« スラウェシ島特集! | トップページ | 9/3 Sulawesi&Halmahera Birding~Monarch~ »

2012年9月20日 (木)

9/2 Sulawesi&Halmahera Birding ~ついにモルッカへ!~

5:00起床、5:30出発
今日はスラウェシ島からハルマヘラ島に渡る日!

テルナテ島行の飛行機は11時にぶっ飛ぶので、スラウェシ島では午前中にちょこっと鳥見。
昨日の午前中に攻めた峠で、再びセレベスオオサマムクドリを狙う!

その移動中にチャイロキンパトがStephan's Emerald Doveが道から2羽飛び立ち、林道に。
まだいそうとのことなので、その林道で鳥見。


1kosijironaki866
コシジロナキサンショウクイ White-rumped Triller/Lalage leucopygialis

結局チャイロキンバトは見つからず…。
そのかわり朝だから小鳥は多い。



2mujianatubame867
ムジアナツバメ Uniform Swiftlet/Aerodramus vanikorensis

空にはムジアナとシロハラがひゅんひゅん。



3kaojirokuroaobat868
カオジロクロバト White-face Dove/Turacoena manadensis

初日に遠~~くで見たっきりのカオジロクロバトにも出会えた!!
翼下面まで真っ黒、カッコイイ!
別の英名はSulawesi Black Pigeon。こっちの名前もステキ。



4kosijirooosansho869
コシジロオオサンショウクイ
White-rumped Cuckooshrike/Coracina leucopygia

コシジロオオサンショも近くにやってきてくれた!
体つきはでかく、虹彩は白いため可愛くはないけど、非常にそそられる。


5malkoha870
セレベスバンケンモドキ
Yellow-billed Malkoha/Rhamphococcyx calyorhynchus

固有種であり、とんでもない配色のマルコハ!
個体数は多めでよく見かけるのだけども、潜行性が強いのか満足に写真は撮れず・・・。

何度見ても嬉しい鳥!



6satouchou871
セレベスサトウチョウ Great Hanging Parrot/Loriculus stigmatus

峠付近ではインコが出てくる。



7uchiwainko872
ウチワインコ Golden-mantled Racket-tail/Prioniturus platurus platutrus

レアなウチワインコも!


8moritubame873
モリツバメ White-breasted Woodswarrow/Artamus leucorynchus

結局セレべスオオサマムクドリは出てくれることはなかった。
スラウェシ島最終日、見れていない鳥が多い・・・。

その後は峠を後にし、徒歩で下っていく。


9kanmuriouchuu874
カンムリオウチュウ Hair-creasted Drongo/Dicrurus hottentottus leucops

ここらへんでカンムリオウチュウをちゃんと撮っていない事に気付くがもう手遅れ。



10shuudanmukudor875
シュウダンムクドリ Grosbeak Starling/Scissirostrum dubium

こんな集団でいるシュウダンムクドリですら、ハルマヘラに渡ってしまったらもう出会えない!
そんなことを考えていると、ハルマヘラは生物相がらりと変わって魅力的なんだけど、スラウェシを離れる寂しさが・・・。



11kurotaiyou876
クロタイヨウチョウ Black Sunbird/Leptocoma sericea grayi

初日に怪しい♀を見て以来、なぜか出会えなかったクロタイヨウチョウ。
全身真っ黒光沢の中、胸だけ赤い!
島ごとに亜種が分かれており、色合いも違う。なかなか鳥屋好みの鳥。
 

あれ?これグンカンドリな気がしてきた。



12kanmurianatuba877
カンムリアアツバメ Grey-rumped Treeswift/Hemiprocne longipennis

町中では電線によく停まっているんだけど、いざ森に来ると飛んでいるとこしか見れない鳥。
やっと写真撮れた。。。



13siroharaanatub878
シロハラアナツバメ Glossy Swiftlet/Collocalia esculenta

こんなボケボケ写真でスミマセン。なかなか撮る機会がないのです。
アナツバメ狙うときはターゲットがムジアナかスラウェシアナ。シロハラアナはハズレなのです。だからか数枚しか写真なし。


ここまででスラウェシ島探鳥おしまい。

マナド空港まで向かい、空港内で軽食。待つこと1時間ちょい。
テルナテ島まで飛行機の旅50分。


14ternate879
テルナテ島に到着!!

プロペラ機みたいなものでテルナテに行くかと思ったら、意外にもガチな飛行機だった!

荷物を受け取り、車に乗り込む。
そして船着き場へ。



14ternate880
船着き場。

このボートでハルマヘラ島を目指す。奥に見えてるデカい島がそうです。

本来は公共のボート、たった25分でハルマヘラ直行なんだけど、今回私たちが乗るボートはチャーター便!途中途中で鳥を見ながらの移動!
こんなに嬉しいことはない!


