« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月26日 (木)

かいえび

なんぞそれ?

 

ってかんじだけど、カイエビ。

双殻目カイエビ科カイエビ

Kai20110526131  

その名のとおり、二枚貝でエビを挟んだかのような姿をしている。

今田んぼに行くとこいつがうじゃうじゃうじゃうじゃ。

 

うちんちの目の前が田んぼなので、ちょっと捕まえてきた。

 

Kai20110526132_2  

わしゃわしゃ。

 

鰓脚綱 Branchiopoda
  葉脚亜綱 Phyllopoda

    双殻目 Diplostraca

      カイエビ亜目 Spinicaudata

      カイエビ科 Cyzicidae
        カイエビ Caenestheriella gifuensis (Ishikawa, 1895)

      トゲカイエビ科 Leptestheriidae
        トゲカイエビ Leptestheria kawachiensis Ueno, 1927

      ヒメカイエビ科 Limnadiidae
        ミスジヒメカイエビ Eulimnadia braueriana Ishikawa

        ヤマトウスヒメカイエビ Limnadia nipponica Ishikawa, 1895

      タマカイエビ亜目 Laevicaudata

      タマカイエビ科 Lynceidae
        
タマカイエビ Lynceus biformis (Ishikawa, 1895)

などなど、ウィキペディアみたら種類いっぱいいた。

日本では7種ほど確認されてるみたい。違いわからんよ。

 

わしゃわしゃカイエビ。かわいい。

 

今日は曇り→雨だし、なんか渡りのピーク終わったしで、カイエビ観察。

 

一ヵ月後ぐらいには小指サイズぐらいまで大きくなります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

5/20 普正寺の森

Samebi20110520118  

サメビタキ Muscicapa sibirica

もう渡りのピークは終わってしまい、静かな森。 

それでもまだまだ渡り鳥はいるので、新しい出会いを求めて。

 

Samebi20110520119  

とはいったもののいるのはサメビタキばっか。

コサメ少々、センダイ少々。

 

そんなんで午前中の3時間はサメビタキぐらいしか成果なし。

 

 

Bopposo20110520120  

ブッポウソウ Eurystomus orientaris calonyx

諦めてお昼ごはんモソモソ食べてたら目の前に舞い降りた!!

びっくりしておにぎり落としたけど、これは仕方がない。

 

ブッポウソウを日本で見たのは初めて。

マレーシアで亜種abundus を見たっきり。

 

すんごいかっこいい。興奮しまくってやる気も出た!

 

Akaharatubame20110520122  

電線を見るとアカハラツバメHirundo rustica saturata

下尾筒がガンガン錆色!

 

Soi20110520121  

ムラソイSebastes pachycephalus

・・・らしい。私にはわからんちん。

 

Hiyodori20110520123  

ヒヨドリHypsipetes amaurotis amaurotis

散々歩き回った後は水場でゆっくり鳥見。

 

Mamicha20110520124   

マミチャジナイTurdus obscurus

まだいてくれた。

 

そういえばツグミもジョウビタキも消えた!

先週までは普通にいたのに・・・。

 
Kibitaki20110520125_2  

キビタキFicedula narcissina

たまにちょろんと出てくる。

 

Tanuki20110520126  

タヌキNyctereutes procyonoides

もこもこむちむち。こっちへ向かってきました。

 

Tanuki20110520127  

どうも何度も目が合う・・・。

可愛い。

だけどねタヌキさん、あなたがいると鳥が来ないのよ。

 

Dare20110520128  

のどが黄色い子がやってきた。奥はキビタキ。

 

Dare20110520129  

こんな感じ。

小雨覆がね、灰色に見えちゃう。

 

Dare20110520130  

尾は茶色で背中はオリーブ、

小雨覆は灰色で、のどまっきっき。

 

たぶんね、「珍しい鳥が見たい」って思ってると脳が勝手に珍鳥に変換するんだよね。

 

どうせキビタキとかなんでしょ、とはわかっていてももうダメだ。遅い。

チャイニーズヒタキFicedula elisae にしか見えない。

 

チャイニーズヒタキはもう日本で記録されてるから、、、ってのもあるんだろうな。もうそれにしか見えない。

参った。

だいたい小雨覆が灰色とか上で書いちゃったけど、色つぶれて灰色かどうかわかんないじゃん。けど灰色に見える。

本家本場のチャイニーズはもっとオリーブが強いってのにね。

 

記録

1.カイツブリ  2.アオサギ  3.チュウサギ  4.カルガモ  5.トビ

6.キジ  7.シロチドリ  8.キジバト  9.ドバト  10.ホトトギス

11.ブッポウソウ  12.コゲラ  13.ツバメ  14.イワツバメ  15.ハクセキレイ

16.ヒヨドリ  17.マミチャジナイ  18.ウグイス  19.メボソムシクイ

20.センダイムシクイ  21.オオヨシキリ  22.キビタキ  23.サメビタキ

24.コサメビタキ  25.ヒガラ  26.シジュウカラ  27.メジロ  28.カワラヒワ

29.イカル  30.スズメ  31.ムクドリ  32.オナガ  33.ハシボソガラス

34.ジュウイチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

日本初記録

Hime20110511117  

ヒメフタオチョウ Polyura arja

 

を見てきた。

 

今年、金沢で見つかって国内初記録に。

 

石川県は秘境です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

5/5普正寺の森

Kurutu20110505105

クロツグミ Turdus cardis

 

春の渡り!!始まってる!!

ってことで普正寺の森へ。

 

Mamicha20110505109  

マミチャジナイ Turdus obscurus

ツグミ類わんさか。かわええ。

 

Kosame20110505110  

コサメビタキ Muscicapa dauurica

コサメは少なめ。

 

Ojiro20110505106  

オジロビタキ Ficedula parva

なんかブッシュの中にいるなと思って覗いたら、まさかのオジロビタキ!!

3年?4年ぶりぐらい。すごい嬉しかった。

これだから鳥見は困る、面白すぎる。

 

Ojiroxx20110505111  

かわええ、かわええ。

 

Komuku20110505107  

コムクドリ Sturnus philippensis

電話中目の前に飛んできた。かわええ。

 

Ruribi20110505108  

ルリビタキ Tarsiger cyanurus

これも電話中に・・・。携帯で片手ふさがってるのに。

 

Sendai20110505112  

チヨムシクイ Phylloscopus coronatus

眉斑真っ黒!!コヨシキリみたい!!

・・・って感じだけど、木の枝の影でそう見えるだけ。

 

Hiyodo20110505113  

ヒヨドリ Hypsipetes amaurotis

ヒヨって「ズビャーク ズビャーク」って鳴くよね。オオジシギ。ザザザ・・・・

 

Yamaga20110505114  

ヤマガラ Parus varius

一番好きな鳥。なのに未だにオーストン見たことない・・・。

 

Uzura20110505115  

ウズラシギ Calidris acuminata

田んぼをなんとなく見たらいた!!

ウズラシギとか人生で2回目なんだけど・・・。

最高に可愛いし、興奮しまくり!

 

Uzuraxx20110505116

観客は私のみで、警戒心もないみたい、近づいてくるし。

 

もう鳥面白すぎる。

 

記録

1.カワウ  2.アオサギ  3.ダイサギ  4.コサギ  5.カルガモ  6.トビ

7.キジ  8.ケリ  9.ウズラシギ  10.カモメ  11.ウミネコ  12.キジバト

13.コゲラ  14.ヒバリ  15.ツバメ  16.ハクセキレイ  17.ヒヨドリ

18.キレンジャク  19.ルリビタキ  20.ツグミ  21.クロツグミ  22.アカハラ

23.マミチャジナイ  24.ウグイス  25.センダイムシクイ  26.メボソムシクイ

27.オジロビタキ  28.オオルリ  29.コサメビタキ  30.ヤマガラ  

31.シジュウカラ  32.メジロ  33.アオジ  34.カワラヒワ  35.スズメ

36.コムクドリ  37.ムクドリ  38.オナガ  39.ハシボソガラス

40.アカクラゲ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »