« 8/28 スラウェシ・ハルマヘラ探鳥記 ~Maleo~ | トップページ | 8/30 Sulawesi&Halmahera Birding~小鳥てんこもり~ »

2012年9月 9日 (日)

8/29 Sulawesi&Halmahera探鳥記~クイナ祭り~

5:20起床 6:20出発。

今日は移動がメインのため、途中湿地に寄りながらも一気にGunung Mahawu を目指す。

 

00sicchitai725
ってことで心踊る湿地帯!

個人の鳥見だとなかなかこういうような場所に来れないからうれしい!

 

01mamijiro723
マミジロクイナ White-browed Crake/Porzana cinerea 成鳥

憧れのクイナ、マミジロクイナ!!

「キョッ キョッ 」と大きな声を出しながら目の前に出てきてくれます!

日本では1911年に硫黄島にて亜種brevipes の採集記録以降確かな記録はなく、日本産亜種は絶滅とされている。

そんな絶滅クイナが目の前に!!全身震え上がるような気持ちを抑えながらシャッター切るのが精いっぱい。

もちろんクイナなのですぐに隠れてしまいます。

感動をありがとう!!

 

04mamijiro727
・・・と思っていると、またもやマミジロクイナが!今度は幼鳥!

どうやら個体数はそこそこいるのか、飛び立っていくのも含めて6回マミジロに出会えた。

すごい湿地帯だ。。。

 

02hijiroshoubin724
ヒジリショウビン Sacred Kingfisher/Todiramphus sanctus sanctus

遠くの枯枝を見るとヒジリショウビンが!!

私はきったないナンヨウかと思ってました。恥ずかしい。

少し前まではヒジリカワセミという名前だったこの子。

「ヒジリ」は「聖」なんだってね。かっこいい!

 

05nanyoushoubin728
ナンヨウショウビン Collared Kingfisher/Todiramphus chloris chloris

ナンヨウショウビンは亜種が多いことで有名だけど、ここスラウェシ島では基亜種!

日本では最近ではそこそこ出るようになったけども、まだまだ迷鳥な本種。

ちなみに初記録は1975年10月の石垣島。私は西表島で見ることができました。

カワセミ類ではナンヨウショウビンが一番多く感じたかな。どこに行っても出会えた。

 

06kawasemi729
カワセミ Common Kingfisher/Arcedo atthis hispidoides

てっきりインドネシアは日本と同亜種だと思ってたら、インドネシア内だけでも3亜種いて、さらにスラウェシは固有亜種だった。

耳が青く、ルリカワセミやアオミミカワセミと紛らわしいカワセミ。

 

07akagasira730
ジャワアカガシラサギ Javan Pond Heron/Ardeola speciosa

1羽だけいてくれた。夏羽→冬羽個体。夏羽がほんのり残っているからジャワだと分かるようなもんで、ガチ冬羽だと難しいんだろうな。

 

10ban733
バン Common Moorhen/Gallinula chloropus orientalis

はい。バンです。見慣れてます。

 

09nettaiban732
ネッタイバン Dusky Moorhen/Gallinula tenebrosa frontata

はい。ネッタイバン!

全体が黒く、額板や脚が赤く、腋が白くないのが特徴です!

インドネシアではバンとネッタイバンの両種が生息していて、こんな感じに同時に見ることができます!!

こんな注目を浴びることのないような鳥ほど見てみたくなってしまう・・・。鳥屋とは面倒な生き物ですね。

 

03seikei726
セイケイ Purple Swamphen/Porphyrio porphyrio

はい。セイケイ!!1995年沖縄で記録されたことのある鳥ですね。

ビタキ君が見つけてくれたセイケイ、かなり大きく感じました。三倍体バン紫変種みたいな感じ。

よく、ヨーロッパ亜種は青色、インドネシア亜種は緑色、オーストラリア亜種は黒色が強いといわれていますが、今回の個体はだいぶ青く見えました。

 

08sirohara731
シロハラクイナ
White-breasted Waterhen/Amaurornis phoenicurus leucomelanus

葦にかぶっちゃってますが。

 

この湿地帯では他にインドネシアコガモやトサカレンカク、ハシブトゴイ等を狙う予定だったのだが、直前まで地元の人が漁をするために湿地に入り込んでいたため、そいつらには出会えなかった。

ちなみにここでいろんな種類見まくってますが、この湿地帯にいたのはたった1時間!
漁が入って鳥が少ないというのにこんなに出会えるとは、インドネシアの自然はとんでもないんだなーと。

 

マミジロクイナも見れたことだし、出発。

11hasibutogoi734

途中、ハシブトゴイがいるポイントに寄るも、カノコバトとムラサキサギしかいない・・・。

 

でまた出発。車で暴走山道。

 

12ajiahebiu735
アジアヘビウ Oriental Darter/Anhinga melanogaster

これまた途中で湖による。そこにはアジアヘビウ。超遠かった。

出会いはこれっきりで、この湖に寄ってなかったら見れなかった種。

 

13kurobitaimejir736
クロビタイメジロ Black-crowned White-eye/Zosterops atrifrons

可愛い。

 

これまた移動。Mahawuまで遠いので、こまめに停まっては鳥探し。

14chougenbou737
モルッカチョウゲンボウSpotted Kestrel/Falco moluccensis microbalia

可愛い。

 

15inko738
ズグロゴシキインコ Ornate Lorikeet/Trichoglossus ornatus

よちよち歩く、まさにインコ!ものすごくかわいい!

鷲掴みにして、におい嗅ぎまくって、肩に乗せたまま一緒に鳥見たいぐらい可愛い!

 

16inko739
ズグロゴシキインコ

いちゃいちゃ。ずるい。かわいい。

 

で、今度こそMahawuに向かう。

17baramuneonagab740
バラムネオナガバト
Slender-billed Cuckoo-Dove/Macropygia amboinensis

Gunung Mahawuに入ったかな?もうちょっとかな?というところでビタキ君が車を止める。

そこにはバラムネオナガバトが7羽も!!

毎日のように見かけるハトだけど、なかなか木にとまってるところは見れない種。かっこいい!

 

18serebesubanken741
セレベスバンケン Bay Coucal/Centropus celebensis

目の前を飛んでくれたセレベスバンケン。渋くてかっこいい。

20mahawu744

そんなこんなでやっとGunung Mahawuに到着!! 

時間があるので鳥見開始!

何回か「伝説のカワセミ」の名を持つチャイロショウビンにチャレンジするが、出会えず・・・。さすが伝説だ。。。

 

19kanariyahitaki742
カナリアヒタキ Citrine Canary-flychacher/Culicicapa helianthea

伝説のカワセミを待ってる間に小鳥の混群にぶつかる。

中身はクロビタイメジロ、ヤマメジロ、カナリアヒタキ、キバラタイヨウチョウ、ズアカハナドリ。

このカナリアヒタキは図鑑作っている時から憧れていた種で、見た感じレア臭がするから出会えないっぽいな、とおもっていたのに。

全身まっ黄色のヒタキ。そりゃその綺麗さ、可愛さに憧れるでしょ。

 

その後はちょろちょろ出てくるチャバラバンクイナ相手にひたすらコールバック。そのまま日の入り。セレベスメンフクロウも見れたり。

 

結局チャバラバンクイナは満足に見ることができず。

 

24serebesukonoha743
セレベスコノハズク Sulawesi Scops Owl/Otus manadensis

夜の鳥はセレベスコノハズクをゲット!

本家本場のセレベスコノハズク。リュウキュウコノハズクとは鳴き声が違いました。

なぜかうまいこと写真が撮れずぴんぼけ。

 

そんなんで8時近くまでフクロウ・ヨタカ探し。ヨタカはサタニックが鳴いたくらい。

 

25resort747

25resort745_2

25resort746

この日はOnong Resortに宿泊!りぞーとリゾート!!

なにもかもが豪華で、なんとシャワーからはお湯が出る!!ひえ~!

ビールも飲んじゃって気分よく就寝。

 

1.ジャワアカガシラサギ 2.アマサギ 3.ムラサキサギ 4.コサギ

5.アジアヘビウ 6.シロガシラトビ 7.モルッカチョウゲンボウ 8.ムナオビクイナ

9.チャバラバンクイナ 10.シロハラクイナ 11.マミジロクイナ 12.セイケイ

13.バン 14.ネッタイバン 15.ドバト 16.ベニバト 17.カノコバト 

18.バラムネオナガバト 19.クロオビヒメアオバト 20.ズグロゴシキインコ

21.セレベスバンケン 22.バンケン 23.セレベスバンケンモドキ

24.セレベスメンフクロウ 25.セレベスコノハズク 26.(セレベスヒゲナシヨタカ)

27.シロハラアナツバメ  28.ナンヨウショウビン 29.ヒジリショウビン

30.カワセミ 31.モリツバメ 32.スンダガラス 33.カナリアヒタキ

34.コシジロヒヨドリ 35.ツバメ 36.リュウキュウツバメ 37.(セッカ)

38.ヤマメジロ 39.クロビタイメジロ 40.(スラウェシヒメアオヒタキ)

41.ズアカハナドリ 42.ノドアカハナドリ 43.キバラタイヨウチョウ 44.スズメ

45.モルッカキンパラ 46.キンパラ 

初見が14種!さすがウォーレシア!

それにしてもクイナだけで7種とか異常でしょ。。。

|

« 8/28 スラウェシ・ハルマヘラ探鳥記 ~Maleo~ | トップページ | 8/30 Sulawesi&Halmahera Birding~小鳥てんこもり~ »

コメント

なんかこの“美滝くん”ってひと、なかなかやりますね(・ω・)。

それにしても魚眼素晴らしいです。いつもいつも画像歪んでほしくないかもしれませんが、すごいよく雰囲気出てます!

投稿: ひたき | 2012年9月 9日 (日) 01時06分

ビタキ君、やりよるんですよ!
しかもかなりモテるとの噂もあるし。
 
魚眼もってってよかった。
ほんとはリゾートの部屋の写真ばばーんと載せたかったんだけど、なんか右側にでかでかとセレベスパンツビタキが写ってて致し方なく切りました。
 

投稿: しんや | 2012年9月 9日 (日) 10時24分

おかえりなさい!

とてつもなく濃い鳥見ですね!ジャワアカガシラの夏羽とか見たら、鼻血吹いて貧血で倒れこみそうです。
スラウェシは僕も前から行きたいとは思っていましたが、2人に先を越されちゃいました。。。

自作図鑑の出来は予想以上ですね..!今度よければ売ってください(笑)

あと、“なんとシャワーからはお湯が出る!!ひえ~!”の部分で飲んでたお茶ふいちゃったじゃないですか!

投稿: コウ | 2012年9月 9日 (日) 12時32分

実際はモテないですけどね‥。

いつのまにか盗撮とは( ´・ω・`)

真四角にトリミングしていた理由がよーくわかりました(笑)

なんかこのコメント、スパムに分類されそうで怖い…

投稿: せれべすぱんつびたき | 2012年9月 9日 (日) 13時29分

コウ

ただいまです!!

とてつもなかったです・・・。
 
図鑑はエクセルデータであるから今度メールでぽいってあげるよ。
 
ほんとにシャワーには驚いたんだよ!お湯が出るってハンパねぇっすよ!

投稿: しんや | 2012年9月 9日 (日) 22時07分

ぱんびた
 
確かに、人がカメラ構えてるのにパンツ見せつけてくるあたりはモテそうにないかも・・・。
 

投稿: しんや | 2012年9月 9日 (日) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/47001175

この記事へのトラックバック一覧です: 8/29 Sulawesi&Halmahera探鳥記~クイナ祭り~:

« 8/28 スラウェシ・ハルマヘラ探鳥記 ~Maleo~ | トップページ | 8/30 Sulawesi&Halmahera Birding~小鳥てんこもり~ »