« ナンヨウショウビン Collared Kingfisher/Halcyon chloris | トップページ | ムシ>キノコ>トリ »

2009年6月16日 (火)

初給与で探鳥会

ってことで、初給料が出たことだし5人で印旛沼へ!!

もう恒例行事。あ、5月31日ね。

 

仕事終わりにそのまま千葉に向かい、早めに着いて寝る。

そして90分寝たら「サンカノゴイいたお~( ^ω^)」っていう声で起こされる。まったく、眠いのに。

Sankanogoi090530c で、サンカノゴイBotaurus stellaris stellaris

まだ朝5時ってこともあってか、もうディスプレイしまくり!しかも警戒心がないのかどんどん近寄ってくる・・・。

ただ、暗いっす。

朝っぱら+曇り=サイテー。

サンカノゴイの羽毛は面白いもんで、寝かしているとき(写真右)と立たせているとき(写真左)では模様がかなり異なって見える。

左の個体の肩羽にある白い羽はいったいどこからでてきたのか?

Sankanogoi090530  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・白い羽?

それにしてもサンカノゴイはステキ。トラフサギラブ。

 

サンカノゴイを1時間ほど観察したらアイドルに会いに行く。

Momoperi090530  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モモイロペリカンPelecanus onocrotalus 。今年も桃色でした。可愛いし。

去年よりもかなり近づけたので調子に乗ってみた。

・・・怒られた!!

近いのでみんなで一緒に記念撮影をしたりなどなど。かなり可愛い。

 

モモペリの後はヨシゴイやらオオヨシキリやらを観察して移動。

Goisagi090530 薄~いゴイサギNycticorax nycticorax nycticorax

サンカノゴイを見た後だと本当に薄くて地味で、なかなか可愛そうな子だと思った。

この近くにはサシバButastur indicus の幼鳥もいて、辺りはヒナヒナが増えてきた。夏になってきたねー。

この後、小鳥多いポイントに行くも特にいない・・・。カワセミぐらいか。

 

で、2時間かけて別の場所に大移動。

その目的の場所に着くともう思いっきり囀っている!!

Oosekka090530a そこで一番簡単に見られるのはオオセッカLocustella pryeri pryeri!!もういたるところで囀りまくってる。

去年霞ヶ浦行ったときは超遠くでちろちろ囀ってるのをなんとか見れた程度だったのに、なんなんだろうここは?

オオセッカは人を恐れず、目の前の枝に停まったりするし、興奮しすぎて心臓に悪いわ。

Oosekka090530b だけど葦が鬱蒼としていて、目の前に停まったとしても見にくいし写真撮りにくいがほとんど。

たまに空けたところに出てきてもすーぐとんじゃうし。

俺らを弄ぶ小悪魔オオセッカですわ。霞ヶ浦の子は弄ぼうともしなかったのに。

それにしてもオオセッカは嘴がかなり小さくて愛らしいったらありゃしない!!オオヨシキリとかでかすぎでしょう。

 

囀るオオセッカ。あたり一面この鳴き声で埋め尽くされるすばらしい場所。

 

Koyosikiri090530 次に多いのがコヨシキリAcrocephalus bistrigiceps bistrigiceps

こいつは警戒心強めで、頑張んなきゃ近づけない。しかも基本遠いし。。。

コヨシキリっちゅうのは別に珍しい鳥でもなんでもないんだろうけど、やっぱ神奈川県民にはなかなか縁のない生き物だから写真をまともに撮ったことがなかった。姿だってまだ数回しか見たことがない。10年前まで座間にいたみたいだけど。。。

囀るコヨシキリ。声があまり聞こえないけどオオヨシキリに似ている。10977

ちなみにここにはオオヨシキリがいないおかしい場所。あたり一面に聞こえるオオヨシキリっぽい声が全部コヨシキリだとわかったときには変な感覚に陥った。

Kojurin090530 次に多いのがコジュリンEmberiza yessoensis yessoensis

コジュリンは「チーッ」ってよく鳴いていて当初メジロかと思った。ただ図鑑を見ると「チッ」って表記になってて納得いかなす。

警戒心が強すぎちゃう子でね、写真撮れても葦原の中とかで、開けた場所に全然出て来やしない。この写真の1回だけなんとか空けた出てきてくれて、もう逃がさないようにドロッドロの道を匍匐前進しながら近づいてった。結果すぐ逃げられたけど・・・。

 

この場所ではオオセッカ>コヨシキリ>コジュリン>ヒバリ>ウグイス>チュウサギ・・・、珍し系が多く生息しているステキスポット。

 

その後は昼飯食って波崎へ移動。

去年アジサシがぐっちゃらわっちゃらいた場所にはコアジが数羽しかおらず、ハジロクロハラとか見つけるのが大変すぎるほど。

Tounen090530 でもシギチがそこそこいてなんとも楽しい。

トウネンCalidris ruficollis は2~3羽いて、スーパーちょこまかしてて可愛らしい・・・。

けど特に誰からも注目されることはなかった。悲しいね。

まぁ、もっと珍しいのが近くにいるから仕方のないことだけども。。。

Haiirohireasi090530b ハイイロヒレアシシギPhalaropus fulicarius!!見てるときは♀だと思ってたけど、こりゃ♂だよね。うーむ。

ハイイロヒレアシとか航路でしか見れない鳥だったのに、目の前を歩いててめちゃ感動しましたがな!

