« マレーシアで探鳥⑥ | トップページ | マレーシアで探鳥⑧ »

2009年4月 4日 (土)

マレーシアで探鳥⑦

3月10日

朝食を食べたら鳥見開始。

まずは10番へ行くことに。

Akamozu090310 最初に出てくれたのはシマアカモズLanius cristatus lucionensis 。沖縄で見る個体よりもだいぶ薄く感じた。

ここは標高1800m。高原モズのシマアカ版、高原シマアカモズとかなのかも。

タマンネガラ国立公園ではモズを見る機会が無かったし(仲間がチゴモズの撮影をしていたけど)、なんせシマアカだからかなり懐かしく思えた。

沖縄以来だね。

 

さて10番入り口。

ここの入り口には花の成る木が2~3本あり、そこに高密度に鳥が集まっていた!!

Haimunekumokari090310 一番よく目に付くのは、このハイムネクモカリドリArachnothera sffinis modesta だろうか。かなりすばしっこく(エナガ以上)、個体数把握はめちゃ困難。

本個体は幼鳥のようで、図鑑に載っていなく同定が容易ではなかった。私のCPUをフル活動して、図鑑のタイヨウチョウコーナーの英文を訳すことで、やっと同定できた。

で、クモカリドリ!Spider Hunter!

てっきりクモカリドリ類ってのはクモばっか食っているもんだと思ってたけど、そんな場面は見ることが出来なかった。みーんな密吸っちゃって。

その他、同じ木にキムネメジロZosterops everetti wetmoreiブッシュ帯ではアオメモリチメドリStachyris erythroptera erythroptera が見られた。アオメモリチは文献上では標高800mまでしか分布していないことになっているが、まぁ、あの奇抜な姿は間違えません。アオモリチです。

 

ある程度、鳥と蝶を観察したら10番内へ。

Gosikisoudi090310 基本的に鳥は見つけにくい環境で、見られるのはシキチョウCopsychus saularis musicus と、このゴシキソウシチョウLeiothrix argentauris tahanensis ぐらい。

ゴシキソウシチョウは初見で嬉しいけど、うようよ大量に出てくるもんだから、基本種なんだとすぐ気付いた。

「黄色い鳥だ!」と思って双眼鏡にいれるとコイツで、がっかりするということもままある。

とくに10番は鳥も出ないので帰ることに。

Siroharaana090310 Tanah Rata に限ったことではないけど、街中ではシロハラアナツバメCollocalia esculenta cyanoptila が大量繁殖しちょる!

「腹部が白く、識別は容易」と言われている本種だけど、巣にすっぽりはまっているともちろん腹部は見えないし、飛んでいても腹の確認って難しいし(影になっちゃってる)。

飛翔しか載っていない図鑑を使っていたから、この営巣シーンでの同定は大変だったよ!!

 

昼食後は4番へ。仲間が午前中に行き、ベニサンショウクイとノドジロオウギビタキが撮影してたもんで。

 

Kosame090310  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口まで行くとこんな子がいた!!

マレーシアはヒタキ類多いし、♀なんか識別できる自信が無い。

けど、こいつは違う。日本で見まっくったやつだ。

全く迷い無くコサメビタキMuscicapa dauurica dauurica だと分かった。亜種も一緒だし、日本での経験が活かされたね~♪

マレーシアにはコサメビタキの激似種、ミナミコサメビタキM. williamsoni がいるわけだけども、違う。これはコサメビタキだ。識別点はようわからんけど、経験がそう言ってる。

 

4番は鳥は多い。けど、案外暗いし、ちょこまか系の鳥も多いこともあって写真は撮れない。

Kinoko090310 撮れるのはこういった逃げない、怪しげキノコぐらい。

これは毒でしょう。毒々しい!

鳥は一回だけズアカキヌバネドリHarpactes erythrocephalus chaseni が出てくれた!ケツァールけつぁーる!!カザリキヌじゃないけどね。。。

あとはアカハラシキチョウ、キゴシタイヨウチョウ、マユグロチメドリなど。基本種だけど、やっと初見!

 

4番見たあとはバスに乗り、Brinchang ブリンチャンに移動。

 

とりあえず宿へ。そこでなんかいろいろあり、

Apato090310  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿ではなく、高級アパート一室を借りてしまった♪

リビング+部屋3室、ダブルベット×4、トイレ・シャワー室×2。。。

テレビを付けるとビーダマンがやっていて、無駄に懐かしい。

 

こんな快適な部屋にいると堕落してしまうから頑張ってフィールドへ。

もう5時なので、下見がてら簡単に鳥見。

Himaraya090310 1番へ行くとヒマラヤアナツバメがCollocalia brevirostris がちょこちょこと飛んでいる!!

