« 8/27 スラウェシ・ハルマヘラ探鳥記 ~移動日~ | トップページ | 8/29 Sulawesi&Halmahera探鳥記~クイナ祭り~ »

2012年9月 8日 (土)

8/28 スラウェシ・ハルマヘラ探鳥記 ~Maleo~

4:30起床、5:00出発し、5:50にMaleo ポイントに到着する。

Maleo とはセレベスツカツクリのことで、もちろん固有種。ぜひとも見ておきたい種だ。

 

Shuudanmukudori_688
シュウダンムクドリ Grosbeak Starling/Scissirostrum dubium

入り口にはシュウダンムクドリとスラウェシチュウヒワシSulawesi Serpent Eagleが。

シュウダンムクドリはその名の通り集団になりまくる。日本のムクドリみたいな感じだけど、腰は赤く、また固有種ということもあり鳥屋心がくすぐられる一品。

 

Maleo_689
Maleo point

この場所で午前中は鳥見。

 

Serebesuouchuu_695
セレベスオウチュウ Sulawesi Drongo/Dicrurus montanus

Maleoはなかなか出てこず、小鳥がメインの鳥見に。

ここスラウェシ島にはオウチュウは2種しか生息しておらず、共に頻繁に出現する。

セレベスオウチュウは固有種、もう一種のカンムリオウチュウは固有亜種。

 

Nodoeakahanadori_691
ノドアカハナドリ Grey-sided Flowerpecker/Dicaeum celebicum

樹上にはちょこちょこハナドリ類が。

 

Serebesuhanadori_700
セレベスハナドリ Yellow-sided Flowerpecker/Dicaeum aureolimbatum

共に固有種。

ほとんどがノドアカだが、たまーにセレベスがいる。

ハナドリ類は初めて見たけども、飛び方はヒタキみたいで、行動はメジロみたい。しかも綺麗で見ていて飽きない鳥。かわいいし。

 

Kazanowasi_699
カザノワシ Black Eagle/Ictinaetus malayensis

上空では猛禽もちらりほらりと。

 

Haigaohasibutoao_692
ハイガオハシブトアオバト
Grey-cheeked Green Pigeon/Treron griseicauda  固有種

 

Kaojirokurobato_694
カオジロクロバト White-face Dove/Turacoena manadensis 固有種

遠~~~~くの木にはハトがこまめに停まる。

鳥は多く、どれもこれも固有種で頭がおかしくなりそうな魅力的な場所。

 

Karukayabato_701
カルカヤバト female
Black-naped Fruit-Dove /ptilinopus malanospilus

刈萱鳩。喉や首回りの色からこの和名がつけられました。

インコ界にはカルカヤインコなんてのも。

このハトは観察している場所の近くの木で営巣しているらしく、何度も出たり入ったり・・・。

身体も小さく、鳴き声も可愛く、顔つきも可愛い、きれい。こりゃハト界の萌えキャラですよ。

 

Kurobitaimejiro_693
クロビタイメジロ Black-crowned White-eye/Zosterops atrifrons

固有種メジロ。

なかなかMaleoは出ず、森の中へ。

そこでズグロヤイロチョウHooded Pittaを見ることに成功!!

超暗い場所をちょこちょこ走って終わり。あんなん写真撮れないよ。

などと思っていると目の前にでかい鳥がやってきた。

 

Chabarashoubin_696
チャバラショウビン male
Green-backed Kingfisher/Actenoides monachus 固有種

なんともかっこいいショウビンが!

アカショウビンよりも大きく感じたこのショウビンは、私たちの様子を確認するや、また森の中に消えていった。

途中でセレベスムジチメドリなど確認しながらトレイルを一周。再びMaleo pointへ。

 

Serebesumujichim_702
セレベスムジチメドリ Sulawesi Babbler /Trichastoma celebense 固有種

地味鳥。特徴は?と聞かれたら全身地味なところ、としか答えられないくらい地味。

あまり開けたところには出てこず、ブッシュ内や暗い林内で見かける程度。

 

Kurotaiyouchou_697
クロタイヨウチョウ female Black Sunbird/Leptocoma sericea

 

Kibarataiyou_703
キバラタイヨウチョウ male Olive-backed Sunbird/Cinnyris jugularis

タイヨウチョウも種数は少ないながらもちらほらと。9割以上はキバラだけども。

 

結局激ムズなセレベスツカツクリは現れず。この時期は1つがいくらいしかいないそうな。そりゃ厳しい。

 

Usuyukichuuhi_704
ウスユキチュウヒ Spotted Harrier/Circus assimilis

2回ほど出てくれたチュウヒ。これで午前の部・マレオ探しが終わり。

午前中でこれだけ鳥見るってどれだけ濃いんだか・・・。

 

Murasakisagi_705
ムラサキサギ Purple Heron/Ardea purpurea

午後の予定はフクロウ。それまでの道のりで鳥見。

ここはスラウェシ、スマトラサギがいるはずなのででかいサギはしっかりと見ていくが、どれもこれも紫いも。残念。

 

Serebesubuppouso_706
セレベスブッポウソウ Purple-winged Roller/Coracias temminckii 固有種

ヤシの葉の上にも紫が。

固有種で日本人バーダーも結構見ている種だから、簡単に見れるもんだと思っていたら、なかなか難しい!全行程で3~4回しか出会えてない。

ちょっとしくじったら見落としてしまう種。恐ろしい!!

 

Banken_707
バンケン Lesser Coucal/Centropus bengalensis

日本人バーダーとしては、やはり日本での迷鳥に出会えるのは嬉しい。マレーシアでも外して、これが初見ですよ!

 

Akagasirasagi_708
ジャワアカガシラサギ Javan Pond Heron/Ardeola speciosa

これまた日本的迷鳥!2010年7月に初記録された種!

顔の淡さがほんとにきれいで見惚れてしまうほど・・・!

こっちが車に乗っているというのもあって、かなり近くで観察することができた。もう最高だ。

 

そんなこんなで宿に着き、いったんお昼ご飯。

出発まで1時間以上時間があるので宿近辺で鳥見。

Suzume_709
スズメ Eurasian Tree Sparrow/Passer montanus

インドネシア産スズメ。翼に黒味がなく違和感たっぷり。

Suzume_711
キンパラ Chestnut Munia/Lonchura atricapilla

やんばるやマレーシアで外してた種。

 

Suzume_710
モルッカキンパラ Black-faced Munia/Lonchura molucca 固有種

やっと見れた固有種のモルッカキンパラ!

顔が写ってないですが上のキンパラと同じ顔なので脳内でなんとかイメージしてください。

モルッカキンパラは町中にそこそこいて、移動中などはたまに見かける。
・・・見かけるんだけど、いざ探鳥地に着くといない!

だから写真はこれが最後。あと8日間もあるからと、気を抜いてたのが悔やまれる!!
せめて顔写ってるの撮りたかったな・・・。

 

Kigosi_713
キバラタイヨウチョウ female Olive-backed Sunbird/Cinnyris jugularis

 

そんなこんなでいざTorautに向かい出発!

また移動中にも鳥見。

Siroharakobitou_714
シロハラコビトウ Little Pied Cormorant/Microcarbo melanoleucos

日本人なら反応してくれるでしょう!!あの、シロハラコビトウですよ!!

1955年に1回だけ記録されたらしい、怪しさ満点の日本の鳥!!

カワウ・ウミウを見慣れている日本人からすると、ものすごく小さく感じます。約58㎝。

ただスラウェシでも少ないのか、10日間の長い鳥見のなかで出会えたのはたったこの1羽だけ!よかった~~

Ooryuukyuugamo_715
オオリュウキュウガモ Wanderling Whistling Duck/Dendrocygma arcula

と思っていたけど、今見たらインドネシアコガモ Sunda Tealだ!

この時ガイドのTheoに「Sunda Teal」と言われていたけども、それが納得できずオオリュウキュウにしてた。こりゃ参った!オオリュウキュウも確かにいたんだけど。。。

悔しいなぁ。  →確かにインドネシアコガモでした。

Moritubame_716
モリツバメ White-breasted Woodswarrow/Artamus leucorynchus

沖縄で2回記録されている種。ここではそこそこ見かけるんだけど、どれもこれも遠く、なかなか写真撮ることはなかった。

 

などなど鳥を見ながらついにTorautに到着!ここでフクロウを探す!

現地のレンジャーに会い、なんか案内してくれる。 

あれ?フクロウって夜見るんじゃないの?この流れはもしかして・・・!?とドキドキしながらレンジャーにくっついていく。

いろいろと探してくれているレンジャー。そしてついにその時が!!

Huiriaobazuku_717
フイリアオバズク Speckled Boobook/Ninox punctulata 固有種

まだ明るい時間帯からフクロウを見れるとは!!といってもここは森の中の廃屋の梁。めちゃくちゃ暗いですが。

20㎝ちょいしかない小さな小さなフクロウ。

お昼寝の邪魔をしちゃあれなので、写真はそこそこに、みんな撤退。

 

その後は森林内へ。

Huiriaobazuku_718

こんな感じのボート?で川を渡って森林内に入る。

写ってるのは現地で出会ったアメリカ人バーダー。

 

Sirogasira_719
シロガシラトビ Brahminy Kite/Haliastur indus
スンダガラス Slender-billed Crow/Corvus enca

上空をぐるぐる。

 

Chougenbo_720
モルッカチョウゲンボウ
Spotted Kestrel/Falco moluccensis microbalia 固有種

林内ではオウチュウやらセレベスバンケンやらに、開けたところではインコやサイチョウやらに出会えたが写真が酷いのでちょっとやめとく本格的な鳥見初日なのでバコバコとんでも写真を量産しちゃってまぁ。

 

