« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

ヤバい

Gw1528

GWの前半戦が終了しました。

鳥見中の仲間との会話は「ヤバい!」「すげー!」が8割を占めていたのではないかと思うくらいヤバかったです。

語彙力が無いのも原因ですが、とにかくヤバかったです。

何がヤバいって、すべてがヤバいです。

こんなにヤバい鳥見は鹿児島以来ですわ。

興奮も冷めやらないまま、明後日からGW後半戦。またヤバい鳥見が始まります。

ライファーは3~4種。ヤバいです。

ヤバいのでもう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

4/21 東京港野鳥公園

Tugumi1525

Tugumi1526

Tugumi1527

シギチが見たくて雨の中行ってきましたが、結果はダメでした。
潮が満ちててイソシギにすら出会えない。。。

寝ましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

2008年がすごい

昔の写真整理してたんですが、2008年って鳥にも運にも仲間にも恵まれてるいい年だったようです。

当時はそれが普通でしたが、今見返すとやばいです。

2008shigi1508
横浜で騒がれたシギ


2008shigi1509
運よく出会えたシギ


2008shigi1510
警戒心がある赤いシギ


2008shigi1511
警戒心がない赤いシギ
翌年は同じ場所で灰色のシギが出たので、「来年はアメリカだな!」とか話してました


2008shigi1512
とてつもなく騒がれまくったシギ
サークルの行事をサボって見に行った気が


2008shigi1513
おめめの周りが赤いシギ


2008shigi1514
騒がれまくったシギ


2008shigi1515
「白い首輪がある!」って騒がれたシギじゃない鳥
当時は「ヨーロッパの個体は云々・・・」「昔の図鑑を見ると白い首輪が云々・・・」など大量にあつまったカメラマンが云々と話してました

いつも思うけど、この嘴ってコレだよね↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E3%83%9D%E3%83%B3%E8%8F%93%E5%AD%90.JPG



2008shigi1516
後輩と北海道に行ってるときに海老名に出たシギ
北海道から帰ってきた次の日に行った、元気だったなぁ


2008shigi1517
雨降る東京、後輩から「出てますよ!」電話で直行したシギ


2008shigi1518
この中の一羽だけ・・・なシギ


2008shigi1519
何年も横浜に出てるシギ
2013年も出てたみたいです


とまぁ、2008年はシギだけでもやばいです。
当時は週に2回以上は鳥見に行ってたからその分もあれだけど、一緒に生き物探す仲間がいたってのがでかいなあ。

働いちゃうとどうしても鳥見に行かなくなっちゃうしね。時間が減るし疲れてるし。
私なんか超怠け者バーダーですよ。

今年は春の渡りから頑張ろう。とりあえず4月中に2種ライファー増やす!


さ、寝ましょうよ。明日は鳥見ですし。


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

4/14 泉の森

渡りを求めて地元ぶらぶら。

結果はダメでした。

T1506

T1507

ズタボロノスリに出会えたぐらい。

成果は無かったですが、また一週間お仕事がんばりましょう。


■□■□■□■□■□■□■□■□

写真見つけたので前回の記事の続き

T1503
超きれいなウトウ。

漂着物を求める場合は金沢でなく羽咋の海岸をひたすら歩く。
途方もなく長い長い砂浜だけど、お宝を見つける確率は高い。

T1504
カラスにつつかれてました。


T1505
ズタボロビロードキンクロ

これも羽咋。ズタボロすぎて少し自信ない。


■□■□■□■□■□■□■□■□

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

【閲覧注意】 石川県を思う 【キモい】

私は今は神奈川に生息していますが、この間まで3年間石川県に生息していました。

石川県の鳥は最高でした。
渡りが始まると休日は必ず鳥見。
ピーク時は朝っぱらに鳥見してから出勤、なんてことも。もちろん頑張った分だけ見返りがある、すばらしい環境でした。

さて、鳥も最高なんですが海も最高なんです。
3年間ほぼ毎週のように同じ海岸をひたすら歩いていました。バカみたいですね。

懐かしい気持ちに浸りたかったので、その成果をちょっとまとめてみました。


■□ 魚 □■

S1452
アイナメ


S1454
狂喜乱舞&知り合いにひたすら電話攻めしたリュウグウノツカイ

ビーチコーマーからしたら宝くじに当たったようなもん。すごすぎる。



S1455
なんとかふぐ
     →サバフグ属sp.

S1459
ウマヅラハギ?
     →ウスバハギ


S1460
しらないsp.
     →マルタ


S1464
しらない
     →カタクチイワシ


S1466
かわいいお口


S1475
しらない
     →ムラソイ


S1478
クサフグ

いっぱい落ちてる。



S1480
ふぐ
     →ヒガンフグ


S1484
アミモンガラ

石川県の海岸漂着優占種第一位!
毎日毎日モンガラモンガラ・・・・



S1485
しらね
     →多分シロザケ


S1488
ハリセンボン。

冬の海に行くと、あたり一面コイツ!なんてことも。



S1491
ビクニンだかなんだか。

密かに憧れだった魚。
ちなみに石川県では「ノトサイカイビクニン」という新種が発見されています。

     →クサウオ若魚


S1495
クサフグ?
     →ヒガンフグ


S1498
コイ?
     →メナダ


S1499
かっこいい。
     →スズキ


S1501
ナマズ



■□ ゲテモノ他 □■


G1463
ウミケムシ


G1465
フジツボの中身


G1467
ばっふーーん


G1471
セグロウミヘビ


G1473
アカクラゲ?


G1474
みず?


G1476
これもまた電話攻め祭りになったハナデンシャ!

激レアなこの生き物、見つけたときは生き物かどうかもわからずにいじくりまわしてました。
そしたら動くんだよね。いやー参った。

こんなのが5~6個漂着してるんだから。

のとじま水族館に問い合わせたところ、ごく稀に石川県で見つかるそうです。



G1477
アカミミガメ


Mai00215
タイマイ!

知り合いにひたすら電話しまくるも、なんか誰も欲しいとか言わなかったためそのまま放置された悲しいカメ。

一週間後だかに様子見に行ったらやっぱり放置されてました。



G1479
ミズクラゲ


G1481
ギンカクラゲ


G1489
タヌキ


G1490
ひとで


G1496_2
アマクサアメフラシ


G1497
海岸を歩く人ならば、誰もがコレを拾うことを夢見るでしょう。
私もずっと憧れでした。アオイガイ。

石川県では2個拾うことができ、スバラシイ成果です。
写真のアオイガイは後輩の家で家宝となっていることでしょう。



S1453
エチゼンクラゲ

年により大量発生したり、まったく出現しなかったり。
砂浜一面コイツで埋まるとさすがにキモいです。



G1500
もふもふ

ネズミです。


■□ 崇高なる鳥様 □■


T1456
ウミスズメ


T1457
ヒドリガモ


T1461
かわいい!


T1462
でろーん

オオミズは春によく漂着してます。



T1468
はーい、って手を上げてくれてたので超遠くから発見できました。


T1469
ありゃりゃ。


T1470
嘴きれい。


T1472
しましま。

超興奮しました。



T1482
肉々しい写真ごめんなさい。


T1486
ハシブトウミガラス


T1502
かるがも


T1487
ほしはじろ


T1492
綺麗な子でした。


T1493
よく落ちてます。


T1494
かわいい!!


ふぅ。おしまい。

あと綺麗なウトウ、汚いビロードキンクロ、キアシシギなんかも見つけてるんだけど写真が消えてしまいました。


凄いですね、石川県。3年間でこれですよ。

カニは面倒なので省きました。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

4/6 城ケ島

Jougasima1430

Jougasima1431

ってことで昨日城ケ島に行ってきました。

暴風で午後から雨だったので午前中のみ。
時期&天候的に「今日は何か出る!!」と思い意気込んだものの、現地では鳥屋ゼロ。
みんなどこで鳥見てるんだろう?