ヒレアシは警戒心が薄く、なかなか逃げないもんだけど、1羽しかいなくて珍しいからかなかなかみんな近寄ろうとしない。じれったくて仕方がなかった。

Haiirohireasi090530c  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度近づいちゃうとみんなが後ろからわらわら付いてくる。やりにくー。

去年、この場所でアカエリヒレアシシギPhalaropus lobatus を確認している。

で、今年はハイイロヒレアシシギ。

この法則が成り立つなら来年はアメリカヒレアシシギPhalaropus tricolor がこの場所にっ!!いえーい♪

Haiirohireasi090530a こんな風に目の前をばびゅーんって飛んでくれたりも。

しかし早すぎる・・・。

なんにせよサービス精神が旺盛すぎる子でした。

 

 

ツバメチドリGlareola maldivarum も1羽確認。とんでもない場所だ。

Koahoudori090530  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コアホウドリDiomedea immutabilis とハジラミ。

ハジラミをいっぱい採取して、不人気昆虫専門の人にプレゼントしたら「こんなにいらないですぅ~」って怒られたそうな。理不尽な世界だと思った。

 

もういい時間になってきた。

最後に銚子に移動。

Katuodori090530 ウミネコとかオオセグロとかウミウとか、そんな基本種軍団の中からなんとかカツオドリSula leucogaster plotus を見つけ出せた!!

しっかし遠いし、暗いし、光もよろしくないし。写真3枚撮って終了。

しかしこのおかげで一日でペリカン目を5種も見ることができた。なかなかできることじゃないよ。

 

Merikenkiasi090530 最後の最後にアビ類狙いで別の場所に移動するもいるのはハシボソミズナギドリPuffinus tenuirostris が一羽と、このメリケンキアシシギHeteroscelus incanus が一羽。

このメリケンは下腹の白色部が多くてちょっと困ったわ。

 

 

これで本当におしまい。

PM5時に帰り始めて、家に着いたのは10時過ぎ。で翌日仕事。

つらかったー!!

 

でもこのメンバーで鳥見は面白いからまた行きましょう。

 

記録

1.カイツブリ  2.オオミズナギドリ  3.ハシボソミズナギドリ

4.モモイロペリカン  5.カツオドリ  6.カワウ  7.ウミウ  8.ヒメウ

9.サンカノゴイ  10.ゴイサギ  11.ヨシゴイ  12.ダイサギ 

13.チュウサギ  14.アマサギ  15.コサギ  16.クロサギ

17.アオサギ  18.カルガモ  19.スズガモ  20.クロガモ

21.ミサゴ  22.トビ  23.サシバ  24.チュウヒ  25.キジ

26.バン  27.コチドリ  28.シロチドリ  29.キョウジョシギ

30.トウネン  31.トウネン  32.キアシシギ  33.メリケンキアシシギ

34.イソシギ  35.チュウシャクシギ  36.ハイイロヒレアシシギ

37.セグロカモメ  38.オオセグロカモメ  39.シロカモメ的な何か

40.ウミネコ  41.ハジロクロハラアジサシ  42.クロハラアジサシ

43.アジサシ  44.コアジサシ  45.キジバト  46.ドバト

47.ホトトギス  48.カワセミ  49.コゲラ  50.ヒバリ  51.ツバメ

52.ハクセキレイ  53.セグロセキレイ  54.ヒヨドリ  55.モズ

56.ウグイス  57.オオセッカ  58.コヨシキリ  59.オオヨシキリ

60.セッカ  61.シジュウカラ  62.ホオジロ  63.コジュリン

64.カワラヒワ  65.スズメ  66.ムクドリ  67.ハシボソガラス

68.ハシブトガラス

 

死体

ハシボソミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ、コアホウドリ、シロエリオオハム、ドバト、ウマヅラハギ、ハクレン、エボシガイ、イワガ二、etc…

|

« ナンヨウショウビン Collared Kingfisher/Halcyon chloris | トップページ | ムシ>キノコ>トリ »

コメント

ペリカンに思わず笑ってしまいました^^
おこってますね。
淡いピンク色がすごく可愛いです!
私も怒られてみたいです。

投稿: 花々まつりか。 | 2009年6月18日 (木) 00時32分

むさい男5人で一気に近寄ったからそりゃ怒られて当然だわな。

噛まれるとね、なんかもふもふして気持ちいいんだけど嘴先端の鉤状の所は痛かった。。。
 
俺ももう一回ぐらいは怒られに行かないと。

投稿: たまむ | 2009年6月19日 (金) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/29955243

この記事へのトラックバック一覧です: 初給与で探鳥会:

« ナンヨウショウビン Collared Kingfisher/Halcyon chloris | トップページ | ムシ>キノコ>トリ »