« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月25日 (月)

2/10 熊本・鹿児島探鳥記

Asa1302
出水駅で初対面の友人と合流し、夜明けと同時に出水で鳥見開始!!
 

 

Miyamagarasu1303
まずはツル観察センターに行ってみるとミヤマガラスの群れがお出迎え。

もちろんこっちでは普通の後景なんだけど、やっぱり関東人としては嬉しい!



Tururu1304
さーてツル!
明るくなってしまうとみんな周りの田んぼへ飛んで行ってしまう。
それがまた圧巻なのよ。
 



Tururu1305
「ぐる~ ぐるる~ 」と鳴きながらこっち飛んできた。


Tururu1307
わっしゃわっしゃ!!

ちなみに今年は
ナベヅル・・・9579羽
マナヅル・・・3539羽
カナダヅル・・・11羽
クロヅル・・・7羽
ナベクロヅル・・・1羽
ソデグロヅル・・・1羽

合計 13138羽!!

増えてますね。

私が前に鹿児島行ったとき(2009年くらい)はカナダ2羽、クロヅル1羽とかそういう世界で、見つけ出すのが非常に大変だった思い出が。



Hibari1308
ヒバリ。

オオヒバリやカラフトチュウヒバリがいてもいいんだけど、いかんせん識別できない。

少し前まで初列風切突出がなんちゃらとか言われてたけどいまはもう。。。



Kuroduru1309
東干拓にて、さっそくクロヅルを発見!!

距離も光も良くてすごくカッコイイ!!
このあと遠くへ行ってしまい、観察しづらくなってしまいましたわ。

世界に広く分布する、このコモンなクレーンもREDカテはDD。情報不足だそうです。



Canada1310
カナダヅルも近くにいてくれた!

一度に4羽も見れたりと、観察し放題な状態に。さすが11羽も飛来してるだけある!

このGrus canadensis は世界に6亜種も生息しているらしいんですが、なぜか日本では大型の鳥に対して「亜種が~~!」とか騒がないですよね。いっつも小鳥ばっか。

6亜種中、3亜種が渡りをするそうです。



Nabeduru1311
ナベヅル。

今でこそ出水地方に大量に飛来しているナベヅルですが、実はむっかしから大量飛来していたそうです。
戦前は3000羽いたそうですが、戦時中に一気に減少。
そこから地元民のどんでもない努力により今の状態に。感謝感激です。

さらにその前、江戸時代では全国に普通に飛来してたそうですよ。


さて一通りツルを見終えた午前8時。
周辺をぐるぐるして小鳥などの基本種を落としていく。



Hitaki1312
じょびたき!

向こうからちろちろ寄ってきては、ついには2m以下まで来てくれた!



Hooaka1313
さすがは鹿児島、ホオアカも越冬中!!

冬羽のホオアカはなかなか見る機会がないので、こういうときにガッツリ見ておきたいんですが、警戒心めっちゃ強いです。



Yosigamo1314
ヨシガモ。


Mejiro1315
メジロ。


Kimayumusikui1316
キマユムシクイ!!

普通に越冬してて、カメラマンがゼロ!スバラシイ世界です。

今回の旅で何が良かったって、極端に鳥屋・カメラマンが少なかったこと。
ツル以外は自分たちで探さなければいけないので、より濃い鳥見ができた。



Nabeduru1317
一通り基本種を落とした後は、東干拓でもっかいツル観察。


Tahibari1318
かわいいこ。


Manaduru1319
マナヅルが真上を飛んでくれた!

もう作り物みたいな配色の翼だわ。
「ペーパークラフトだよ。」って言われても信じちゃうような安っぽさ!



Nabeduru1320
わっさわっさ。


Tageri1321
たくさんいるタゲリ。

あまり見向きされません。


東干拓にはソデグロヅルがいないようなので、観察センターへ移動。



Hakuchou1322
「いた!!!」
と思ったらなんか違う。コハクチョウだ。

どうも話を聞くと「ソデグロならたった今東に飛んでったよ」とのこと。あちゃー。



Miyama1323
お子さん。


さてソデグロを追っかけて再度東干拓へ。

クロヅルやカナダヅルは余裕で見つけられるのに、あのまっ茶色のソデグロがみつかんないとか・・・。

干拓地をプラプラ車で走ってたら、


Sodeguro1325
( ・∀・)( ・∀・)いたーーーーーー!!!( ・∀・)

朝っぱらはめっちゃ遠くてわけわからんかったけど、今回は程よい近さ!!

日本では迷鳥扱いのソデグロヅル!世界的希少種であり、推定3000~4000羽程度しかいないそうです。

かっこいい!この怖い顔つきが病み付きになる!!


 
これでやっと午前中おしまい。と言ってももう14時だけど。

見なければいけない鳥は全部落とせたので、優雅にお昼ご飯を食べに行く。



 
さて午後の部!!
午後はあの鳥一本に絞って探しまくる!!


Kosiaka1326
・・・

・・・・・・

みつからない。
2時間みっちり探しても見つからない!!
仮にもこっちはガチな鳥屋3人。見落とすわけがない!

途中出てくれるコシアカツバメなんかに素直に喜べないほどの焦りがね。

そんなんでまったく見つからないまま17時前に。暗くなってきた。

なんかもうみんなあきらめムードになったとき

Kouraiaisa1327
うおおおおおぉぉぉぉぉぉぉおおお!!!!!
見つけたーーーーーー!!!!!!!!!

内心諦めてたのに見つかったーーーーー!!!!
 

 

 

Kouraiaisa1328
私は相模川でも酒匂川でもこいつを見れなかったんですよ。
それもあって強い憧れがあったんですよね。

この脇の縞々模様、非常にきれいでかっこよくて、言葉にならないほどの感動が・・・。



Kouraiaisa1329
喧嘩なう。

おそらく♂2、♀4の計6羽。
それを3人で独占。こんな豪華な鳥見がありますか?


Kouraiaisa1330
ただもう時間が時間なので、ねぐら入りかな?
みんな飛んで行っちゃう。

もう辺りが夕焼けに染まってしまった18時過ぎまで待つことに。


Kouraiaisa1331
雌2羽もねぐら入りを最後にコウライアイサは見れなくなってしまった。

この川は非常に入り組んでいて、人の目が届かない場所が多い。
鳥屋が探せない場所でゆっくり休んでるんだろうな。

ここまで1日中、鳥をガッツリ真剣に探したのは久しぶりだった。
あーー、楽しい!


記録
1.カイツブリ  2.カンムリカイツブリ  3.カワウ  4.アオサギ  5.ダイサギ

6.コサギ  7.コハクチョウ  8.コブハクチョウ  9.マガモ  10.カルガモ

11.コガモ  12.ヨシガモ  13.オカヨシガモ  14.ヒドリガモ  15.オナガガモ

16.ハシビロガモ  17.オシドリ  18.キンクロハジロ  19.ホシハジロ

20.
コウライアイサ  21.ミサゴ  22.チョウゲンボウ  23.キジ  24.バン

25.オオバン  26.マナヅル  27.ナベヅル  28.クロヅル  29.カナダヅル

30
.ソデグロヅル  31.トビ  32.タゲリ  33.コチドリ  34.イソシギ  35.ドバト

36.キジバト  37.カワセミ  38.ヒバリ  39.ツバメ  40.コシアカツバメ

41.イワツバメ  42.ハクセキレイ  43.セグロセキレイ  44.キセキレイ

45.タヒバリ  46.ムネアカタヒバリ  47.マミジロタヒバリ  48.ヒヨドリ

49.モズ  50.ジョウビタキ  51.シロハラ  52.イソヒヨドリ  53.ツグミ

54.ウグイス  55.キマユムシクイ  56.メジロ  57.シジュウカラ  58.アオジ

59.ホオジロ  60.ホオアカ  61.アトリ  62.カワラヒワ  63.シメ  64.スズメ

65.ニュウナイスズメ  66.ムクドリ  67.ミヤマガラス  68.ハシボソガラス

69.ハシブトガラス


この後は鹿児島市のホテルに宿泊。
 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

2/9 鹿児島・熊本探鳥記

2月の3連休にお誘いを受けて、熊本と鹿児島に行ってきました。

朝一の飛行機に乗るために羽田周辺で前泊したため、朝8時過ぎには鹿児島に到着!

そこから熊本の球磨川へ直行!
目的はもちろん黒くて大きいあの子!

Kamome1286
現地に到着するともう少し干潟ができており、そこにカモメが集まっていた!

「こりゃ余裕だな!」などぶっこいていたら、なかなか難しい・・・。


Kamome1287
そんなんで焦り始めるも、見つからない。。。

さすがは九州!タイミルtaimyrensisはもちろん、ホイグリンカモメheuglini もたくさんいる!!


Mongol1288
嘴はちょいとあれだけど、全体的にモンゴルカモメのように思えた。


Sagsu1289
広大な海を相手に、ひたすら探しまくる。

遠くにもカモメの群れが何個かあり、そこに入っていたらまず不可能。


Sirosegu1299
撮影中はシロカモメだと思っていたけど、今見るとセグロカモメの血が混じっているような・・・?
シロ×セグロ?

 
 

Zuguro1290
ズグロカモメ。

この世界的希少種、今年は三番瀬にも出現していないようです。

この球磨川でも3羽程度しか見つからなかった。


Zuguro1291
ヤマトオサガニもぐもぐ。

私は大きいズグロカモメが見たいんですけど。


Heuglini1298
ホイグリンカモメheuglini
 

 

 
潮がどんどんひいてしまう。

そうすっとカモメも遠くに行ってしまって探すのが非常に困難に。


Tukusi1301
このぶつぶつ、ほぼ全てツクシガモ!

Tukusi1297
いっぱいいすぎたせいか、あまりちゃんと見なかったなぁ。


Nyuunaisuzume1293
ニュウナイスズメ!

九州なんだから普通にいるだろ、と思っていたらこの3日間で2回しか会えなかった・・・。
写真撮っといてよかった。


Nyuunaisuzume1294
♀。

むっかし、まだ高校生で鳥全然詳しくないころにニュウナイ初見だったんだけど、その時は雌で「なんだこのムシクイは?センニュウ?」ってなって長時間識別できなかったのがすごい印象に残ってますわ。

今見てもスズメらしくないよね。


Kamome1300
ちょいとお昼寝をして、午後の部は3時スタート。

14時が干潮だったのでカモメは非常に厳しく。。。


Kamome1295
日が落ちるまで対岸に行ったりまた戻ったりをし、ひたすらカモメを追っかける。


Kamome1296
暗くなってくる&潮が満ちてくるで、もう鳥が見れる状況ではなくなてしまった。


今回の目的であったオオズグロカモメ、ダメでした!
初日からターゲットを外してしまってテンション下がってしまうけど、こればっかりは仕方がない。動物園じゃないんだし。
これで私はオオズグロ 0勝2敗。次回こそは!

これで球磨川を後にし、出水のホテルへ向かう。

翌日は夜明けと同時にツルの大群です。


記録
1.カワウ  2.アオサギ  3.ダイサギ  4.コサギ  5.ゴイサギ  6.ツクシガモ

7.マガモ  8.カルガモ  9.ヨシガモ  10.ヒドリガモ  11.オナガガモ

12.ミサゴ  13.トビ  14.シロチドリ  15.ダイゼン  16.ハマシギ

17.アオアシシギ  18.ダイシャクシギ  19.ユリカモメ  20.ズグロカモメ

21.ウミネコ  22.カモメ  23.セグロカモメ  24.オオセグロカモメ

25.モンゴルカモメ  26.ホイグリンカモメ  27.タイミルセグロカモメ

28.シロカモメ?  29.キジバト  30.ドバト  31.ヒバリ  32.ハクセキレイ

33.キセキレイ  34.タヒバリ  35.ヒヨドリ  36.モズ  37.ジョウビタキ

38.シロハラ  39.ツグミ  40.カワラヒワ  41.ムクドリ  42.スズメ

43.ニュウナイスズメ  44.ハシボソガラス
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

えにっき

Kagosima

2がつ9~11にち  はれ

 

ぼくたちわ、かごしまけんにいってきました。

つるがたくさんいて、すごくびっくりしました。

みたかったとりわ、くせんしながらも、ほとんどみることができました。

なんこかわ、はずしてしまったので、また、いかなければいけないとおもいました。

こんかい、しゃしんが、1まんまいをこえているので、いまがんばってせいりしています。

らいふぁあわ、5しゅるいでした。すごいです。

みなさんのちからがあったのでこんなにもとりがみれたんだとおもいます。

またみんなでいきましょう!

こんかいのえんせいわ、ものすごくこくて、おもいだすだけで、かおがにやけてしまします。

あしたもおしごとなので、ぼくはねます。

しんや

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

雪らしいですよ。

A1284

やだね、雪って。

羽繕いして早く寝ましょ。
明日も仕事だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

2/3 泉の森

A1277
バン

A1278
チャムネシロハラガモ


A1279
何食べてんの?


A1280
シジューカラ


A1281
マガモ


A1282
シロハラガモ


A1283
青光沢。

寝ましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

1/20 相模原ぐるぐる

Kisekirei1271
きせきれーが遊んでくれた。


Koumori1272
寒いのになぜかコウモリが。アブラコウモリ?


Karugamo1273
ほっぺたが腫れてるカルガモ。
腫瘍かな?


Karugamo1275
ぶっくぶく


Karugamo1274
元気にご飯食べてました。


Onagagamo1276
おなががも。


眠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »