« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

3/30 普正寺の森

Tugumi_243  

本日は普正寺の森へ。

渡りはまだまだだけど、レンジャク類でもいないかなーと思って。

 

Hiyodori_247  

結局レンジャク類はまったくいなかった。

そうなったらお散歩みたいなもん。

 

Kogamo_244  

のっかってた。

 

Kannmurikaitubur_245  

カンムリカイツブリもいた。

 

Ooban_260  

おーばn

 

Tubame_257

ツバメ証拠写真!初認でした。

 

Cho_248  

ヒオドシチョウもいた!

なんかぼろい。こんな雪国で越冬したのかな。

 

Joubi_251  

Joubibi_256  

ジョウビタキは非常に多かったです。

 

Bikunin_249  

ビックニーーーン(◎´∀`)ノ

今日の海は不調だったけど、ビクニン様がお出迎え!

まぁ、ビクニンと言えば2011年11月13日、日本全土・老若男女を激震させたあの大ニュース!

『新種 ノトサイカイビクニン発見!!』

こんなニュースがあればね、私も「よーし、ノトサイカイビクニンの漂着見つけちゃうぞー。」ってなるわけよ。

だから今回は来た!と思ったよ!

 

・・・ビクニンって結構種類いるのね。。。

ザラビクニン、サケビクニン、ノトサイカイビクニンくらいしか知らなかった。。。

 

優秀な方々に問い合わせたところ普通の「ビクニン」じゃないかとのことで。

おさかな難しい。

 

Bikunin_250  

ビクニンのあれ。

 

Karasu_258  

カラスさんがなんか食べてた。

 

Tanuki_254  

タヌキさんはアヒルさんのごはん食べてた。

 

Tanuki_255  

目があった!!

  

Kiji_252

水場で待機してたらキジが水飲みに来た!!

 

Kiji_253  

かっこいい。

 

Aosagi_246  

アオサギがでかくて切れた。

 

おしまい。

 

記録

1.カイツブリ  2.カンムリカイツブリ  3.カワウ  4.アオサギ  5.ダイサギ

6.コサギ  7.マガモ  8.カルガモ  9.コガモ  10.オカオシガモ 

11.ヒドリガモ  12.ヒドリ×アメヒド  13.ホシハジロ  14.スズガモ

15.トビ  16.オオタカ  17.ノスリ  18.チョウゲンボウ  19.キジ

20.オオバン  21.シロチドリ  22.ウミネコ  23.セグロカモメ

24.オオセグロカモメ  25.キジバト  26.ドバト  27.コゲラ  28.ヒバリ

29.ツバメ  30.ハクセキレイ  31.セグロセキレイ  32.ヒヨドリ  33.ジョウビタキ

34.シロハラ  35.ツグミ  36.シジュウカラ  37.メジロ  38.エナガ

39.ホオジロ  40.カワラヒワ  41.ケリ  42.スズメ  43.ムクドリ

44.ハシボソガラス  45.ハシブトガラス  46.タヌキ

 

Aosagi_259  

この間死んでたアオサギは今日も死んでました(´・ω・`)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

3/28 手取川

鳥の前に機材の話を。

私はD7000にSIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM を付けて普段鳥やってるわけですが、どうしても倍率がもっとほしい!でもお金はない!!

ってことでテレコンを買うことに。

↑この組み合わせですね。

これで500mm×テレコン1.4×DXフォーマット1.5=1050mm

手持ちでこれはスバラシイ (゚∀゚)!

 

もちろん公式ではAFは効かないって言ってるし、壊れてもしらねーよとも言ってる。

SIGMAやNIKON製のテレコンではなく、ケンコーテレプラスPRO300 1.4x DGXにしたのは、同じくケンコーのMC4の1.4倍テレコンとシグマ150-500でそこそこAF効くくのはわかっちたので、まぁギャンブルみたいなもん。お給料でたし。

この1000mm越えの組み合わせ、ネットで検索してもなぜかヒットせず、海外の答えになってないようなサイトが出てくるぐらい。

世の、金無し鳥見人のために、ここにレビューを書きます!!

 

Umineko_233  

ウミネコ

結論から言うとF9ですが、AFは効きます。

ただ曇ったりすると一気に迷う、もしくは迷いすらせずまったく作動しない。

 

Umineko_234  

シロカモメ 2羽いた。手前はタイミレンシス。

F9、曇り、手持ち・・・、そうとうAFはシビア。

こんなふうにカモメをゆっくり撮れるならまあなんとなくイケる。

たかだか1.4倍、されど1.4倍。結構遠くまで見れます!

川で言うと、中洲の次の中洲がイケる感じ。鳥も探しやすい!

 

Umineko_235  

逃げマシコ

こういったごちゃごちゃしたところではAFはほぼ不可能。

AFで迷ってる間に逃げられる。

 

Aoji_238_2  

アオジ

こちらはMF。

MFはシビアだけれども、時間を裂けない小鳥相手にはいいかも。

ただSIGMA50-500のピントリングの位置は手持ちでは疲れる・・・。

 

Hibari_236  

ヒバリ

背景と同色の鳥はAFだめでした。

 

Sijuukara_240  

シジュウカラ

 

Jobitaki_239  

ジョウビタキ

 

Nosuri_237  

ノスリ

こんな鳥ですらAFは効きにくい。

 

~( ・▲・)~~まとめ~~(・▲・ )~ 

○AFのピントは甘い。

○50mmでF6.3、それですらAF迷う。まあ、公式では効かないことになってるし。

○鳥向きではない。曇天時とはいえ、ノスリでAF迷うとは・・・。

○鳥が少ない。ヤツガシラぐらい出てくれればテレコンの評価も上げるのに。

○MF時、ファインダーではピントの山がわかりにくい。

○手持ちで1000㎜越えはやっぱ嬉しい!

 

こんな感じ。

次は晴天時に試して、イケそうなら使い倒して、だめなら売ろうかな。

とりあえず渡り本番までは練習しよう。

 

Yurikamome_242  

Tugumi_241  

↑うえはテレコンなし。

テレコン外すと、高画質・高速AFだと勘違いできる!

 

記録

1.カワウ  2.アオサギ  3.ダイサギ  4.コサギ  5.マガモ  6.カルガモ

7.コガモ  8.ヨシガモ  9.オカヨシガモ  10.ヒドリガモ  11.ハシビロガモ

12.ホシハジロ  13.キンクロハジロ  14.スズガモ  15.トビ  16.ノスリ

17.シロチドリ  18.イカルチドリ  19.ハマシギ  20.ウミネコ  21.カモメ

22.セグロカモメ  23.オオセグロカモメ  24.シロカモメ  25.ユリカモメ

26.キジバト  27.ドバト  28.カワセミ  29.ヒバリ  30.ハクセキレイ

31.セグロセキレイ  32.ヒヨドリ  33.ジョウビタキ  34.イソヒヨドリ  35.ツグミ

36.シジュウカラ  37.ホオジロ  38.アオジ  39.オオジュリン  40.カワラヒワ

41.ベニマシコ  42.スズメ  43.ムクドリ  44.ハシボソガラス

45.ハシブトガラス

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

3/20 普正寺の森

午前中晴れ、午後雨。

晴れる以上鳥に行かないわけにはいかないんで、渡りを期待して普正寺へ。

 

Sijuukara_224  

シジュウカラ

渡り、どころか鳥が全くいなかった。

年々鳥が少なくなってく。もうやだ。 

 

Kawarahiwa_226  

カワラヒワ

歩き回っても出会えそうにないので、基本は水場で待機。

 

Misosazai_227  

ミソサザイがちょろんちょろん出てくれたのがせめてもの救い。

久しぶりに見たけどやっぱり小さすぎた。肉眼じゃ落ち葉だった。

 

Ooban_228  

海。オオバン。

 

Mozu_229  

もず。

 

Keri_231  

けり。

 

3時前から豪雨になってきた。

びしょぬれ。

畦道もぐちゃぐちゃで田んぼに落ちちゃうし。

 

記録

1.カイツブリ  2.オオミズナギドリ  3.カワウ  4.アオサギ  5.コサギ

6.マガモ  7.カルガモ  8.キンクロハジロ  9.ホシハジロ  10.ミサゴ

11.トビ  12.キジ  13.オオバン  14.シロチドリ  15.ハマシギ  16.ウミネコ

17.セグロカモメ  18.キジバト  19.ドバト  20.コゲラ  21.ハクセキレイ

22.ヒヨドリ  23.モズ  24.ミソサザイ  25.ジョウビタキ  26.ツグミ

27.シロハラ  28.シジュウカラ  29.メジロ  30.カワラヒワ 31.シメ

32.ムクドリ  33.オナガ  34.ハシボソガラス

 

あれ

 

Kinoko_230  

こんな時期にでかいキノコあった。 

 

Kani_225  

寒い中海岸を往復4km歩いて、成果はこれだけ・・・。

ひどいもんだけど、こんなのすら拾えないことはざらにある。

しかも種類が全く分からない。ハサミがでかいし・・・。

カイカムリかモガニ科・・・と思ったけどどれもぱっとしない。

 

Aosagi_232  

アオサギ(◎´∀`)ノ

アオサギって日本各地に一年中いてよ、しかもデカくて個体数も多い。

 

いつかきれいな個体を拾える!

・・・とおもってたら13年すぎました。

なんだかんだで毎年1羽くらいはアオサギの落鳥に出会えるんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

3/15 手取川

渡りもまだだし、、、アビ祭りを期待して手取川へ。

最近手取川しか行ってないきがする。 

 

Hibari_213  

まだまだ肌寒いけどもう春です。そこらじゅうでヒバリが。

なんか今さらになってツグミが増えてきたし。

 

Hibari_212  

地面でも囀る。

 

Oojurin_211  

下嘴が肉色だからシベリアジュリン!!

・・・な、オオジュリン。うまくいかないもんですね。

ちらほら見つかって夏羽になりかけ。かわいい。

 

Mongoru_214  

こいつはすぐどっかいっちゃって悔しい思いを。。。

モンゴルだと思って追っかけたんだけど。もうモンゴルにしか見えない。

モンゴルもんごる。

次回行った時にもっかい見つけて尾羽でもなんでも撮ってくる!!

 

Harisenbon_217  

海へ。

ハリセソボソ。

 

Amimon_219  

アミモンガラ。

 

Mongoru_215  

たぬき~~(◎´∀`)ノ

海でタヌキが死んでるってどういうことよ!初めてだ!!

しかも周りはタヌキがいそうな環境でもないし・・・。

もしかしたらタヌキに似てる新種かも。

外洋性のイシカワウミタヌキGrampus isikawae とかそのあたりでしょう。

 

Hamasigi_216  

ハマシギたくさん。

 

Hamasigi_218  

ほんとにたくさん。

 

Oseguro_221  

ばたばた。 

 

Mukumuku_220  

むくむく。

 

鳥がいないな・・・。

アビ祭りは開催されておりませんでした。。。羽は落ちてるのに。

 

記録

1.カイツブリ  2.カワウ  3.ウミウ  4.アオサギ  5.ダイサギ  6.コサギ

7.マガモ  8.カルガモ  9.コガモ  10.ヨシガモ  11.オカヨシガモ

12.ヒドリガモ  13.ハシビロガモ  14.ホシハジロ  15.スズガモ  16.キンクロハジロ

17.ミサゴ  18.トビ  19.チョウゲンボウ  20.シロチドリ  21.ハマシギ

22.ミユビシギ  23.ウミネコ  24.カモメ  25.セグロカモメ  26.オオセグロカモメ

27モンゴルカモメ?  28.ユリカモメ  29.ドバト  30.ヒバリ  31.ハクセキレイ

32.セグロセキレイ  33.ヒヨドリ  34.モズ  35.ツグミ  36.オオジュリン

37.カワラヒワ  38.スズメ  39.ムクドリ  40.カラス

Hogoshoku_222   

保護色。

ほんとにぞわぞわ動くまで気付かなかった!

 

Hogoshoku2_223  

こいつは鳴いたり飛んだりしないとわかんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

3/4 手取川

やっと石川も春っぽくなってきて、もう雪も降らないんじゃないかな。

といっても渡りにはまだ早く、とりあえず手取川へ。

 

Kamome_199_2  

天気はよく、カモメもびゅんびゅんとびまくってていい感じ。

 

Kamome_201  

カモメ2W

ほんとにカモメばっかり。

 

Kamome_208  

かわいすぎる・・・。

おめめくりくり。

 

Kamome_209  

足ぷら~んなユリカモメ。

 

Ooseguro_206  

おおせぐろ。

 

Kamomemememe_207  

カモメ類はだいぶ集結してました。

 

Tugumi_203  

珍鳥・ツグミ

今シーズンはじめて写真撮れた。。。

 

Hasibiro_202  

ハシビロガモの雨覆の水色。

これ羽一枚一枚みると案外寂しい色してるのよ。くすんだ灰色みたいな感じ。

翼鏡はコガモよりも輝いてるイメージです。

 

Sirochi_205  

しろちろち。

 

~~本日のあれ~~

Amimon_204  

アミモンガラ

 

Keri_200  

ケリーー(◎´∀`)ノ

 

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »