« 生きてます | トップページ | オオハクチョウ Whooper Swan/Cygnus cygnus »

2009年12月30日 (水)

手取川

Tedorigawa091230  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラの練習は川が適してるんでちょっくら電車乗って手取川へ。

FZ38のデビュー戦っすよ

 

Kamome091230  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カモメの群れがいた。まずは1倍で撮ってみて、

 

Kamome18x15091230  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はテレ端で。ここまで拡大されちゃいます。

光学18倍×テレ1.7倍=30.6倍。スコープ手持ちでやってるようなもんだね。エナガとか追える気がしない。

Kohakuho091230 いろいろカメラ試してる時にいきなりコハクチョウCygnus columbianus jankowskyi が飛んできた!!

初飛びもん。こんなでかい図体の鳥ですらファインダーに入れんのてこずった・・・。30倍は慣れないな~。

コハクチョウに逢えたのはこの一回だけ。

ハクチョウとかガンって北陸までくればいたるところにいるもんだと思ってたのに・・・。まだガンとか出会えてないんだよ。

さてカメラ。

FZ38の高速AFは笑っちゃうほど早すぎた!超一瞬でピントが合う!

公式サイトの「0.29秒でピントが合う」ってのはワイ端時で最高に条件がいい時の話だと思ってたのに、テレ端時でもスピードフォーカスだったとは・・・。

ただ、早すぎてまだ慣れない。。。FZ30の「ウィーンウィーン」ってピント迷ってるのに慣れちゃったからかな。早すぎて慣れないなんて事があるなんて・・・。だからわざとAFを遅くして撮影再開。

Karasu091230 海に行くとハシボソガラスCorvus corone orientalis ばっか。

手取川は鮭が有名みたいで、死体もよくある。それらに群がってカラスとトビが・・・。

小鳥にやさしくない海辺ですよ。カニいないし。

荒波のなかぽつぽつカモは浮いてるけどぜーんぶカルガモだし、やだやだ。

 

Hakusekirei1w091230 やっぱ30倍ともなるとちょこまか系の小鳥が結構大変。

カメラ本体が小さくて持ちにくいってのも難点・・・。手の大きい人には使い辛い。。。

だから手頃なハクセキレイMotacilla lugens で練習。可愛かったです。

 

 

Ojurin091230 ちょっとレベルを上げてオジューリンEmberiza schoeniclus pyrrhulina を。オオジュはかなりいるんだけど、他のホオジロ類が全くいない、手取川変な感じ。ホオジロすらいないなんて・・・。

もちろんシベジュもいやしない。石川県だから念のため出てくるオオジュ全部見たのに。

大分県でも出会えなかったしなー、どこなら出会えるんだか。

 

Hohojirozame091230 川を覗いたらホオジロガモBucephala clangula clangula がいた!

けどすぐ逃げられちまったよ。

カワアイサと一緒に居たんだけどね・・・、共に警戒心強すぎ。

警戒ばっかすんなら狭い川に入ってこなきゃいいのにね。海のほうが天敵も人も少ないだろうに。

 

Tugumi091230 ツグミTurdus naumanni eunomus

今年はツグミが少ない・・・、のか石川県はもともとこのくらいなのか。

神奈川の河川敷と比べたら格段にツグミ類率が低い。ジョウビタキとかいなかったし。

・・・木がね、全然生えてない!!

適当にマツが植えられてたり、よくわかんない葉を落とした木がぽつぽつあったり。

基本葦原なのにホオジロ類も少なくて・・・。困ったところですよ。

Seguromizu091230 だからやっぱりセキレイに逃げちゃうわけで。

セグロM. grandis

丸かったです。

可愛いです。

 

 

Hakuseguro091230  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セグロを見つめるハクセキレイ。

可愛いです、ハイ。本当に。

お気に入りの写真。

 

Taimy091230 もっかいカモメポイントに戻るとなんかタイミール地方からお客さんが来ていた。

手取川って風景もパターンも酒匂川そっくりなのになんでこうも鳥類相が違うのか・・・。

変なカモメ率も格段に低い。。。

真剣に真剣に探してtaimyrensis 1羽だけとか・・・。

 

Taimy091230b 上から。

モンゴルぐらいいてくれてもいいのに・・・。

銚子行きてーなー・・・。遠いなー・・・。

 

私さ、神奈川にいる頃は「石川県とかズルイな」とか思ってたけど、石川に来てから、神奈川とか関東圏の方がズルイ気がしてきた。

情報はかなり飛び交うし、ポイントも多いし、そのポイントまで行く交通の便も発達してるし・・・。

今しかも、神奈川ではハイチュウ近くで撮れるとかで賑わってるし。

・・・と思うと、向こうはカメラマン多すぎてそれはそれで嫌だな。こっちは少なくて、自分で探さなきゃならんってのもいいね。

 

タイミールからのお客さん見たら雨降ってきたので帰り始める。

なかなかクセがかなり強いカメラで、その操作に慣れるまでだいぶ時間かかりそう・・・。

 

記録

1.カイツブリ  2.カワウ  3.ウミウ  4.アオサギ  5.ダイサギ  6.コハクチョウ

7.マガモ  8.カルガモ  9.コガモ  10.オカヨシガモ  11.ヒドリガモ

12.ハシビロガモ  13.オナガガモ  14.ホシハジロ  15.キンクロハジロ

16.ホオジロガモ  17.カワアイサ  18.トビ  19.チゴハヤブサ

20.キジ  21.イカルチドリ  22.ユリカモメ  23.ウミネコ  24.セグロカモメ

25.オオセグロカモメ  26.カモメ  27.taimyrensis  28.キジバト

29.ドバト  30.ハクセキレイ  31.セグロセキレイ  32.ヒヨドリ

33.ツグミ  34.イソヒヨドリ  35.オオジュリン  36.アトリ

37.スズメ  38.ムクドリ  39.ハシボソガラス

 

・・・冬の川原で50種越えないってどうなの?

やばいな、、、もっと頑張らないと!

 

Akahuji091230  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカフジツボMegabalanus rosa

・・・・・・かな?

|

« 生きてます | トップページ | オオハクチョウ Whooper Swan/Cygnus cygnus »

コメント

FZ38面白そうですね!AFが早いとFZでは難しかった飛びものが撮りやすくなるじゃないですか。今度使わせてください(笑)

ところで3枚目の左端に頭丸っこくて、嘴小さくて、ぶふーっていう顔つきの子がいるんですが、これってカナダっぽくないですか?角度の問題ですかね。

投稿: ひたき | 2009年12月31日 (木) 11時40分

あけおめ!!
 
いやー、慣れないっすよ!使えば分かってもらえるけど、このFZの高速AFは飛びもんに向かない!
 
ってか、カナダっぽいね・・・。まったく気がつかなかった。。。なにやってるんだか。
 
次に海荒れたときにもっかい攻めてカナダ出してきますわ。

投稿: たまむ | 2010年1月 3日 (日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/32793241

この記事へのトラックバック一覧です: 手取川:

« 生きてます | トップページ | オオハクチョウ Whooper Swan/Cygnus cygnus »