Kosijirosannsho_721
シロハラオオサンショウクイ Pied Cuckooshrike/Coracina bicolor 固有種

遠くの遠くの木にズグロゴシキインコに混じっていたサンショウクイ。

Manmarui_722
ハイガシラオビオバト Grey-headed Imperial Pigeon/Ducula radiata 固有種

まん丸かったです。

この後は19:00まで、真っ暗の中フクロウさがし。

セレベスコノハズク、セレベスメンフクロウ、フイリアオバズク、オオミミヨタカの鳴き声は確認できたが、どれも姿は・・・・・・。

 

宿に戻り夜ご飯を食べ、水浴びし就寝。

 

記録

1.オオリュウキュウガモ  2.インドネシアコガモ  3.ジャワアカガシラサギ

4.アマサギ  5.ムラサキサギ  6.コサギ  7.シロハラコビトウ

8.シロガシラトビ  9.スラウェシチュウヒワシ  10.ウスユキチュウヒ

11.カザノワシ  12.モルッカチョウゲンボウ  13.(チャバラバンクイナ)

14.(シロハラクイナ)  15.ドバト  16.(カノコバト)  17.カオジロクロバト

18.ハイガオハシブトアオバト  19.(チャアゴヒメアオバト)  20.カルカヤバト

21.ハイガシラオビオバト  22.ミカドバト  23.(ソデグロバト)

24.セレベスサトウチョウ  25.ズグロゴシキインコ  26.(ズアカウチワインコ)

27.(ササハインコ)  29.セレベスバンケン  30.バンケン

31.セレベスバンケンモドキ  32.(スラウェシオニカッコウ)

33.(ハイガシラヒメカッコウ)  34.(セレベスメンフクロウ) 35.(セレベスコノハズク)

36.フイリアオバズク  37.(オオミミヨタカ)  38.カンムリアナツバメ

39.シロハラアナツバメ  40.セレベスブッポウソウ  41.チャバラショウビン

42.ナンヨウショウビン  43.アカコブサイチョウ  44.(ツラアカボウシゲラ)

45.(アカハラヤイロチョウ)  46.ズグロヤイロチョウ  47.モリツバメ

48.シロハラオオサンショウクイ  49.(セミサンショプクイ)  50.コウライウグイス

51.カンムリオウチュウ  52.セレベスオウチュウ 53.(クロエリヒタキ)

54.スンダガラス  55.ツバメ  56.リュウキュウツバメ  57.セレベスムジチメドリ

58.クロビタイメジロ  59.(カササギムクドリ)  60.シュウダンムクドリ

61.セレベスハナドリ  62.ノドアカハナドリ  63.キバラタイヨウチョウ

64.クロタイヨウチョウ  65.(チャノドコバシタイヨウチョウ)  66.スズメ

67.モルッカキンパラ  68.キンパラ

 

34種も初見とは・・・。さすがウォーレシア!

 

|

« 8/27 スラウェシ・ハルマヘラ探鳥記 ~移動日~ | トップページ | 8/29 Sulawesi&Halmahera探鳥記~クイナ祭り~ »

コメント

初めまして、神奈川在住の高校生バーダーのしんと言います。
しんやさんのブログは鳥屋としても羽根屋としてもとても参考になるのでよく見させていただいてます。
僕は海外の鳥はあまり知らないのですが今年初めて訪れた石垣島で9月9日に国内2例目のジャワアカガシラサギを見つけたのですが、しんやさんの写真の個体の綺麗さに驚きました。
石垣の記録では現地のガイドの方が第一発見者となっていますがその時のガイドツアーに参加していたのが僕でした。
翌日には3羽になっていたそうでネット上では結構ニュースになっているので、もし気になりましたら調べてみてください。
何だか自慢みたいになってしまいましたがこれからもブログ楽しみにしています。
またコメントさせてください。

投稿: しん | 2012年9月 8日 (土) 01時01分

とんでもない内容ですね、はたから見たら。ブログ更新ありがとうございます。

インドネシアコガモ、僕の写真見返すとやっぱり顔がオナガガモみたいな感じで、首とかの色ものっぺりしていてオオリュウキュウガモの換羽中の個体っぽく見えるんですが、いかがでしょう?詳しくは例の会で‥。

それにしても濃い内容ですね。これからも更新楽しみにしてます(◎´∀`)ノ

投稿: ひたき | 2012年9月 8日 (土) 01時12分

>しんさん
 
はじめまして。ジャワアカガシラ出たみたいですね。何となくは聞いていましたが、もう珍鳥追っかけとかはしていないのであまり情報は入れず、調べず。。。
 
またコメントおまちしております。

投稿: しんや | 2012年9月 9日 (日) 00時41分

>びたきくん
とんでもない内容なんですよ。こんな鳥見羨ましいでしょ。
スンダテールは俺の写真ではやっぱスンダだ。
 
例の会で議論しましょう。とりあえず保留にしました。

投稿: しんや | 2012年9月 9日 (日) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/46984114

この記事へのトラックバック一覧です: 8/28 スラウェシ・ハルマヘラ探鳥記 ~Maleo~:

« 8/27 スラウェシ・ハルマヘラ探鳥記 ~移動日~ | トップページ | 8/29 Sulawesi&Halmahera探鳥記~クイナ祭り~ »