« 9/3 Sulawesi&Halmahera Birding~Monarch~ | トップページ | 9/4 スラウェシ島&ハルマヘラ島探鳥記~最難関ショウビン~ »

2012年9月25日 (火)

羽屋あるある

Scopowl963_2

翼標本を作っているとどうしても起こってしまう現象があります。

それがこんな風に雨覆の重なりが逆転してしまう現象!!

わかりますか?
初列大雨覆の4枚目が初列風切8枚目の下に隠れてしまい、初列大雨覆5枚目が6枚目の上にきてしまっています。

これは見た目が美しくないだけでなく、本来の枚数も把握しにくくなります。

「服装の乱れは心の乱れ」とはよく言ったもので、こういった状態を放置してしまうと、あとあと全てがどうでもよくなってしまうのです。



Scopowl964

というわけで直しましょう。

上に出てしまっている羽、今回は5枚目が上に出てしまっているので6枚目から順番に上に出していきます。

調子が良ければ1~2枚で終わりますが、調子が悪いと終点まで行きます。

ここで役に立つのが安~~いピンセット!
高いピンセットはダメです。硬いので、羽軸が曲がってしまうかもしれないのです。

この安~~いピンセット、噛み合わせは最低で先端がグニャグニャ曲がります。ストレスは溜まりますが、やわらかい羽は扱いやすいです。



Scopowl965

もくもくと一心不乱に作業すること2分!

満足のいく重なり具合です。惚れます。今晩一緒に寝たいぐらいです。



ここまで作業していつも思うのが、なんで鳥はあんなぱっぱか羽繕いして綺麗に重ねられるのか。

正直、中雨覆などは修復する気もおきないくらいやっかいなのに、なぜどうして!?

一心不乱に小鳥が羽繕いしてるのも納得です。気を抜くと重なりを間違えて最初から・・・なんてことになりかねないですし。

|

« 9/3 Sulawesi&Halmahera Birding~Monarch~ | トップページ | 9/4 スラウェシ島&ハルマヘラ島探鳥記~最難関ショウビン~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/47211490

この記事へのトラックバック一覧です: 羽屋あるある:

« 9/3 Sulawesi&Halmahera Birding~Monarch~ | トップページ | 9/4 スラウェシ島&ハルマヘラ島探鳥記~最難関ショウビン~ »