« 世界は広かった・・・。 | トップページ | ライフリストを »

2013年3月20日 (水)

もずっこ

あの噂の魅惑モズをもっかい見てきました。

Akagera1395
前回は何百人といたカメラマンも、今回は10人ちょい。

結構広範囲に出るようで、前回よりも見るのは難しそう・・・。



Mozukko1396
せなか。

なんかだんだんとセアカモズに見えてきた。
換羽進んだらセアカらしくなるんじゃないかな?



Mozukko1398
ハクセキレイがご飯を見つけた!!


Mozukko1399
それをもずっこが横取り!!


Mozukko1400
もぐもぐ・・・。


Mozukko1401
うまいっ!!!


かなり近くで観察できたものの、滞在時間は短くてすぐどこかに行ってしまった。



それはそうと、この1年間でそうとうモズを見てますよ。
ライフリスト分すべて観察してるとか、すごく恵まれてる年です。もずっこイヤー。

ちょっと今年の写真と共に振り返ってみます。


Mozu1404
モズ Bull-headed Shrike/Lanius bucephalus bucephalus
言わずもがな、王道モズです。



Akamozu1406
アカモズ Japanese Shrike/Lanius cristatus superciliosus

普通種っぽいけど、なかなか出会えないもずっこ。
シマアカモズを最初に見る人の方が多そうなイメージ。



Akamozu1402
シマアカモズ Philippine Shrike/Lanius cristatus lucionensis

沖縄のイメージが強いけど、フィリピンって名前だからかレア度があがる気がする。



Akamozu1403
カラアカモズ Brown Shrike/Lanius cristatus cristatus

基亜種のBrownなモズ!なかなか出会えませんし、識別も???です。

「全部Brown Shrike じゃないの?」って思われる方も多いと思いますが、和名でも亜種ごとに「アカモズ」「シマアカモズ」と呼び名を分けているように、英名でも呼び名が変わります。
ただ、その亜種英名を調べるのはなかなか大変で日本の図鑑はもちろん、外国の図鑑を見てもほぼ載っていないのが現状です。
家にある大量の文献を見返すと書いてあったりするので、見つけ次第メモっては覚えていってます。

 

Chigomozu1405
チゴモズ Tiger Shrike/Lanius tigrinus

少し前までは普通のもずっこだったのに、いまでは難易度マックスに近いモズ!
・・・と思われがちですが、ここ数年で観察例が増えてきたような気がします。



Takasagomozu1407
タカサゴモズ Long-tailed Shrike/Lanius schach schach?

渡りの時期に東京にいきなり現れたもずっこ。
情報をもらってすぐ向かったものの、場を仕切るカメラマンがいやになり証拠写真を撮ってすぐに帰宅。
「どうせすぐ抜けるだろ」と思ったら何か月もいた。もう一回くらい見に行けばよかったなぁ。



Dsc_2327
オオカラモズ Chinese Grey Shrike/Lanius sphenocercus sphenocercus

ムクドリ24cm、ヒヨドリ27cm。
オオカラモズは31cmの巨大モズ!

一番感動したもずっこ。



Mozukko1397
セアカモズ Red-baced Shrike/Lanius collurio pallidifrons??

現在進行形で全国の鳥屋を興奮させているもずっこ。
セアカモズに2亜種いるなんて知りませんでした・・・。


はぁ、見返すとすごいです。ここ一年間でこれだけのモズに出会えてるとか。
もずっこ倶楽部があったら入会したいくらいモズが好き。かっこかわいい。


さて、仕事なんで寝ましょう。


 

 

 

|

« 世界は広かった・・・。 | トップページ | ライフリストを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/50861637

この記事へのトラックバック一覧です: もずっこ:

« 世界は広かった・・・。 | トップページ | ライフリストを »