« 銚子のカモメ当たり!! | トップページ | ウグイス Japanese Bush Warbler/Cettia diphone »

2009年2月19日 (木)

ウミスズメ Ancient Murrelet/Synthliboramphus antiquus

Umisuzume090218ue  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウミスズメ Ancient Murrelet/Synthliboramphus antiquus

毎日拝み倒すほどステキな翼。

黒ではなく,青灰色ってのも良い(クロツグミ1wと同じ色)。

 

初列風切・・・11枚   次列風切・・・9枚   三列風切・・・5枚?

初列大雨覆・・・10枚   初列中雨覆・・・10枚   初列小雨覆・・・7枚?

次列大雨覆・・・17枚   次列中雨覆・・・12枚  次列小雨覆・・・∞枚

小翼羽・・・3枚  手根骨羽・・・1枚?2枚?変な感じ

下雨覆類・・・もふもふしてて数える気起きないわ~(ノ∀`) アチャー

 

とにかくステキな翼!!これは神だ!!

Umisuzume090218moguru  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この形にすると潜ったり,泳いでるシーンが頭をよぎる・・・。

翼標本の楽しみの一つだね。

 

Umisuzume090218ura  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翼下面は白い!!

でもただ白いだけでなく,下初列雨覆周辺および翼角は黒斑は入り混じり,羽根屋が喜びやすくなっている。その点では素人向けだと思われる。

 

本種はカンムリウミスズメと酷似するが大きさが異なり,箕輪(2007)によるとウミスズメの翼長が130~143㎜,カンムリウミスズメの翼長が113~132㎜とされている。

よって翼長が130~132㎜だった場合は素直に諦める。

ちなみに本個体は翼以外の部位は残っておらず,同定は翼長のみで行った。

翼長は134㎜でずいぶんと危なっかしいことしてくれるが、ウミスズメとした。

 

 

今回の翼標本は上腕骨を残したため,やけに立体になり撮影が困難だったお。

 

 

引用文献

箕輪義隆(2007): 海鳥識別ハンドブック. 文一総合出版, 東京. 80pp.

 

|

« 銚子のカモメ当たり!! | トップページ | ウグイス Japanese Bush Warbler/Cettia diphone »

コメント

感動した!!

う、美しいなぁ…
カンムリウミスズメが波間を飛んでるのを見た記憶が蘇ってきました。海鳥の翼は素敵だねぇ♪

てかどれも感動するんだけど。
たまむさん、いい仕事してますな。
これからも楽しみにしてますよ!


あと下の記事だけど宮が瀬のカヤクグリなつかしい~今年もいっぱいいるんだね! 冬の最後に鳥見に行きたいところなんだけど、忙しくて無理そうなんだああ残念だああ

投稿: めけて | 2009年2月19日 (木) 23時31分

感動してくれましたか!ありがとうございます~
 
海鳥の翼ステキすぎですよね。そういえばメケテさんリュウキュウヨシゴイとかどうしたんすか?遠い遠い昔にあげたハマシギとか?
 
今日は寝れないんで翼もう一個アップしちゃいますわい。
 
 
カヤクグリ、今年なんか簡単に見れますよ!一緒に行った時なんかより全然!
ミヤホやヤマセミはなかなか見れなくなりましたが。。。

投稿: たまむ | 2009年2月21日 (土) 04時47分

あがが

あれらは…処理する時間がないままに、タハラ氏の冷凍庫に入れてもらってたため沖縄移住の際に捨てられてしまいました…本当にすまない。ごめん。もうしません。むしろ手に入れたらもう君に送る。

カヤクグリも見に行きたいけど、あいつらも見たい~!
もうね、ただでさえ少ない鳥見に行ける日にいったいどの地を選ぶべきかものすごく迷うよ。辛いぜ。全部行きたいがや。

投稿: めけ | 2009年2月25日 (水) 00時00分

あががが
 
なかなか酷い・・・。
 
社会人とか鳥見に行ける日少なすぎですよね。
俺は耐えられないかも・・・。
 
カヤクグリは毎年冬の間見れるんで、後回しで。
で、あいつらを一日ではしごして一気に見ちゃうとか。。。

投稿: たまむ | 2009年2月25日 (水) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/28201107

この記事へのトラックバック一覧です: ウミスズメ Ancient Murrelet/Synthliboramphus antiquus:

« 銚子のカモメ当たり!! | トップページ | ウグイス Japanese Bush Warbler/Cettia diphone »