだろう、この山は。

 

その後は疲れた身体なのに、夕方の樹海の中を延々と歩き回る。。。

ここも基本的には鳥が出ない、というか生き物が少ない。

余計に疲れる。。。

Kurotugumi080711 でもそんな中、クロツグミTurdus cardis が目の前でチョコチョコしてくれた!!

この日、クロツグミの出会いは4回目。朝霧周辺はクロツグミが多かったが、写真は撮れない・・・。

といっても樹海の中はハイパー暗いため、これまた撮りにくい。。。

ま、こんな写真でもクロツグミの写真撮ったのはこれが初めて!!嬉しいね、こりゃ。

 

この後も樹海の中を延々と。日が沈むちょっと前ぐらいまで中を歩き回り、怖くなりながら急いで戻った。

夕方6時?7時ごろのナイトドライブではウリ坊×3、シカ×4、クロツグミ♀×1が出てくれた。

 

朝霧高原でナイトハイクしたらホオアカが地鳴きってた。

 

就寝は2時半。テントあるのにやっぱり車中泊。。。

 

キロク

1.カイツブリ  2.カワウ  3.アマサギ  4.コサギ  5.トビ

6.オオタカ  7.ノスリ  8.クマタカの羽  9.キジ  10.イソシギ

11.キジバト  12.アオバト  13.カッコウ  14.ホトトギス

15.ヒメアマツバメ  16.アカゲラ  17.コゲラ  18.ツバメ

19.イワツバメ  20.ハクセキレイ  21.キセキレイ  22.ヒヨドリ

23.モズ  24.アカモズ  25.イワヒバリ  26.クロツグミ

27.ウグイス  28.センダイムシクイ  29.コヨシキリ

30.オオヨシキリ  31.セッカ  32.キビタキ  33.コガラ  34.ヒガラ

35.シジュウカラ  36.ヤマガラ  37.メジロ  38.ホオジロ

39.ホオアカ  40.カワラヒワ  41.イカル  42.スズメ

43.ニュウナイスズメ  44.ムクドリ  45.カケス  46.オナガ

47.ハシボソガラス  48.ハシブトガラス

 

アカモズ初見~

 

~12日~編に続きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

富士周辺生き物探索~10日~

7月10~12日まで、富士周辺で生き物探し。

出発の2日前に企画し、出発前日にレンタカーを借りるという、とにかく計画性が無さ過ぎる旅。そのためか、とにかく人が集まらなかった。テスト前だしね。

 

行くところもほとんど決まっていないが、いつものこと。その場その場でいいとこあったら生き物探し。無計画は楽しい。

 

ということで10日の夕方7時、朝霧高原に向けて出発!!

Gac080710 山に入ると、あいにくの雨。やだやだ。

それでも自販機には蛾が集まっていた。

みんな傘を差しながらの撮影会。俺を除いてみんな変人だわ。

この蛾はとてつもない腕の持を持ってた!!びよーん。

種名はしらない。何科かすらわからんよ。

外灯や自販機はとにかく面白いから、いいところがあれば、停まって蛾探し。

 

Ga080710_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大量に蛾が集まっていたのは、2個のどでかいライトに照らされている、なんか金属のでかい柱的なもの。

通称「モスタワー」

雨でも蛾がとてつもなくへばりついている!!

 

Moriao080710_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蛾を食べにきていたのか、モリアオガエルがいた。

チョコエッグのフィギュアを見て以来、「ステキガエル」と思い続けていた子。やっと会えた・・・。

 

Gab080710 別の場所でも蛾ポイントを発見!!

蛾はとにかくいるんだけど、雨だったり小雨だったり、なにかとめんどう。なんか蛾小さいし。

これはヨツボシホソバ雌でしょ?いや、そうだろう。うにゃうにゃ。

となりはヨコバイ?ウンカ?わからんぴー。

 

 

Shanai080710  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで11時に朝霧高原に着き、その後はナイトドライブ。

哺乳類はイタチだの、テンだの。テン全然見れなかったー。

2時ごろ就寝。

テントを持ってきたのに車中泊。使いもしないテントはとにかく邪魔で、俺の寝場所を思いっきり奪っていた。。。

 

記録

ムシ、テン、イタチ、カエル、ヘビ。

 

~11日~編に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »