« 渡り鳥を探しに | トップページ | なぞどり »

2009年10月12日 (月)

ふしょーじ

朝6時に起きて、「今日は本気で鳥見だー!」って思いながら家出たんだけど、「・・・・・・・・・あれ、今日って8時から配水管の工事の日だっけ?」ってなって、すぐさま家に戻り8時半まで待機・・・。あー勿体にぃ。

 

で、8時半出発で9時に到着。

まぁ、到着したころには曇っちゃってね雨もぽつぽつと・・・。

 

海から攻めとくか。

Isikawanoumi091011  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お世辞にもキレイとは言えないゴミ溜めホットラインの石川の海。

死体も流れ着くのか、鳥×3、哺乳類×1、魚×10+、野菜×∞(ナスが優占種

ゴミをひっくり返していくキョウジョシギ(たぶん)

ひっくり返しているのはカニの死体っすね。

Isuka091011 この個体はキョウジョシギに見えないんすけど、皆さんはどう?

嘴がね・・・交差してるんですよ。

ってことはよ!この個体はイスカ類の可能性が非常に高い!!

たぶんキョウジョシギに擬態するイスカの仲間、おそらく新種だろうね。ここまで完璧な擬態はなかなか発見されないだろうからさ。

スズメ目アトリ科キョウジョモドキってとこかな。

 

他にシギチはいないし、カモメ類も特に・・・。

森へ戻るか。

Sendai091011nanokana 入り口にいきなりいたムシクイ。

もう見たとき「???」な謎ムシクイで、顔つきはセンダイちっくなのに頭央線は無し、下面は黄色み帯びてるし。

舳倉のモリムシクイの話を聞いてたから頭の中がこんがらがっちゃってさぁ、大変。

しかも写真撮れても細かい所はPCで見なきゃ分かんないしね。

Sendai091011nanokana2 この写真はカメラのディスプレイで見るとかなり下尾筒が黄色く見えたんだよ。

これは、、、わからん!

・・・と現地では思ったけど、まぁ、メボソだよね。亜種メボソムシクイ。地鳴きは「ジャッ!ジャッ!」だった。

それでも下尾筒ちょっと黄色いなー。

あとはビタキにまかせんべ。

Mamichan091011 マミチャジナイもなんとか数羽確認できた。

この間の台風の時はそこそこ活発に動いてくれてたのに今日はダメじゃ。

 

マミチャジナイとかもう何度逢ったか覚えてないほど出会ってるけど、写真撮れたのこれが初めて。相性わるすぎ。

 

オオルリとかサメ、エゾビタキとかそこそこ出るけど、まぁ撮りにくいのでもっかい海へ。

Umi091011  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風も無くおだやかな海。なかなかお綺麗。

Echizenkurage091011  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにうち上がっていた子。

ここは越前。エチゼンクラゲだろうか。エチゼンクラゲならだいぶ小さい個体だろうけど、それでもでかかった!

 

Ainame091011  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイナメだってさ。 

 

前回、ハジコチが群れてたポイントに行ってみるも、

Hajikochi091011  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河口が枯れて海まで届いてない!!

だからか、ハジコチだけじゃなく鳥が全くいない!こりゃかなしい!

 

じゃまた森へ帰ろう。

Oruri091011 オオルリはぐっちゃぐっちゃいる。

むしろオオルリしかいないってぐらいぐっちゃぐっちゃいる。

もういいかな。さっき見つけたムシクイポイントでずっと張ってるとするか。

 

 

Jobitaki091011 ムシクイポイントにはジョウビタキが来ていた!!

ちょっと前に電話で「ジョウビタキいましたよー」みたいな話聞いた後だったからなんか妙に嬉しかったねー。

まだこの子たちは飛来したばっかで群れで行動していて、ここでは♂×4の群れだった。女の子いねーよ。

ムシクイは出るけど写真はなかなか撮りにくい。

 

Miyaho091011 「目の前のブッシュにムシクイが降りた!」と思ったらなんとミヤマホオジロ様じゃあないですか!!

もう来てるんだね。でも、あっちの島ではシロハラホオジロ、こっちの島ではシラガホオジロが出てる位なんだから、ミヤマぐらいは出るか。一応日本で繁殖してるわけだし。

それでもミヤマホオジロなんてさ冬でも出会えるだけで嬉しいキャラじゃん?それが渡りの時期に偶然出会えるなんてのは全身震え上がるほど嬉しいわけよ。

いやーホントよかった!

気分良くなったからまたムシクイポイントで張り続ける。

でも蚊とね、ブヨ的な奴が多くて辛い辛い。

4時まで張ったけどもう我慢できず。最後に海岸林歩いてイスカ探しをするもそう簡単には見つからないし。

Keriri091011  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅地を飛ぶケリを見て帰ることに。なかなか充実した休日でした。

 

記録

1.カワウ  2.アオサギ  3.ダイサギ  4.マガモ  5.アヒル

6.カルガモ  7.コガモ  8.ヒドリガモ  9.オナガガモ

10.トビ  11.オオタカ  12.オオバン  13.ケリ  14.キョウジョシギ

15.ウミネコ  16.セグロカモメ  17.キジバト  18.ドバト  19.トケンsp.

20.コゲラ  21.ヒバリ  22.ショウドウツバメ  23.ハクセキレイ

24.セグロセキレイ  25.キセキレイ  26.ヒヨドリ  27.モズ

28.ジョウビタキ  29.イソヒヨドリ  30.マミチャジナイ  31.ウグイス

32.メボソムシクイ  33.ムジセッカ  34.オオルリ  35.サメビタキ

36.エゾビタキ  37.エナガ  38.シジュウカラ  39.メジロ

40.ミヤマホオジロ  41.カワラヒワ  42.スズメ  43.ムクドリ

44.オナガ  45.ハシボソガラス  46.ハシブトガラス

 

 

 

 

 

・・・ムジセッカやらかしちゃいました!初見♪

 

|

« 渡り鳥を探しに | トップページ | なぞどり »

コメント

こんばんは

入社半年でもう転勤ですかwobbly
激しいですね。いくつか前の記事を見て、そんな気配でしたが、まさかと思っていました。

いくつか前の記事といえば、サメビタキばかりと言う記述がありましたね。で、心配になりました。ウチの飛島の記事はまちがいだったのかな、と。
よろしければ確認に来てもらえませんか?

教えて君ついでに、ずーずーしく。
台風は、翌日じゃなくて、嵐の最中のほうが渡り鳥を見やすいものでしょうか。
翌日に見に行っても、たいした収穫がなく、ちょっと残念に思っていたところでした。

投稿: みつわ | 2009年10月13日 (火) 00時31分

もう転勤ですよ。忙しないですが、鳥屋としてはそれもまた嬉しいですね!
 
飛島の記事のヒタキは全部エゾビタキで合っていましたよ。
あと最新の記事の???サメビタキ ってのは恐らくルリビタキだと思います。
 
 
台風は通過した翌日の方が小鳥は見やすいと思います。
今回私はアビ類やウミスズメを期待していたので一番荒れている台風の日に行きましたが。休みもたまたま重なったってのもありますが。
台風の日は森林内は暗いですし、写真は撮れたもんじゃなかったですね。

投稿: たまむ | 2009年10月16日 (金) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/31747325

この記事へのトラックバック一覧です: ふしょーじ:

« 渡り鳥を探しに | トップページ | なぞどり »