15nanyoushoubin881
シロガシラショウビン Beach Kingfisher/Todiramphus saurophagus

今回チャーター便にした理由というのが、このシラガシラショウビンを狙うため!!
公共ボートでは難しいらしい。

2~3羽いてくれてたみたいで、探すのは案外楽だった。何より目立つ。


15sirogasshoubin882
しかしマングローブの関係で近づけないのか、結構遠くからの観察。

警戒心も強く、ショウビンにしては結構逃げる方だった。



16higasimisago883
ヒガシミサゴ Eastern Osprey/Pandion cristatus

なんやこれ?と思ってしまうほどマニアックな鳥も出現!かなり見たかったです。
ミサゴから種分化した本種は、ミサゴよりも小型で渡りをせず、また後頸が白いというのが特徴です!

こんなん出会えたら嬉しいでしょ!



17ooajisasi884
オオアジサシ Great Crested Tern/Thalasseus bergii cristata

他の鳥さんは大味くらい。これはこれで嬉しい!
一眼買ってから初大味!



17ooajisasi885
その中の一羽。

このボートに乗っているときからずっと議論。
とあるプロから「あ、オオアジですね!」って簡単に言われちゃったけど、やっぱりこの上面、小雨覆~中雨覆にかけての淡さ具合がベンガルアジサシに見える・・・。

中東の図鑑を見ると明らかにベンガルなんだけど・・・。
もうちょっと頑張って調べます。

そんなこんなで25分で着く距離を1時間かけての移動。

ついにハルマヘラ島に到着!!
まずは宿でちょっと休憩。


18oheya886
泊まるのはここ、Sidangoli Indeh。
綺麗で快適なこの宿に3泊します。


19gohan887
そして昼食。
驚くべきことに、スプライトやコカコーラが出てくる!!

そういえばご飯の写真のっけたの初めてだ。
基本の飲み水はAQUAというミネラルウォーター。全行程すべてこのAQUA、歯磨きもAQUA。
あとは休憩中にコーヒーか紅茶を飲む程度。
しかもコーヒーとか砂糖てんこ盛りだから、甘いコーヒーではなく、苦めの砂糖を飲んでるイメージ。紅茶はまだまとも。

そんな生活をしていたから缶ジュースがおいしくておいしくて・・・。
1本8000ルピアでした。



20zuakamikadobat888
ズアカミカドバト Pink-headed Imperial Pigeon/Ducula rosacea

昼食後はすぐに鳥見。
モルッカ諸島に属するハルマヘラ島はニューギニア寄りのため、ニューギニアやオーストラリア区の鳥がメインになってくる。もちろん固有種も多い!
そんな居ても立っても居られない状況で最初に出たのはズアカミカド!



21yokohuriougi889
ヨコフリオウギビタキ Willie Wagtail/Rhipidura leucophrys melaleuca

ケアンズ等行けばいくらでも見れるらしいですよ、こんなに愛らしい鳥が。
ただもちろんモルッカ亜種なので、ここでしか見れないヨコフリ!



22morukkagarasu890
モルッカガラス Long-billed Crow/Corvus validus

とにかくでかい&レアとの噂を聞いていたので、出会うのか楽しみだったモルッカガラス!
結構頻繁に出てきてくれるから普通かと思ったら、2日目以降全く出てこなくなってしまった!

一応大きさは53㎝ほど。ハシブトですね。



23taihakuoumu891
タイハクオウム White Cockatoo/Cacatua alba

タイハクオウムが飛んできた!
ペットとして人気のバタンシリーズの一つ。頭が黄色くないせいか、日本じゃそこまで・・・って感じな。
Mahawuでみたコバタンと同じ仲間ですが、こちらは個体数が多い。毎日しっかり見かける程度。あんま近くには来ないけど。

ちなみにこの子はこっちに向かって飛んできているとこ。


23taihakuoumu892
近くに停まり、頭をしっかり膨らませ、私たちの様子を見に来た!

なんともかわいいオウム!
人気が出ると、どうしても密猟とかになっちゃうので、このまま人気無い鳥でいてもらおう。



24iriomote893
ちなみにこんな環境。

鳥が見つけやすい。



25moukkashoubin894
モルッカショウビン Blue-and-white Kingfisher/Todiramphus diops

ちょっと車を走らせると、電線にショウビンが!
固有種のモルッカショウビン!

雄成鳥かな。


25moukkashoubin895
雌、若い個体?

25moukkashoubin896
雌成鳥。

25moukkashoubin897
雄、なんか若そう。

と、まぁ、一気に4羽も電線に停まっとるんですわ!
「このショウビンは簡単だな!」みたいな会話してた記憶があるけど、この後は一切出ず!

こりゃひとつ間違えば外すな・・・。



26oohanainko898
オオハナインコ Eclectus Parrot/Eclectus roratu vosmaeri

これも日本で有名なペットインコ。
異端なほどの性的二型で有名なため、♀はオオムラサキインコと呼ぶことも。



27haigasirahimea899
ハイガシラヒメアオバト Grey-headed Fruit Dove/Ptilinopus hyogastrus

まだまだ目的地に向かい移動中。
ハルマヘラの鳥がスラウェシと違いすぎるせいで、こまめに停まっては鳥見で、全然進まない!



28siwakobu900
パプワシワコブサイチョウ Blyth's Hornbill/Rhyticeros plicatus

ハルマヘラ島唯一のサイチョウ、パプワシワコブサイチョウ!
「ショッショッショッ!」という大きな羽音を立てつつ「ウーァ、ウーァ!」と大声でなく、かなり目立つ存在。大きさも91㎝もある。

こんなとんでもない鳥がかなり多く生息してます。出会い率はアカコブサイチョウ以上。

このサイチョウが多くいるってことはそんだけジャングルが凄いということで。。。



29kiniromukudori901
オナガテリカラスモドキ Metallic Starling/Aplonis metallica
キンイロヒヨドリ Moluccan Golden Bulbul/Thapsinillas affinis

旅中はキタキンイロヒヨドリNorthern Golden Bulbulということで通していたけど、キンイロヒヨもキタキンイロヒヨも分類がいまいち不明でそんなことに。

ハルマヘラはサウザンで正しいはずです。スラウェシはキタ。


30morukkainuwasi902
モルッカイヌワシ Gurney's Eagle/Aquila gurneyi

ビタキ君が「Eagle!Eagle!」と叫んだ先にホントにEagleが!!
日本のイヌワシほどじゃないですが、それでもでかい!ハルマヘラでは最大の猛禽!

長い間旋回してくれて、かなり楽しませてくれました。

・・・私、日本のイヌワシを見てないのに、モルッカイヌワシ見ちゃうとは。。。

 

ってことでやっと、目的地に到着!といってもただの車道だけど。

31paradise903
「なんだこれは・・・?」
「ミナミガラス・・・?」
「モルッカガラスではないし・・・」

などの会話をしながらこんな鳥を観察。
ビタキ君がTheoに確認しに行くと「Oh, Pradise-crow !!」と笑い声が聞こえる。

なにぃ!? こいつ、パラダイスだったのか!!



31paradise906
カラスフウチョウ Pradise-crow/Lycocorax pyrrhopterus

その名の通り、れっきとしたフウチョウ科!極楽鳥!!
これを見てカラスフウチョウだと気付かなかった自分が悔しい・・・。

結構レア種だと思っていたのに、あっさりと。しかも6羽もいたし。

しかしこれは私たちが全行程でラッキーだっただけで、やはり外す人もたくさんいる。



31paradise905
眉毛が盛り上がる。

一回カラスフウチョウだとわかってしまえば、顔つきや体、行動などがフウチョウに見えてくる。

地味だけどステキな鳥、かなり気に入りました。



32ouchuu904
テリオウチュウ Spangled Drongo/Dicrurus bracteatus atrocaeruleus

逃げちゃった・・・。



33akagaoinko907
アカガオインコ Red-cheeked Parrot/Geoffroyus geoffroyi cyanicollis

ステキインコが舞い降りた!
ハルマヘラ島ではおそらく一番見やすいインコ。かなり多い。

このおどけた表情がインコ好きにはたまらない!

後頸はカラフリーで、亜種によって様々らしい。なんでもこいつは16亜種にわけられてるし。


33akagaoinko908
アカガオインコの♀。

このいやらしい目つきがインコ好きにはたまらない!



34morukkamikado909
モルッカミカドバト Cinnamon-bellied Imperial Pigeon/Ducula basilica

その後もハトやらオウチュウやらと遊びながら時間を過ごす。
このモルッカミカド、尾にしっかり帯が入っていて、オビオバトっぽい。



35kurakunatta910
なんやかんやしているうちに暗くなってきた・・・。

このまま夜まで突入し、夜の鳥を狙う!


最初はモルッカコノハズクを狙うが大した成果がない。

ポイントを変えると別の鳥の鳴き声が!

頑張って探すこと20分・・・



36tonda911

36tonda912
ついに目の前を横切った!!!!!!

もうみなさん何かお判りでしょう。



36zukuyotaka913
ハルマヘラズクヨタカ Moluccan Owlet-nightjar/Aegotheles crinifrons

魅惑の夜の鳥、ヨタカ目ズクヨタカ科ハルマヘラズクヨタカ!!
その和名と英名からわかるように、フクロウのようなヨタカです。

ハルマヘラの夜の鳥では最難関のハルマヘラズクヨタカ。

ホントラッキーだ。鳥運ありまくり。

こんな不思議で激レアなズクヨタカ。全行程の鳥見で一番うれしかったかも。



スラウェシ島

1.アマサギ 2.ムナオビクイナ 3.(チャバラバンクイナ) 4.カオジロクロバト

5.チャイロキンバト 6.ミカドバト 7.セレベスソデグロバト 8.セレベスサトウチョウ

9.ウチワインコ 10.セレベスバンケン 11.セレベスバンケンモドキ

12.スラウェシオニカッコウ 13.(セレベスジュウイチ) 14.カンムリアマツバメ

15.シロハラアナツバメ 16.ムジアナツバメ 17.スラウェシアナツバメ

18.ナンヨウショウビン 19.(カオジロサイチョウ) 20.アカコブサイチョウ

21.モリツバメ 22.コシジロオオサンショウクイ 23.コシジロナキサンショウクイ

24.カンムリオウチュウ 25.スンダガラス 26.コシジロヒヨドリ 27.ツバメ

28.リュウキュウツバメ 29.セレベスムジチメドリ 30.クロビタイメジロ

31.シュウダンムクドリ 32.セレベスハナドリ 33.ノドアカハナドリ

34.クロタイヨウチョウ 35.キバラタイヨウチョウ 36.キゴシタイヨウチョウ

37.スズメ

 

ハルマヘラ島

1.ツカツクリ 2.ヒガシミサゴ 3.シロガシラトビ 4.カワリオオタカ

5.モルッカイヌワシ 6.オオアジサシ 7.カノコバト 8.ハイガシラヒメアオバト

9.モルッカミカドバト 10.ズアカミカドバト 11.タイハクオウム 12.アカガオインコ

13.オオハナインコ 14.バンケン 15.(モルッカコノハズク) 16.(オビロヨタカ)

17.ハルマヘラズクヨタカ 18.シロハラアナツバメ 19.モルッカショウビン

20.シロガシラショウビン 21.ハチクイ 22.パプワシワコブサイチョウ

23.(オオヤイロチョウ) 24.(ハルマヘラハゲミツスイ) 25.テリオウチュウ

26.ヨコフリオウギビタキ 27.モルッカガラス 28.カラスフウチョウ

29.キンイロヒヨドリ 30.(モルッカメジロ) 31.キバラタイヨウチョウ

32.キンパラ 33.オナガテリカラスモドキ


初見は22種!さすがウォーレシア!!

|

« スラウェシ島特集! | トップページ | 9/3 Sulawesi&Halmahera Birding~Monarch~ »

コメント

今見返すとこの日は旅の中で最も濃いと言っても差し支えない日だったんですね~。いやはや更新ありがとうございます。そういえばそうだったなあと懐かしむ毎日です。ハルマヘラはなんだかんだ言って初日がすごかったですね。

モルッカショウビン、モルッカイヌワシ、モルッカガラス、カラスフウチョウ、ハルマヘラズクヨタカなんかばっちり写真まで撮っちゃいましたけど、どれも今思えばラッキーでしたね。これらを一日で見たことがいかに幸運だったとわかる人はほぼいないと思いますが、日本で言ったら北海道でクマゲラ、コアカゲラ、エゾライチョウ、ギンザンマシコ、シマフクロウを一日で見るようなもんじゃないすか?(笑)

こういうのに加えてインコ、オウム、サイチョウ、ハトなんかもその辺を飛んでいるんですから、ハルマヘラがいかにぶっ飛んでいることか…(A;´・ω・)

あ、そういえばズクヨタカの飛翔、堂々とOriental Bird Imagesに載せられるレベルだと思いますよ。マジで。クレジット付けといたほうが‥(笑)


投稿: ひたき | 2012年9月20日 (木) 22時01分

とんでもないとはこのことだね。

レア鳥見すぎたわ。ほんと北海道に例えるとそんな感じ!Theoが言うくらいだし、全行程、本気でとんでもなくラッキーだったんだろうな・・・。

あと何気に凄いのがスラウェシ。たった朝の1~2時間鳥見ただけで37種って異常でしょ。っつり見たハルマヘラで33種なのに。

もっかいチャレンジしたいな、ここは。


クレジットめんどい。
グンカンドリはもうちょい待って。

投稿: しんや | 2012年9月20日 (木) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/47126035

この記事へのトラックバック一覧です: 9/2 Sulawesi&Halmahera Birding ~ついにモルッカへ!~:

« スラウェシ島特集! | トップページ | 9/3 Sulawesi&Halmahera Birding~Monarch~ »