« 10/2 普正寺の森 | トップページ | 絶版図鑑紹介 ~第1回~ »

2012年10月11日 (木)

10/3 舳倉島

朝一で金沢を出発し、輪島へ向かう。

風は強く(この日は台風通過後2日目だった)、船が出るかも怪しい状況だったけど、なんとか大丈夫そう。

輪島の朝市などを見てから港で出港の時間を待つ。

1wajima990
出港!!

台風後、というのもあって波が高く、船が揺れまくる!!
出港して20分くらいで、この船は大量ゲロ輸送船に早変わり。半数の人は吐いたんじゃないだろうか・・・。

もちろん海鳥など見る気も起らず、ただただ90分間、ゲロ拷問に耐えるはめに。。。


・・・・・・。


ってことで10:35、舳倉島に到着!!!!

2mahiwa991
港にはマヒワが!!

しかもかなり警戒心がないのか、近寄っても逃げず、というか近寄ってくるというか。

そんなマヒワを後にし、いったん宿に向かう。今回も「民宿つき」で。


2mahiwa992
宿で準備をし、探鳥開始!!!!

やっぱり多いマヒワ。あっちにもこっちにも大量発生していた。

マヒワってじっくり見る機会がそう多くないからかなり嬉しかった。

そっからは日が暮れるまでひたすらぐるぐる島を回る。

3binzui993
ビンズイ


4mahiwa994
やっぱりマヒワ


5mebosomusikui995
メボソムシクイ


6atori996
アトリ


7samebitaki998
個体数が異様に少ないサメビタキ


8tugumi999
ツグミも大量発生中。

私は秋の離島というのは初めてなんだけど、こんなに早くツグミが来るもんなの?

本州じゃまだまだ見れない雰囲気だけど。。


9kasiradaka1000
カシラダカ


10tugumi1001
ハチジョウツグミ

大量ツグミを見ていくと、なんとか1日1回はハチジョウツグミを見つけることができる。

なうまんに。


11tasigi1002
タシギ

海岸線を藪漕ぎすると飛び出してびっくりする。
次列風切の白線と翼下面からタシギと同定。


12ezobitaki1003
エゾビタキ

12ezobitaki1004
かわいいな、もう。


13kikuitadaki1005
キクイタダキ数羽の群れを発見!

久しぶりに見るキクイタダキは思っていたよりも小さく感じた。かわいい。


14ahiwa1006
港のマヒワ。

警戒心が無さすぎるため魚眼レンズで近寄ってみた!

マヒワとレンズの距離は20~30cm!かわいすぎる!!

15iragahoojiro1007
シラガホオジロ

何週かしたころやっとシラガホオジロに出会えた!!
秋の離島未経験の私はシラガは初見なため、見つけたときは「ホオジロ??」となってしまった。。。悔しいね。

ネットやら図鑑やらで見る分にはシラガはすぐわかるんだけど、実際に見るとなかなか難しい鳥でした。

15iragahoojiro1008
シラガホオジロ雄も。

雄なら当然すぐわかる。

15iragahoojiro1009
難しい鳥だけど、一回見ちゃえばこの顔つきもシラガっぽく思えてくる。


15iragahoojiro1010
全部で3羽。

警戒心はかなり強くて、ぜんぜん近づけない。。。


16akamozu1011
アカモズ

17mamichajinai1012
マミチャジナイ


18nobitaki1013
尾が黒いノビタキ

21atori1014
アトリ。

舳倉島の優占種はマヒワ・アトリ・ツグミ。とにかく多かった。

22mamichajinai1015
マミチャジナイ

23hasibutogarasu1016
ハシブトガラス


11:00~18:00までひたすら歩き回っておしまい。

1.オオミズナギドリ  2.アオサギ  3.マガモ  4.ハシビロガモ  5.トビ

6.ハヤブサ  7.タシギ  8.ヒレアシシギsp.  9.ウミネコ  10.カラスバト

11.キジバト  12.トケンsp.  13.アカゲラ  14.ヒバリ  15.イワツバメ

16.キセキレイ  17.ハクセキレイ  18.ビンズイ  19.アカモズ  20.ノビタキ

21.ルリビタキ  22.イソヒヨドリ  23.シロハラ  24.マミチャジナイ  25.ツグミ

26.ウグイス  27.メボソムシクイ  28.カラフトムジセッカ?  29.オオルリ

30.サメビタキ  31.エゾビタキ  32.コサメビタキ  33.メジロ  34.ホオジロ

35.シラガホオジロ  36.コホオアカ  37.カシラダカ  38.アオジ  39.アトリ

40.カワラヒワ  41.マヒワ  42.シメ  43.ムクドリ  44.ハシブトガラス

|

« 10/2 普正寺の森 | トップページ | 絶版図鑑紹介 ~第1回~ »

コメント

シラガホオジロにアカモズ、羨ましいです。
ところで1つ質問なのですがシジュウカラとエゾビタキの三列風切の見分け方はご存知でしょうか?Te1なのは分かるのですが種類が分からない羽根を拾ったので。
もし分かりましたら見分け方を教えて下さい。

投稿: しん | 2012年10月11日 (木) 17時05分

確かに似ていますね。
私はエゾビタキは持っていないので、根元などのパターンがどうなっているのかわかりません。

ですが、カラ類は触ると脆いというか、強度が無い感じ(パサパサした感じ)です。
ヒタキは触るとパサパサの中に強度があると言いますか、形をキープしやすい硬さです。

さわり心地が違うので、私はあまり気にしたことがないです。

Muscicapaはコサメしか持っていませんが、エゾビも似たようなもんでしょう。

投稿: しんや | 2012年10月11日 (木) 23時47分

わざわざありがとうございます。
僕はヒタキの羽根は拾ったことがないので質感の違いはよくわからないですが、シジュウカラの羽根かなと思っています。
では、またよろしくお願いします。

投稿: しん | 2012年10月12日 (金) 00時09分

ヒタキ類はオオルリ♂以外は特徴が無くて拾っても同定がむずかしいです。
私は種類がわかんないときはすぐ捨ててますが、コサメビタキと思われる羽は神奈川でも頻繁に拾えますよ。

なにかあればメールででも写真を送っていただければ識別頑張ってみます。

投稿: しんや | 2012年10月12日 (金) 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/47403009

この記事へのトラックバック一覧です: 10/3 舳倉島:

« 10/2 普正寺の森 | トップページ | 絶版図鑑紹介 ~第1回~ »