« マレーシアで探鳥⑦ | トップページ | 三番瀬と葛西で久々シギチ »

2009年4月22日 (水)

マレーシアで探鳥⑧

9月11日

Sikichou090311_2  ブリンチャンでの活動日。

ここは他の地域とは比べ物にならないほどシキチョウが多い町。もうぐっちゃらぐっちゃらと囀っているわ。

今日も1番へ。

ブリンチャンは1番以外行くとこがないんすよ。

 

Akamozu090311 街中で見つけたウスアカモズLanius cristatus confusus と思われるモズっこ。

なんか日本でのウスアカ情報と、マレーシアでのウスアカ情報がごっちゃになってる気がする。。。日本でウスアカって言えば、シマアカモズに似た頭めちゃ白くてお腹もめちゃ白いモズっこだけど、東南アジア図鑑に載っているconfusus はカラアカモズに似ているやつ。

どうなってるんだろうか?日本的に見たらここまで白いのはウスアカモズでいいんだと思うけど。

Lanius ってきらーい。

 

さて、1番へ。山へ上る組と林道ぶらぶら組に分かれて活動。わたしゃ疲れるの嫌いだから林道ぶらぶら組。

山の入り口では様々な鳥が現れる。繁っていて写真は撮りにくいものの、開けてるところだから観察しやすい。

ボタンバトがあらわれて羽繕いを始めたとたん、カンムリワシ(めちゃデカイ!)がやって来て逃げちゃう。マユグロチメドリ、キムネメジロ、ゴシキソウシチョウ、ハイムネクモカリドリが結構高密度にいる。ステキな場所・・・♪

そこに一瞬現れた鳥↓

Chinese090311  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2秒程度しか観察できなかったけど、その色合い、行動は目に焼き付けた!

「チャイニーズヒタキFicedula elisae かっ!?」と思ったけど、なんでまぁこんな尾を上げるのか。

と思いながら、この鳥はわからんな、と。不明鳥確定。

 

 

就職でさびしくなったから先週ぶらりぶらりと大学に行き、

Birds of East Asia (Helm Field Guides) Birds of East Asia (Helm Field Guides)

著者:Mark Brazil
販売元:Christopher Helm Publishers Ltd
Amazon.co.jpで詳細を確認する

後輩が持ってたこの図鑑を奪い取って見たらなんと、尾を上げたチャイニーズヒタキが描かれていた!!

ほうかほうか、チャイニーズヒタキは尾を上げるのか!!ってことで初見~

日本で1回だけ記録のある鳥、ホント嬉しいわ・・・♪

 

Nazo090311  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑本気で謎ドリ。

もうJAPAN, CHINA, TAIWAN, RUSSIA, KOREA, MALAYSIA, BORNEO, SINGAPORE, MYANMAR, THAILAND, VIETNAM, CAMBODIA, LAOS, INDIA, PAKISTAN, NEPAL, BANGLADESH, BHUTAN, SRI LANKA, MALDIVE, とヨーロッパ、東アフリカ、北米の鳥を調べたけど載ってやしない!マジで!

キャメロンハイランドに来てから毎日観察できた種だから基本種だとは思うんだけど、どうしてこうも掲載されていないのか・・・。

↓3月10日に撮影した同種と思われる謎ドリ。

Nazodori090311bbb  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Nazo090311ccc  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面顔・・・。

○標高は1800m

○外側尾羽が白いのかも。

○虹彩は淡黄 or 白、頭部~背~尾はいい感じの茶色。

○下嘴は黄色、脚はピンク。

ムナジロムジチメドリTrichastoma rostratum が似ているが、尾は短い。

キンメセンニュウチメドリChrysomma sinense も似ているが嘴が違う。

鳥に詳しい方、どうか助けてください!!コメント、メール大歓迎!もう1ヶ月以上悩んで疲れました・・・。

 

 

ある程度鳥見たら別の林道に移動。

1ban090311  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしの1番風景。。。

ここにタイヨウチョウが来たりね。

 

Sikichou090311b 帰りもやっぱりシキチョウ。

こんときは♂同士ケンカしてて頻繁に尾羽を広げていた。可愛いったらありゃしない!

シキチョウは囀ってるし、♂同士のケンカはよく見られるし、もう繁殖始まってたのかも。

だからなのか♀はほとんど見ない。今回の遠征でたった4回だけだわ、♀見たのは。

 

Tubame090311 喉が白くなりかけているツバメHirundo rustica ssp. がいた。

この喉が白いのが激しくなるとこの個体になるのかと・・・。

嫌なことにアフリカに生息するノドジロツバメHirundo albigularis って奴がなかなか似ておるんですよ。マレーシア初記録なんじゃないかって疑うぐらい。

あの喉が白い個体を「ツバメ」ってするのは無理がある気がするし。。。

 

そんでアパートにいったん帰って、ケンタッキー食べて、次は2番へ行くことに。

 

しかし、2番は恐ろしく酷いところで鬱蒼とし過ぎで生き物なんか見れないし、入り口もどこだか分からない。

Siranaimusi090311  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収穫はアリグモ、ウンカ、↑この黄色いかなりデカイトンボ、メグロヒヨドリ。

Indian090311 2番は林のくせに、街中のほうが鳥がよく出るっていう。

ケンタッキーの前にいたインドハッカAcridotheres tristis tristis 。

思いっきり騒いでたから、ケンタッキーに対して「鳥肉使うな」抗議でもしてたんだと思う。

鳥界の愛護団体ですね。

 

結局鳥が出ない疲れから、アパートに帰って一回昼寝 ⇒ 夜まで活動せず。

 

ナイトハイクは1番へ。

Tonndemoga090311  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明るい施設にいたとんでも蛾。スーパー毒々しい。。。

 

Kaeru090311  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり透明感のあるカエル。ステキ。

 

Konohazuku090311  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日この木の上でコノハズクが鳴いている。ずーっと「ホオ ホオ ホオ」って鳴いてるのに一度も見ることが出来なかった。

恐らくアカチャコノハズク。見たかった。。。

 

記録

1.ヒマラヤアナツバメ  2.マレーアナツバメ  3.カワラバト

4.ボタンバト  5.カンムリワシ  6.(アカハラコノハドリ)

7.アカモズ  8.ハシブトガラス  9.(ヒタキサンショウクイ)

10.(ムギマキ)  11.インドハッカ  12.チャイニーズヒタキ

13.ツバメ  14.リュウキュウツバメ  15.メグロヒヨドリ

16.(シロスジヒヨドリ)  17.(コンヒタキ)  18.シキチョウ

19.(ノドジマコバシチメドリ)  20.マユグロチメドリ

21.ゴシキソウシチョウ  22.キムネメジロ

23.ハイムネクモカリドリ  24.(ブンチョウ)  25.スズメ

 

もうちょいと続くよ。

 

|

« マレーシアで探鳥⑦ | トップページ | 三番瀬と葛西で久々シギチ »

コメント

鳥肉食うなのインドハッカの主張、最高。
俺みたいに旬の魚を食べるべし。

投稿: ミサゴ | 2009年4月22日 (水) 13時07分

旬の魚もいいですが、私は鶏肉大好きなのでインドハッカには悪いけどケンタッキー結構食べてます笑 

投稿: たまむ | 2009年5月 6日 (水) 00時22分

はじめまして。とっくに解決済みとは思いますが、謎鳥の正体はBlue-winged Minla(Siva)です。2枚目の写真に特徴がよく写っていますね。

投稿: | 2012年10月20日 (土) 10時52分

ありがとうございます!!

ブログ見させていただきましたが、恐ろしいぐらい海外行きまくってますね・・・。羨ましいです。

またなにかありましたらよろしくお願いします。

投稿: しんや | 2012年10月24日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/29220693

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシアで探鳥⑧:

« マレーシアで探鳥⑦ | トップページ | 三番瀬と葛西で久々シギチ »