« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

12/23 大洗~苫小牧航路、勇払

※ひっどいボケボケ写真が大量に出てきます。それでも寒い中頑張ってるんです。けなさないでください。


6:50岩手県北部にて日の出を迎える。
詳しい場所はわからないけど、1時間もしないうちに青森県の鮫角灯台に入った気がする。

とは言っても、日の出直後なんか鳥を見れる明るさでもないので、あたたか~い船内で準備したりなんなりでのんびり過ごし、7:30から鳥見開始!

1sapporo1164
さんふらわあ さっぽろ の甲板。
さっぽろ/ふらの は鳥見る場所が少ないのが大変。

運よく晴れてくれてます!!がんばっぺ!!


2koahoudori1165
鳥見開始して一発目の鳥はコアホウドリ!

なかなか幸先良い感じです。

ちなみに、観察環境は最悪最低です。
超極寒の暴風が常にふきっさらし&水しぶきオプション付きの超鬼畜具合!!
全身が寒すぎて痛い。

もちろん鳥屋は私だけなので、一人寂しくガタガタ震えてうずくまりながら、ただただ耐える・・・。
しかもこの時期なんでね、ミズナギドリは皆無です。海がさびしいんですよ!何も出ない時時間が

3aomori1166
8:00 青森県突入。
さっきまで晴れていたくせにこんな空模様に。。。もちろんこの後にどか雪タイム!!
甲板に雪が積もり始める。もうやだ、鬼畜。

さすがに耐えられなくなり、30分ほどベットに戻り朝ご飯タイム。


4utou1169
8:30開始。
なんとか雪はやみ、甲板が濡れていたおかげで雪も消え去りました。

しかし寒さはより酷くなっている。辛すぎる・・・。

そんな中出てくれたのはウトウ。
ウミスズメ類の中では一番多く出てくれたウトウ。だいたい2~3羽の群れで行動していました。


5kuroasi1170
後にも先にも、たった1羽しか出てくれなかったクロアシアホウドリ。

あ、船乗った事ある人ならわかってくれると思いますが、暴風か波が高いと水しぶきが激しいんですよね。
で、もちろん甲板にも降り注ぐぐらい。なので目の前には水しぶきのベールがかかっているわけです。
写真がボケボケなのは技術無い&暗い&水しぶきベールのせいでです。


6koahou1171
最初は感動したコアホウドリも青森県沖からちらほら見えるようになり、そこから苫小牧港までひっきりなしに見えるようになる。特に苫小牧港沖に200羽はいたであろう群れにぶつかる。
私は鳥屋のくせにアホウドリを見ていないので、なんとか見つけ出そうとコアホは可能な限り見まくったんですが、結果は・・・。

蝶屋が「俺ギフチョウ見たことないんだ」って言うようなもんですよ、鳥屋がアホウドリ見たことないってのは。


7hareta1172
9:00過ぎ、光が差し込んだ!!

「よーし、こっから快進撃だ!」
・・・と思ったものの、肝心の鳥が出てくれなく寒さに凍えてひたすら海を眺めるだけに。
ウトウとコアホ、ミツユビくらいは出たけど。


8oohamu1173
9:30~ オオハム、シロエリオオハムが大量発生するようになる。
左からシロエリオオハム・オオハム・シロエリオオハムかと。


8oohamu1174
オオハム?

ちょっとわからないけど、オオハム類が意外にも空高くを頻繁に飛んでくれて非常に見つけやすい。

だいたい2~4羽程度の群れで飛び交ってる。サイズが大きいということもあり見つけやすく、往路だけで70羽以上は観察できたんじゃないかと。


9mituyubi1175
ミツユビカモメはずーっとたっぷり。

アカアシミツユビカモメが混じってないかと、結構写真だけは撮りまくったんですがダメですね。


10hasibutoumi1176
青森県北部にはいったかな? 時間は10:30を過ぎたあたり。


ここら辺からハシブトウミガラスが2~3羽の群れでよく見かけるようになる。

遠くの個体の場合ウトウかウミガラスか識別に悩みますが、このくらい近くを飛んでくれたり、翼下面の写真がギリギリ撮れればなんとかなります。


11oohamu1177
オオハム。

緯度で言えば下北半島沖くらい。ここはオオハムが多く入り込んでいた。あとはウトウ、ハシブトウミ。
それと遠くでトウゾクカモメが一羽飛んでったくらい。


12hasibutoumi1178
ハシブトウミガラスはそこそこ出るんだけど、これくらい写真撮れる位置にはほぼ来てくれない。
今回の航路は基本的にみんな超遠いです。コアホウドリ・カモメを除いて、すべて肉眼では見つからないレベルの遠さを飛んでいます。

そのため、くっそ寒い超暴風の中でもがっつり双眼鏡をのぞき続けなければいけないんです。やりすぎたのか、瞼がひび割れしましたが。

それはそうと、この一番後ろの個体がただのウミガラスに見える。観察している時も顔が白いなとは思ったんですが、写真ではどちらとも取れるような白さ具合。。。

曖昧なのでここではハシブトウミガラスとしておきます。


13koahoudori1179
12:00から30分ほどお昼休憩を取り、12:30から鳥見開始。
この船は13:30には苫小牧に入港してしまうので、もう1時間しか鳥が見れない!!

ということで苫小牧港沖。もう双眼鏡では苫小牧港が見えてしまう距離、焦る!

先ほども言いましたが、苫小牧港沖には意外にもコアホウドリが200羽はいるであろう超大群が!!

すごく見応えがあり、やはり嬉しい!!
・・・けどね、違うんだよ。
わざわざこんな超極寒航路で苫小牧沖まで来て、見たいのはコアホウドリじゃないんだよ!氷のカモが見たいんだよ!!

なわけで、コアホは基本無視で水面に浮いてるような、飛んでるようなのばかり探してました。


14umisuzume1180
ウミスズメ。

やっと出た!めちゃくちゃ遠くをぱらぱら飛んでるのを発見!
意外にもウミスズメは出てなかったんですよ。

相変わらずウトウやハシブトウミ、オオハムは出ています。


15chiisai1181
基本遠くばかり眺めているから、甲板の真下はたまにしか見ない。

で、ふと見たらなんか2個飛び立った!!

16koumisuzume1182
拡大写真。

やりました!

この肩の白線、次列風切の白線、喉から下尾筒まで白い・・・。

みなさんはもうお分かりですね。


そう、コウミスズメです!!嬉しい・・・。

コウミは春先の航路で15羽程度の群れが飛んでるのを観察したことはあるんですが、まさかこんな2羽しかいない群れを見れるとは・・・。

コウミスズメ見たことある人ならわかっているでしょうが、本気で小さいんですよ!!
ウトウは38㎝ほど、ウミスズメ・カンムリウミでも26㎝はありますけど、このコウミスズメは14㎝!ガチなスズメサイズときたもんだ!!

水平線を眺め、荒れる大海原にスズメサイズの小鳥が2羽・・・。見つかるわけないでしょう!
だから今回は諦めていたんですが、何とか出てくれました!イエーイ!!

ネタバレすると帰路でも見つけられたんですけどね。

航路楽しいですね。。。


17umisuzume1183
コウミスズメにホクホクしていたらまたウミスズメが。

最低でもこのくらいの距離飛んでくれればカンムリかただウミか識別は容易なんですけどね。


このウミスズメを最後にし、苫小牧港に入港してしまった。
目標だったコオリガモは見つからず・・・。


18ojirowasi1184
港にはウミウ、ヒメウ。オジロワシもいてくれた。


19sirokamome1185
冬の北海道は初めてなので、シロカモメ、ワシカモメの多さにびっくり!
知識としては知ってはいたものの、いざこの真っ白だらけのカモメの群れを見たら驚きだよ。


19sirokamome1186
オオセグロ集団。
特に変わったカモメは見つからず。アイスランドやアラスカシロは探してないです。

港内のカモはホオジロガモ、シノリガモ、クロガモばかり。


結局ライファーは増えぬまま苫小牧に着いてしまった・・・。

速攻で苫小牧駅まで行き、そこにいらない荷物をコインロッカーに預け、すぐに勇払に向かう。

1yuuhutu1187
一面雪雪雪雪雪雪な勇払。

一見寒そうに見えるけど、超極寒暴風航路で鳥を見ていた私には暑いくらい。上着2枚脱いでからの鳥見。

2kanmurikaitu1188
まずはカンムリカイツブリ。

配色がコオリガモに似ててびっくらこいた。


3kurogamo1189
クロガモが飛んできた。


4kitune1190
キタキツネも飛んできた。


15kasasagi1203
沖を見るとビロードキンクロが。

次列風切が白いので肉眼でもなんとなくわかります。



5aranami1191
アラナミキンクロの♀ (*゚∀゚)!!

顔に2つの白斑!
次列風切に白は見えない!

これは来た!!さすが北海道、こんな迷鳥までいるとは!!





・・・はい。
よくネット上で話題になるやつですね。

これはアラナミコスプレのビロキンです。
うまいこと次列風切が隠れてますね。
この子は一回も次列風切を見せることなく、沖合まで泳いで行っちゃいました。

見つけた瞬間は本気でアラナミだと思ったんだけどなぁ・・・。


6umiu1192
ウミウ。

ウはウミウばかりで、ヒメウは数羽しか見なかったです。


7sirokamome1193
シロカモメ。

10ooseguro1196
オオセグロカモメ。


8kurogamo1194
クロガモ♂


13kurogamo1199
クロガモ♂


9birokin1195
ビロードキンクロ♂


11hoojiorogamo1197
ホオジロガモ♂


12hoojirpo1198
ホオジロガモ♀

勇払のカモはこんな感じです。
後はシノリガモがいるくらい。

個体数的にはホオジロガモ>クロガモ>ビロードキンクロ>シノリガモ>キンクロ・スズ・ヒドリ・・・

沖を見れば航路でいっぱいいたコアホウドリを見ることができる。


14kawaaisa1200
カワアイサもたっぷり。


15kasasagi1201
さすが苫小牧!カササギも大量にいます!


15kasasagi1202
うぅ、、、寒くなってきた。。。

だんだん暗くなってきたので16:30で鳥見終了。

しかし苫小牧在住の山男と合流できるのは22:00ごろというので、それまでネットカフェで時間をつぶす。


合流後はシイタケと鹿肉をごちそうになり、温泉までおごってもらって体力回復!


記録
 

航路
1.オオハム  2.シロエリオオハム  3.コアホウドリ  4.クロアシアホウドリ

5.ハシボソミズナギドリ(1羽のみ確認)  6.フルマカモメ?  7.ウミウ  8.ヒメウ

9.クロガモ  10.ホオジロガモ  11.シノリガモ  12.オジロワシ  13.ウミネコ

14.カモメ  15.ミツユビカモメ  16.オオセグロカモメ  17.セグロカモメ

18.ワシカモメ  19.シロカモメ  20.トウゾクカモメ  21.ウトウ  22.コウミスズメ

23.ウミスズメ  24.ハシブトウミガラス


勇払
1.ハジロカイツブリ  2.カンムリカイツブリ  3.カルガモ  4.ヒドリガモ

5.キンクロハジロ  6.スズガモ  7.ホオジロガモ  8.クロガモ  9.シノリガモ

10.ビロードキンクロ  11.トビ  12.ウミネコ  13.コアホウドリ  14.セグロカモメ

15.オオセグロカモメ  16.シロカモメ  17.ワシカモメ  19.トビ  20.スズメ

21.カササギ  22.ハシボソガラス

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

12/22 大洗港

本当は11月の三連休で航路に乗るつもりだったんだけど、諸事情があり、断念。。。

そして今回、時間を作れたということもあり、大洗ー苫小牧航路に乗ってきました!!

ただ鳥屋のみなさんなら「今の時期何が出るんだ?」「今の時期最低じゃね?」などと思うでしょう。私もそうです。
ですけど、今しか時間が取れないため致し方ないのです。


では鳥屋は誰も乗らない、12月末の大洗ー苫小牧航路の貴重な記録を書いていきます。



1ooarai1159
よーし、がんばっぺ!

今回は18:30大洗発、翌日13:30苫小牧着の夕方便に乗ることに。この便は鳥を見る時間が少ないため鳥屋は深夜便に乗るもんなんです。
ですが、今回は「苫小牧港沖でコオリガモを見まくる!!」という目標があるため、夕方便にしました。あとまだ見ぬアホウドリ・オオトウゾクカモメ・ハシジロアビ・えとろふえとぴりかつのめどりうみおうむしらひげあかあしみつゆび・・・などなど、時期が外れてるものと冬のウミスズメも見てやろうってことでね。

「18:30発だから17:30に港に着けばいっか」
と数日前から計画組んでいたんですが、なぜか17:30=5時半、と15時半を間違えてしまいなんと出港3時間前に到着してしまう事態に。
チケットを買ってから
「なんで出港ぎりぎりになるように家出たのに、3時間も待たなきゃいけないんだ?」って考えて、やっと発覚!一人旅の怖いところね。

早く着いてしまったものは仕方がないので、大洗港で鳥見を。
2ooseguro1160
オオセグロカモメ。
頸が太いですね。かわいい。

3sinorigamo1161
シノリガモ。

キンクロ・スズ・ヒドリの群れに一羽だけ混じってた。
この時私は超可愛いシノリガモTシャツを着ていたので、その恩恵ですね。

こんなもん。

時間が来たので港へ戻る。
エコノミークラスのチケット取っていたのですが、カジュアルクラスの空きがあるとのことで急遽ランクアップ!
さんふらわあ さっぽろ/ふらの のカジュアルクラスは初めて!

4sennai1162
さんふらわあ さっぽろ のフロント!

この風景が懐かしい人もいるのではないかと思って撮影。
ここ3年間で佐渡島航路と舳倉島航路しか乗らなかったせいもあり、異常に豪華に感じます。

4sennai1163
さっぽろ/ふらの のカジュアルルーム。

寝心地などは しれとこ/だいせつ のカジュアルと一緒ですが、こちらはなんとコンセントが無い!!結構不便です。。。


18:30出港開始。
6:50が日の出なのでそれまでお風呂入ったりのんびり過ごす。
夕方便はこの日の出までの時間が長いのでもどかしい!12時間以上ものんびり過ごさないといけない!

さぁ、朝起きたら鬼畜の超極寒暴風の海の上で一人寂しく鳥見だ。。。
本気で寒いんだろうなぁ、やだなぁ。


1.ハジロカイツブリ  2.アオサギ  3.コサギ  4.ヒドリガモ  5.キンクロハジロ

6.スズガモ  7.シノリガモ  9.ウミネコ  10.セグロカモメ  11.オオセグロカモメ

13.ユリカモメ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

プチ遠征中

Dsc_19195
現地のネットカフェから更新中。

カササギが生息している土地にきています。

カササギに出会うのは4回目だけど、やっと写真撮れた・・・。
1回目は電車の中からちら見、2・3回目は飛翔を確認のみで・・・。

あさってにはちゃんと更新するかも、しないかも。たぶんしない。

眠いですね。おやすみなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

12/20 まっかっかな茨城県

朝早く電車に乗り、東京で拾ってもらって、茨城県まで行ってきました。

10時半には到着し、すぐ鳥見開始。


1benimasi1143
ベニマシコ。

早速、ベニマシコの群れに出会えた!!
いままでこんな大群のベニマシコに出会ったことない!!ってくらい大量にいる。



2hoojiro1144
地面でがさごぞはホオジロ。

なかなか紛らわしい。



3higara1145
ヒガラたっぷり。

林道を歩き続けて1時間。
このあたりから不安が募ってくる・・・。目的の鳥が全く出てこない・・・・・・。

諦めて引き返えしたところ、前を歩いてた方から「でましたよ~!!」と!