Himeu1432

9:00から鳥見を開始。
オオミズナギドリが大量に飛んでいる中、まずはヒメウを確認。


Hamu1433
超遠くにシロエリオオハムと思われる鳥sp. を発見。
奥はオオミズナギドリ。


Ooseguro1434

なんか錘?
釣りやらないから分からないけど、そんなのが絡まっているオオセグロカモメ。

かわいそう。


Ooseguro1435
うみねこ。

ウミネコで思い出したけど、とある書籍で私のウミネコ写真が使われております。
実名入りなので超暇で仕方がない人は探してみては?


Suzume1436
ウミスズメ 

Umisuzume1437
カンムリウミスズメ

カンムリウミは頻繁に出てくれて合計9羽。
出会えると嬉しいもんです。


Oomizu1438
オオミズナギドリ。

城ケ島の海鳥が有名になったのは10年くらい前から。私が中学生くらいの時ですね。
オオハムやウミスズメ類が見れるということで、2002年くらいに初めて城ケ島で鳥見しました。
もちろんこんな難易度が高いとも知らず全く見れなくて、キョウジョシギが初見でした。

海バックで集団で飛ぶキョウジョシギ夏羽がすごく美しくて、全身が震え上がるほど感動したのを覚えています。


Umisu1439
カンムリウミスズメ。

こうしてみると小さいですね、ウミウの顔ほどしかない。

9:00~10:00まで観察し、終了。
ちょっと雨がポツポツ来たもんでね。


Jougasima1440
その後は島内うろうろ。


Hoojiro1441
ホオジロ。

もう胸に黒帯が出てきてます。


Yakisoba1442
海岸には焼きそばがゴロゴロ。

時期的なもんなので大量にありました。


Yakisoba1443
よくよく見るとキモい。


Yakisoba1444
焼きそば生産工場。


Yakisoba1445
城ケ島といえばウミウ!

この中にヒメウ夏羽が1羽います。


Yakisoba1446
ぐっちゃぐっちゃ。


Yakisoba1447
この中から2~3羽しかいないヒメウを探し出すのです。


Yakisoba1448
いそひよどり。


Yakisoba1449
超巨大ユムシみたいな何か。

ぶよぶよでキモいんだけどなんだろ?


ってことで12時まで鳥見をして足早に撤退。

まさか神奈川のいたるところで浸水するほど雨が降るとは・・・。


1.シロエリオオハム  2.オオミズナギドリ  3.ウミウ  4.ヒメウ  5.トビ

6.イソシギ  7.カンムリウミスズメ  8.ウトウ?  9.ウミネコ  10.セグロカモメ

11.オオセグロカモメ  12.各種魅力的な小鳥


ニホンアシカは見つかりませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

4月と言えば渡りです。

・・・といってもあと2週間くらいはおとなしいですが。

寒い冬が終わり、花粉症ともお別れし、やっと渡りの時期が!!

去年までは仕事の関係でほとんど鳥見れなかったので(環境は最高でしたが)、今年は疲れ果てるまで鳥を楽しもうと思います!

Watari1421

Watari1424

Watari1427

たった一度しか出会えてない上に写真もうんこ以下っていう、非常に悲しい鳥さんが多数います。

なので、こいつらは今年中にはもう一度見つけてやります!

ちなみにこの3羽、識別できますか?
分かった方は変態だと思います。


Watari1422


Watari1423


Watari1425


Lifelist1408


Watari1428


Watari1429


Watari1426

以上、もう一度出会って写真撮りまくって舐め回したい鳥さん。

こういう写真見返すと渡りへの期待が高まっちゃって鳥見前日なんかは興奮して寝れないなんてことも。



あーー、はやく渡りはじまらないかな。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »