« 8/30 Sulawesi&Halmahera Birding~小鳥てんこもり~ | トップページ | スラウェシ休憩写真 »

2012年9月12日 (水)

8/31 スラウェシ&ハルマヘラ探鳥記~海がすごい~

5:00起床、5:30出発。

宿の目の前、徒歩1分でタンココ国立公園なので起きるの遅め。嬉しい。


そんなんでのんびりしていたら宿の前にオオミミヨタカがいるとビタキ君が発狂している。

私が行ったときには姿こそ見れたけど、写真は撮れず。あらまぁ。


ってことでタンココへ。


1kuroerihitaki798
クロエリヒタキ Black-naped Monarch/Hypothymis azurea puella

タンココではまずクロエリヒタキが!!日本の鳥だ~!!

と思ったらここスラウェシ亜種は独立して固有種になったとか。
Pale-blue Monarch/Hypothymis puella puella になったそうです。

これがいくら探しても和名が見つからず・・・。スラウェシクロエリヒタキとかウスクロエリヒタキとかそんなんだろうけど。

なんにせよ固有種!レア度が増しました!!

2chabarashoubijn799
チャバラショウビンGreen-backed Kingfisher/Actenoides monachus

♀です。



3shuudanmukumuku800
シュウダンムクドリ Grosbeak Starling/Scissirostrum dubium

毎日いるけど、なぜか撮る機会の無い鳥。


そんな感じで小鳥を見ながらトレイルを歩いているとビタキ君が「クスクス」と叫ぶ。


4bear_cuscus801
クロクスクス Bear Cuscus/Ailurops urisinus

そこにはゆっったり動くクスクスが!!
カンガルー目クスクス科、スラウェシ島で見れる有袋類です!

すぐに右下の葉っぱの中に隠れてしまった。運がよかったんだなー。



5serebesusode802
セレベスソデグロバト Silver-tipped Inperial Pigeon/Ducula luctuosa

ついに発見、セレベスソデ!!こいつがもうソデグロと似すぎてて・・・。

左にちょろんといるのはハイガオハシブトアオバト。



6kosijirohiyo803
コシジロヒヨドリ Sooty-headed Bulbul/Pycnonotus aurigaster

ここまで鳥をみても1時間ちょい。やっぱり朝は鳥が濃いです。



7turaakabousiger804
ツラアカボウシゲラ Ashy Woodpecker/Mulleripicus fulvus

ついに出た、ツラアカボウシゲラ!!しかもペア!!!左が♂ね。

幹にとまりながら首を左右に振るんですよ。それがもう可愛くて!顔は可愛くないのに!

日本のキツツキじゃ見れない行動でした。



8kanmuriouchuu805
カンムリオウチュウ Hair-creasted Drongo/Dicrurus hottentottus

日本人おなじみカンムリオウチュウ!スラウェシ島亜種leucops は虹彩が白くてかっこいい!!

結構頻繁に見かけます。



9karukaya806
カルカヤバト Black-naped Fruit-Dove /ptilinopus malanospilus

くぁわいい。




Houchi826

そのあとはTheoがアカハラヤイロチョウ(だったかな?)を探しに行くとかで、この場所で2~30分待機。
結局ヤイロチョウは見つからなかった。どうやら時期がイケてないみたい。。。
残念・・・。


10munajirojitugu807
ムナグロジツグミ Red-backed Thrush/Geokichla erythronota

ヤイロチョウを諦め、またトレイルを歩き始めると、Theoが後ろで呼んでいる!
急ぎながらゆっくり静かに駆け付けると、そこにはツグミが!!

めちゃくちゃきれいなこのツグミはタンココに生息しているのは知ってたけど、出会えないと思っていた種。

外国人バーダーが日本の森に来て、マミジロとかトラツグミをいきなり見つけるようなもんでしょ。そりゃ無理だ、と思っていたのに。。。

愛想は良かったです、逃げても数m先とかで、観察し放題!
 

 

落ち葉ガサガサ、日本のツグミを見ているようでした。


全然逃げないこのツグミ、見ているときりがないので先に行くことに。


またある程度あるくと、タンココのガイドが「Boobookを探してくる」といって森の中へ。その間はまた待機。

数分後小さな声で「come on…」と聞こえる。まさかこんな数分でっ!?


11chabaraaobazuk808
チャバラアオバズク Orhre-bellied Boobook/Ninox ochracea

そこにはシュロの葉の下で休憩する、可愛いアオバズクが2羽!

せっかくお昼寝してた所申し訳ないけど、ちょっとだけ鳥屋の欲望に付き合ってもらうことに。

といってもこっちは近寄らず、向こうも逃げずで、特に変化もないので10分ほどで撤退。

後で話を聞くと、毎回ここにいるというわけでもないらしく、見つかったのはラッキーだったそうだ。



こっからなんと2時間、森の中をさまよい歩くけど、鳥は全く見つからず・・・。
鳥が出ないと疲れも溜まってくるもんで、なかなか鳥も探さなくなる。悪循環だね。

そんな中ふと顔を上げた先に、なんかいる!

双眼鏡で覗くと鳥!
「ライラックだ!!」


12lilac809
12lilac810
アオミミショウビン Lilac-cheeked Kingfisher/Cittura cyanotis

この日も何度かチャレンジして出会えなかったアオミミショウビンが目の前に!

タンココで見なきゃいけない鳥は多いが、強いてあげるならこのライラックと、ドワーフと、ピッタだろう。

2羽いてくれて、共にぼ~っとしていた。
こんな顔つきの割には体はそこまで大きくなく、アカショウビンと同等かちょっと大きいくらい。

こんな鳥に出会えると疲れも吹き飛ぶもんで、そのあとは真剣に鳥を探す。

・・・が、鳥は出ずに午前の部が終了。


宿に戻りお昼を食べ、1時間ほど休憩。

13umi811
その後は海へ繰り出す!!

本当は午後もタンココ内でピッタ・ドワーフを攻める予定だったけど、天気やその時のガイドの勘で急遽ボートに。

こんな感じで海鳥を探していく。



14gunkan812

10個ほどゴミみたいのが写っていますがなんだと思います?

正解は・・・

 

 

14kogunkan813
コグンカンドリ Lesser Frigatebird/Fregata ariel

全部グンカンドリ!!オオグンカンドリGreat Frigatebird も少数混じっていましたが、私は写真に収められず。

20~30羽はいるであろうグンカンドリの群れがボートの真上を飛んでくれる!!
日本人からしたら楽園のような、天国のような光景がそこに!

でもこれも相当ラッキーだったようで、普段は1~2羽が相当遠くで見れるくらいだという。

写真は成鳥雄。喉の赤いのも写ってます!



14kogunkan814
コグンカンドリ亜成鳥

ほとんどが亜成鳥だった気がする。

観察する時間は与えられず、ひたすら近くにきたグンカンの撮影会。

ビタキ君はしっかりとオオグンカンを撮影していて、三日三晩自慢された記憶があるような、ないような。。。



15kurosagi815
クロサギ Paciffic Reef Heron/Egretta sacra

グンカンラッシュを終えると目の前にはクロサギが。

おや、右の鳥は・・・?



16sumatorasagi816
スマトラサギ Great-billed Heron/Ardea sumatrana

ついに出会えた、スマトラサギ!!

2006年10月に東京で出たとかなんだとか騒がれたスマトラサギですよ!!

英名のように嘴はでかいんだけど、それよりも全体的に体がイカツすぎる!

こりゃ怖いな。さすが110㎝。


16sumatorasagi817
こんな風景がすごく似合う。

スマトラサギのあとはチュウシャクシギやらイソシギやらを見る



16sumatorasagi818
そしてマングローブ内へ!!

ここの狙いはもちろん・・・


17kouhasishoubin819
セレベスコウハシショウビン
Great -billed Kingfisher/Pelargopsis melanorhyncha

こいつ!!
なんとこの川には3羽しかいないらしく、出会えない時もあるほどレア度が高い鳥。

まあ、私たちは今回の探鳥に関しては相当運がいいらしく、ここでも例外じゃなかった。

このコウハシショウビンは7~8回は出会えた、最後の方は「ま~た、いたよ!」と対して相手にしないほど。3羽しかいないのにね。

こいつは見た目はそうとうイカツイですし、体もでかいです。ヤマセミほどだと思っていただければ。


あとここではアカショウビンも狙ったんですが、出会えず。亜種rufa が。



18hachidori820
ハチクイ Rainbow Bee-eater/Merops ornatus

日本人おなじみのハチクイ!

1904年7月に宮古島に出たとき、ちょっと私は諸事情があって見に行けなかったのですが、なぜかその後100年以上記録されずに今に至り・・・。

なのでこれが初見!


19kouhasishoubin821
もっかいセレベスコウハシショウビン。

もちもちほっぺた。ぷにぷにしたい。

そして困らせて噛まれたい。

こいつ可愛いな!



20nanyou822
ナンヨウショウビン Collared Kingfisher/Todiramphus chloris chloris

地味なコウハシショウビンを見た後だと、やけにきれいに見えた。


そのあとはもっかい海へ。
狙いはセレベスメンフクロウ!

海岸沿いの崖をねぐらにしているらしく、そこまでボートで行く。

・・・がいない!
どうやらここ3か月ほど見れてないらしい。残念・・・。



21siroharaumiwas823
シロハラウミワシ White-bellied Sea Eagle/Haliaeetus leucogaster

ボートの帰路で3羽のシロハラウミワシに出会った。

最初は木にとまってるだけだったウミワシが、飛び立ち、ボートの周りを飛んでくれる!


21siroharaumiwas824
こちらは幼鳥。

でかい鳥はカッコイイな。惚れるわ。


シロハラウミワシの乱舞で今日の鳥見はおしまい。


その後は宿でぐだぐだ過ごして、9時くらいに宿でセレベスコノハズクを見たくらい。

22kouchuu825
これはその時いた甲虫。コノハズクは撮れませんでした。。。


1.ササゴイ 2.
スマトラサギ 3.クロサギ 4.オオグンカンドリ 5.コグンカンドリ

6.シロガシラトビ 7.シロハラウミワシ 8.(セレベスクマタカ) 9.ムナオビクイナ

10.(チャバラバンクイナ) 11.チュウシャクシギ 12.キアシシギ 13.イソシギ

14.ハイガオハシブトアオバト 15.カルカヤバト 16.セレベスソデグロバト

17.(ズアカウチワインコ) 18.セレベスバンケン 19.セレベスバンケンモドキ

20.セレベスコノハズク 21.チャバラアオバズク 22.オオミミヨタカ

23.カンムリアマツバメ 24.スラウェシアナツバメ 25.ムジアナツバメ

26.ヒメアマツバメ 27.チャバラショウビン 28.セレベスコウハシショウビン

29.ナンヨウショウビン 30.アオミミショウビン 31.カワセミ 32.ハチクイ

33.アカコブサイチョウ 34.ツラアカボウシゲラ 35.モリツバメ

36.コウライウグイス 37.カンムリオウチュウ 38.Pale-blue Monarch

39.スンダガラス 40.コシジロヒヨドリ 41.ツバメ 42.リュウキュウツバメ

43.セレベスムジチメドリ 44.シュウダンムクドリ 45.ムナグロジツグミ

46.キバラタイヨウチョウ 47.スズメ

初見13種!さすがウォーレシア!!

 

おまけ
Sasagoi827
おしゃれササゴイ Striated Heron/Butorides striata

|

« 8/30 Sulawesi&Halmahera Birding~小鳥てんこもり~ | トップページ | スラウェシ休憩写真 »

コメント

この日は撮影という点でかなり満足度が高い日でしたよね~。鳥屋といえどもカメラマンな一日も必要なわけで(笑)

ライラック、見つけてくださりありがとうございました。もしかしたら外してたかもしれないですもんね(´・ω・`)

それにしてもボートで鳥見るしんやせんぱい勇ましすぎます‥。ピント甘かったのほんとすみませんでした。


投稿: ひたき | 2012年9月12日 (水) 17時37分

いい日だったなー。やっぱ海やら川やら行けると種類ががらりと変わっていいね!鳥運が良すぎたってのもあるけど。

ライラック外してたかもね。この日のコールバックでは全く反応なかったし。ほんとよかった。。。

ボート写真かっこいいでしょ!こりゃモテるね!!!

投稿: しんや | 2012年9月12日 (水) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/47045109

この記事へのトラックバック一覧です: 8/31 スラウェシ&ハルマヘラ探鳥記~海がすごい~:

« 8/30 Sulawesi&Halmahera Birding~小鳥てんこもり~ | トップページ | スラウェシ休憩写真 »