大部分がシロハラアナツバメのように感じたけど、白くて目立つシロハラアナばっか追っかけちゃってるんだろうな。

地味~なヒマラヤもそこそこいたと思う。

この写真は夕方6時撮影。曇ってきてるのもあって、すばやいアナツバメは撮りにくいよ。。。

Taiyouchou090310 帰り道では民家の生垣でムナグロタイヨウチョウAethopyga saturata wrayi を発見!!

コイツは恐ろしいほど小さいよ!!びっくりした!

キクイタダキよりも小さく感じた。ってか最初虫だと思った。

全長は11~15㎝。しかし長い嘴に長い尾羽を含めて11~15㎝だから、体自体は何㎝なんだか・・・。

これまたエナガよりすばしっこいし、露出ミスで酷い写真に。

 

Suzume090310  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スズメPasser montanus malaccensis

もう印象が日本のスズメsaturatus とはもう全然違う!

まず黒い!!沖縄のスズメの黒っぽいけど、それよりも黒い!!

次に小さい!!体小さいし、たぶん・・・尾羽は日本のより短いんじゃないかな?

あとまぁ、体細いね。熱帯だからそこまで脂肪つける必要もないんだろうな。

Mamita090310 草っぱらではマミジロタヒバリAnthus richardi が出現。

マレーシアには激似種のヒママミジロタヒバリA. rufulus が基本種として生息しているが、両種の識別は簡単ではない。

この時も結局分からなかったが、日本に帰ってきてヒメマミジロタヒバリの識別点について調べまくっていると、なんとなく分かってきたような気もしなくも無い。

まず大きさ。マミジロタヒバリの方が3~4㎝大きく、TL20㎝ほどであること。

次に海外サイトを見まくると、ヒメマミジロの尾羽は短く見えること。嘴も短い。

胸の斑は個体差なのか、様々であった。

中雨覆の記述は見つからなかった。

ヒメマミの第一指の爪が長いのかどうなのかもよく分からない。

   =よく分からない。

 

まぁ、写真の個体はよく日本で見るマミジロタヒバリと似ているのでそうなんでしょう。中雨覆が気になるけど大目に見てあげるよ、俺もう社会人だし。

サイト巡りしてて分かった事は、とりあえずヒメマミは尾羽が短い、ということ。本個体はそこまで短くないことからマミタなんでしょう。

マレーシアにコマミジロタヒバリA. godlewskii が生息していなくてホント良かった・・・。

 

夕食後は同じコースをナイトハイク。

Youchuu090310  

 

何もいやしない。

 

 

 

記録

1.同定中(エビチャゲラ?)   2.ズアカキヌバネドリ   3.シロハラアナツバメ

4.ヒマラヤアナツバメ  5.カワラバト  6.アカモズ  7.ハシブトガラス

8.(ベニサンショウクイ)  9.(ノドジロオウギビタキ)  10.コサメビタキ

11.シキチョウ  12.アカハラシキチョウ  13.(コンヒタキ)

14.インドハッカ   15.リュウキュウツバメ   16.同定中(Trichastoma sp.?)

17.(ミナミムシクイ)  18.アオメモリチメドリ  19.マユグロチメドリ

20.ゴシキソウシチョウ  21.キゴシタイヨウチョウ

22.ムナグロタイヨウチョウ  23.ハイムネクモカリドリ

24.マミジロタヒバリ  25.スズメ  26.キムネメジロ

 

続きます。

 

 

働きながらもちみちみ更新していきます。

 

|

« マレーシアで探鳥⑥ | トップページ | マレーシアで探鳥⑧ »

コメント

ん~すごい!!
コサメちゃんは地味ですけど可愛いので好きです♪そして悲しい事に見たこと無い鳥ばっかりでコメント思いつきません・・・・。

青森は寒い所です、ハイ。

投稿: 高橋 | 2009年4月 4日 (土) 00時24分

このキャメロンハイランドは鳥が見やすく、とても面白かったですよ!
 
コサメいいですよね。Muscicapaはどれも可愛いです!いまんとこエゾビが一番ですが。
 
 
青森、まだ寒いでしょうね。。。
いつかそっちに行く機会があったら案内よろしく!!

投稿: たまむ | 2009年4月 4日 (土) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/28921602

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシアで探鳥⑦:

« マレーシアで探鳥⑥ | トップページ | マレーシアで探鳥⑧ »