そりゃもう走った走った!



4oomasikosama1146
うおおおぉぉぉぉぉぉおおおおおおましこ様!!!

超まっかっかなオオマシコ!

なんだっこの赤色!なんかもう紫って感じ!!

真っ赤なインパクトもあるせいか、やけにサイズがでかく感じました。



4oomasikosama1147
しかも真っ赤なのが2羽もいる!

人に対してはそこまで警戒心はないけど、車には警戒しまくり!
林道脇なので、軽トラがそこそこ通るんですが、そのたびに飛んでっちゃう。



4oomasikosama1148
ちょっと進んだ先にはオオマシコ♀が!

真っ赤もいいけど、こういう淡い紅もなかなか素敵。かわいいったらありゃしない。

なんとか午前中には目的を達成でき、やっとのんびり鳥見ができる。



5kikuitadaki1149
キクイタダキ。

ヒガラ・エナガ・シジュウカラと共に行動。いっぱいいました。



6benimasi1150
やっぱり大量発生ベニマシコ。


7kawagarasu1151
カワガラスは4~5羽確認できた。

たぶんカワガラスの写真撮ったのって初めてかも。



8kayakuguri1152
「シリリ・・・」「シリリ・・・」と大合唱の先にはカヤクグリが!

見れたのは一か所だけだったけど、その一か所に6羽ほどいて、どの子を目で追っかければいいのか迷ってしまう。

今年はカヤクグリ多いみたいですね。私の地元でも出ています。



9nosuri1153
カヤクグリ観察中に現れたノスリ。

クマタカも狙っていたけど出てくれなかった。



10benimasi1154
まっかっかベニマシコ!

ベニマシコって茶色い子は警戒心薄いけど、赤い子は警戒心強い気がする。
狙われやすいからかな。



11oomasikosama1155
おおおおおおおおおおましこ様!

今回はちゃんと自分たちで見つけられました。
雄1wなのか雌1wなのかよくわからない子だけど、翼以外は♂っぽいんで、♂かもしれないですね。

こっちは2人で、しゃがみこんで待っていたら手前までやってきてくれました。



11oomasikosama1157
♂1w別個体。

オオマシコは結構見つかり、全部で20羽前後いました。
だけど手前まで来てくれるのは数羽といったところ。



11oomasikosama1156
淡いオオマシコ。

真上の枝にちょこんとやってきて、あらまぁ可愛い。


思いのほかオオマシコを観察でき、帰ることに。

めちゃくちゃ鳥が濃い場所でしたが、寒い寒い!
次行くときは着込んでいかないと。


ありがとうございました!!


記録
1.アオサギ  2.カルガモ  3.コガモ  4.トビ  5.ノスリ  6.コジュケイ

7.アカゲラ  8.アオゲラ  9.コゲラ  10.ハクセキレイ  11.セグロセキレイ

12.ヒヨドリ  13.モズ  14.カワガラス  16.カヤクグリ  17.ジョウビタキ

18.ルリビタキ  19.シロハラ  20.ツグミ  21.ガビチョウ  22.ウグイス

23.キクイタダキ  24.シジュウカラ  25.ヒガラ  26.エナガ  27.メジロ

28.ホオジロ  29.アオジ  30.カシラダカ  31.カワラヒワ  
32.オオマシコ

33.ベニマシコ  34.アカウソ  35.カケス  36.ハシブトガラス


オオマシコ初見。
なんだかんだで、今年10種目のライファーだ。

明日も明後日も明々後日も鳥見です。


おまけ

オシリマシコ

12osirimasiko1158

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

12/19 相模原貯水池

Chosuichi1135
カモの名所!
相模原貯水池!!

ここに来るのはなんと4年ぶり!2002年から通っていた場所なんですが、結構変わっていました。


Hoigurin1142
まず見つけたのはコイツ、taimyrensis。
この子は2002年2月に成鳥を見つけて、そっから毎年律儀に飛来しているかわいい子。

単純計算で最低でも14歳!長生きです。


Hoojirogamo1139
ホオジロガモがいた!!
ここでこいつを見たのは初めて!!
ただ見た感じですと、昨日相模川で見つけた個体と同一っぽいです。

ず~~っと遠くで寝ていて、粘ること30分。
急に起きてこっちに飛んできました。

私に逢いに来てくれたんでしょう。かわいい子め!
♂だけど!


Kanmurikaituburi1137
オナガガモにいやがらせするカンムリカイツブリ。

カンムリの死体で試したんですが、あの嘴はなかなか痛いです。
こりゃ、オナガガモは我慢できないでしょう。


Kinkuro1140
キンクロハジロ。

紫がすごいんですけど。


Kinkuro1141
この子、寝てるんですよ。ずっとこんな格好で。

ついには嘴が水面に付いちゃってまぁ。
気を抜いたら転げ落ちそうです。


Okayosi1136
オカヨシガモ。

いっぱいいました。


Onagagamo1138
オナガガモ。

いっぱいいました。


おしまい。

病院で採血されてからの鳥見だったからか、やけに疲れた。

記録

1.カイツブリ  2.カンムリカイツブリ  3.カワウ  4..アオサギ  5.オシドリ2

6.マガモ  7.カルガモ  8.コガモ  9.ヨシガモ3  10.オカヨシガモ

11.ヒドリガモ  12.オナガガモ  13.ハシビロガモ8  14.キンクロハジロ

15.スズガモ1  16.ホオジロガモ1  17.トビ  18.オオバン  19.イソシギ

20.taimyrensis  21.キジバト  22.ドバト  23.ハクセキレイ  24.セグロセキレイ

25.ヒヨドリ  26.モズ  27.ツグミ  28.ホオジロ  29.アオジ  30.スズメ

31.ムクドリ  32.カラスたち


それにしても最近カモしか見てない気がする。

明日も鳥見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

12/18 相模川→泉の森

Yosigamo1124
どんなもんかと様子を見に行ってきました。

ここ相模川は2009年の春までは頻繁に通ったんですが、それ以降石川県に引っ越してしまったため、どのように変わったのか興味があったのです。


恐ろしいほどにカモは少なく、カモメに至ってはゼロ!

そんな中でもヨシガモが大量発生しており、一か所だけの個体数を数えたらなんと32羽も!!こんなにヨシガモを見たのは初めてだ。


Kijibato1125
亜種ミズアビキジバト。


Kijibato1126n
亜種シュウダンニッコウヨクキジバト。

べちょべちょ座ってて可愛かった。


Aoji1129
アオジ。

個体数は非常に多かった。


Mozu1128
もず。

やっぱり個体数多かった。


Yosigamo1127
亜種キタナイヨシガモ。

ヨシガモばっかり。

個体数としては
コガモ>ヨシガモ>ヒドリガモ>その他カモたち・・・

って感じ。
あっちの群れもこっちの群れもヨシガモヨシガモ。。。


Hoojirogamo1130
ホオジロガモ

2009年2月までは毎年飛来しているのを確認していました。
その後石川県に行ってしまったため詳しくはわからないけど、今年もしっかり飛来してました。

3年前と全く同じ場所に飛来していたから、おそらく同一個体なんだろうな。


Tageri1132
タゲリ

その後は新田宿のタゲリを探す。
おそらく1羽しか飛来していないようで、見つけ出すのは難しかった。

ただ、いざ見つけてしまえばこっちのもん。
警戒心はほとんどないのか、こっちがじっとしていれば向こうから近寄ってきます。


Tageri1133
スタイリッシュタゲリ

かっこいいなぁ。


そんなんで午前中がおしまい。
午後から曇ってくるとのことなので帰宅。

記録
1.カイツブリ  2.カワウ  3.アオサギ  4.ダイサギ  5.コサギ  6.マガモ

7.カルガモ  8.コガモ  9.ヨシガモ  10.オカヨシガモ  11.ヒドリガモ

12.ホシハジロ  13.ホオジロガモ  14.トビ  15.タゲリ  16.イソシギ

17.キジバト  18.ドバト  19.カワセミ  20.ハクセキレイ  21.セグロセキレイ

22.タヒバリ  23.ヒヨドリ  24.モズ  25.ツグミ  26.シジュウカラ

28.アオジ  29.ホオジロ  30.カワラヒワ  31.シメ  32.スズメ

33.ムクドリ  34.オナガ  35.ハシブトガラス  36.ハシボソガラス





午後からはお家でゴロゴロコース。

の予定だったけど、友達が泉の森へ行くということなので、私も行くことに。

Sijuukara1134
シジュウカラ。

曇っているし、鳥いないしで、ただのお散歩に。

記録

1.シジュウカラ  2.その他豪華鳥たち


明日も鳥見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/5 舳倉島

11115
舳倉島探鳥記の続きです。

2か月も前ですが、今日は雨で鳥見にも行っていないのでやっちゃおうかと。


2yamagara1116
ヤマガラ。

世界一可愛いです。


3ooruri1117
オオルリ。

この日は舳倉島最終日というのにもかかわらず、鳥は全然でないという状況に。


4yabusame1118
ヤブサメ。

草藪から茶色いムシクイが飛び出して、パッと見の印象から「カラムジ!カラムジ!」と叫んでしまった。

頭ではカラムジだと思っていたから写真見ても「あれ、カラムジ・・・じゃないけどカラムジだよな・・・」ってなって。
そのあと一瞬飛び出した時に尾羽が見えてあーなるほど。


5mahiwa1119
マヒワ。

スカベンジャーマヒワ。


6sijuukara1120
シジュウカラ。

三日目にしてやっと見れた種。
特に感動もなし。


7kohooaka1121
コホオアカ。

ぺっぺこ走っているところ。
かわいい。


9kosamebi1123
コサメビタキ。

これまたかわいい。


8kikuitadaki1122
キクイタダキ。

三日目ともなると疲れも溜まってきており、船出港の時間までキクイタダキの水浴びをひたすら見て時間をつぶしてた印象が。


舳倉島おしまい。

ゲロ船に乗り込んだら、ゲロを吐く前に寝ることにした。
そのためオオミズナギドリは一回も見ることなかった。

この日は金沢で宿泊。

翌日は普正寺の森をもっかい攻めることに。


記録

1.オオミズナギドリ  2.ウミウ  3.アオサギ  4.マガモ  5.トビ  6.ハヤブサ

7.タシギ  8.オオセグロカモメ  9.ウミネコ  10.カラスバト  11.キジバト

12.トケン  13.コミミズク  14.アマツバメ  15.カワセミ  16.アリスイ

17.アカゲラ  18.ヒバリ  19.ショウドウツバメ  20.キセキレイ  21.ハクセキレイ

22.ビンズイ  23.タヒバリ  24.ヒヨドリ  25.ノビタキ  26.イソヒヨドリ

27.シロハラ  28.クロツグミ  29.マミチャジナイ  30.ツグミ  31.ハチジョウツグミ

32.ヤブサメ  33.ウグイス  34.メボソムシクイ  35.オオムシクイ

36.キクイタダキ  37.オオルリ  38.コサメビタキ  39.エゾビタキ  40.ヒガラ

41.ヤマガラ  42.シジュウカラ  43.メジロ  44.シロハラホオジロ

45.コホオアカ  46.カシラダカ  47.アオジ  48.アトリ  49.カワラヒワ

50.マヒワ  51.シメ  52.ハシブトガラス

この日は他の観察者によってオオコノハズク、ヤマシギ、キマユホオジロ、シマアオジ、エゾセンニュウ、タゲリも記録されている。

眠い。寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

12/14 酒匂川河口

A1107


A1108


A1109


A1110


A1111


A1112


A1113


A1114


3~4年前まではあんなにぐっちゃぐっちゃいたカモ・カモメ達はほぼ撃沈。

どうしちゃったの、酒匂川。なにもいない・・・。

しょっぱなにウミアイサ×2を見つけて「今日はイケるな!」と思ってたのに、まいったね・・・。

こんなにも鳥が居なさすぎるなら、今シーズンはもう行かないだろうな。


1.カンムリカイツブリ  2.カワウ  3.アオサギ  4.ダイサギ  5.コサギ

6.マガモ  7.カルガモ  8.コガモ  9.ヨシガモ  10.ヒドリガモ  11.カワアイサ

12.ウミアイサ  13.ミサゴ  14.トビ  15.チョウゲンボウ  16.バン

17.オオバン  18.イカルチドリ  19.イソシギ  20.セグロカモメ  21.ウミネコ

22.キジバト  23.ドバト  24.カワセミ  25.ツバメ  26.ハクセキレイ

27.セグロセキレイ  28.キセキレイ  29.タヒバリ  30.ヒヨドリ

31.ジョウビタキ  32.ツグミ  33.ホオジロ  34.アオジ  35.カワラヒワ

36.マヒワ  37.スズメ  38.ムクドリ  39.ハシブトガラス  40.ハシボソガラス


河口まで歩いて、そっからさらに海岸線ひたすら歩いたのに、全然成果なし・・・。

暖かかったからテトラポットの上で昼寝したけど、なんでいざ寝るとあんな寒いのかね。
30分程度しか寝れなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

12/13 泉の森

1onaga1098
オナガガモは♂1がうろちょろしてるのみ。


2kaituburi1099
今日は頻繁に出てきまくった。


2kaituburi1100
ばたばた。

今日はばたばた祭りでした。



2kaituburi1101
超モビングされまくり!


2kaituburi1102
ばたばた。


2kaituburi1103
こっちでもばたばた。


2kaituburi1104
あっちでもばたばた。


2kaituburi1105
そっちでもばたばた。


2kaituburi1106
日陰でもばたばた。


おしまい。

1.カイツブリ  2.アオサギ  3.コサギ  4.マガモ  5.カルガモ  6.コガモ

7.ヒドリガモ  8.オナガガモ  9.ホシハジロ  10.キンクロハジロ

11.トビ  12.バン  13.キジバト  14.ドバト  15.ワカケホンセイインコ

16.カワセミ  17.コゲラ  18.キセキレイ  19.ヒヨドリ  20.シロハラ

21.ツグミ  22.エナガ  23.シジュウカラ  24.メジロ  25.ベニマシコ

26.シメ  27.ムクドリ  28.スズメ  29.オナガ  30.ハシブトガラス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

12/7 谷戸山公園

1sousichou1078
真冬なのにピヨリヨ囀る子、ソウシチョウ。

たくさん発生中!


2hasibiro1079
↑マガモ♀。
 



3kawasemi1080
↑ヒメイソヒヨ。


4magamo1081
↑ミカヅキシマアジ。


5yosigamo1082
↑トモエガモ。


6magamo1083
↑オカヨシガモ♀。


6magamo1084
↑アオクビアヒル。


池はこんなもん。


7aoji1085
↑シロハラホオジロ♀。


8joubi1086
↑シロビタイジョウビタキ♂。

翼に白斑がないのが特徴です。


9benibara1087
↑ベニバラウソ♂。

大雨覆の白斑が目立ち、また尾羽の白斑も目立つのが特徴。


おしまい。
今シーズンの谷戸山は結構意外な鳥も入っています、私は会えませんでしたが。


記録

1.アオサギ  2.マガモ  3.コガモ  4.ヨシガモ  5.オナガガモ  6.7ハシビロガモ

7.ホシハジロ  8.トビ  9.ツミ  10.キジバト  11.カワセミ  12.アカゲラ  

13.コゲラ  14.ハクセキレイ  15.ヒヨドリ  16.ジョウビタキ  17.ルリビタキ

18.シロハラ  19.ウグイス  20.キクイタダキ  21.ソウシチョウ  23.エナガ

24.シジュウカラ  25.メジロ  26.アオジ  27.ベニマシコ  28.アカウソ

29.スズメ  30.ムクドリ  31.ハシブトガラス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »