« 4/27 三宅島探鳥記 | トップページ | 4/29 三宅島探鳥記 »

2013年5月 8日 (水)

4/28 三宅島探鳥記

1misaki1537
日の出と同時に鳥見開始。

狙うはウチヤマセンニュウ!
朝っぱらだから囀りまくりだと思っていたけど、案外そうでもない。
まだまだ風は強く、ちょろっと出現するだけのウチヤマは難易度高い。



2misago1538
海を眺めるといろいろ飛んでいる。

なぜか目線があってしまったミサゴ。



3katuo1539
カツオドリ♂

♀が多く飛んでいる中、一羽だけ♂が。ハーレムずるい。
こちとら男三人なのに。

結局ウチヤマは満足に見れず、大路池を目指す。
途中ミゾゴイポイントを通るので
「今日もいるかな?」「さすがにいないでしょ」などの会話をしながら車を走らせていると



4mizogoi1540
いた!

昨日と同じ場所に!

こちらも2回目。警戒されないように適度な距離を取りながらの観察。
いい鳥です。



5misaki1541
途中富賀浜でちょっとウチヤマ探し。


5hoojiro1542
ホオジロしかいませんでした。
かつて大島、八丈島のホオジロは別亜種とされていたけど三宅島のはどうなんだろ?




6tanekomadori1543
タネコマドリ Erithacus akahige tanensis

さて、大路池!!

森林内に入るとすぐタネコマドリ、イイジマムシクイ、モスケミソサザイのコーラスの嵐!
歩くだけで幸せになれる、非常に鳥が濃い素敵な森。

特にタネコマドリの密度が高く、本州のコマドリとは比べものにならないくらい観察しやすい。
初見です。これで世界中のコマドリの亜種を制覇しました。



7akakokko1544
アカコッコ Turdus celaenops

日本固有種のアカコッコも個体数はいるものの、警戒心は強く撮影は困難。
八丈島のアカコッコは結構余裕で撮影できた気がするんだけどな。

昔は屋久島産アカコッコは別亜種だと言われていたみたいです。



8miyakekogera1545
ミヤケコゲラ Picoides kizuki matsudairai

何が違うのかわかりませんがミヤケコゲラ、初見です。
これで国内コゲラ9亜種中8亜種見たことに。
残りは難易度低いシコクコゲラ!なんでまだ見ていないんだか・・・。



9mahiwa1546
ただのマヒワ。

水場に降りてきました。



10iijima1547
イイジマムシクイ Phylloscopus ijimae

越冬地が不明なIjima's Warbler。確かに囀らなければ識別は困難極まりないです。

40年前の冬にフィリピン ルソン島マラオで採取されている他、台湾で記録があったり、去年は日本でも冬に福岡で記録されていたり、まあ謎なんですね。

非常に元気で可愛い小鳥ですよ、まったく。



12iijima1549
ごちゃごちゃの中で囀るイイジマムシクイ。

森林内はもちろん、住宅地だろうが海岸だろうがちょっと森っぽくなっているところがあればイイジマの囀りが聞こえる。
いっぱいいるのに決まった島にしか渡ってこないって不思議で仕方がない。
きっと越冬地もかなり局所的で自然たっぷりの無人島とかなんだろうな。



11oston1548
オーストンヤマガラ Parus varius owstoni

八丈島で外して以来、憧れが強かったオーストン。
まっ茶色で非常に可愛い小鳥でした。

一通り大路池で基本小鳥を観察し、移動。



13choutarou1550
長太郎池。


14iwagani1551
イワガニ。


15hasibutogarasu1552
ひたすら海岸を攻めてヒメコウテンシを探すも見つからず。

15semiebi1554
セミエビっ!!!!

ぐるっと海岸を攻めた後はまた大路池方面へ戻る。




16mizogoi1553
はい、いました。


16tanekomadori1555
タネコマドリ。

嘴の基部が黄色いのはタネコマの特徴でもありますが、黒い子もいます。
ここのコマドリは非常に愛想がよくて楽しすぎます。本州の子にも見習ってほしい。



17akakokko1556
アカコッコ。

モスケミソサザイが満足に見られず、大路池を後にする。


18mizogoi1557

「どうせいるんでしょ?」

という会話をしながら会いに行く、というかミゾゴイの前を通らないと北部へいけないのです。

このミゾゴイトラップに引っかかると10~20分は時間を費やしてしまう恐ろしいトラップ。ヒト(鳥屋)の捕獲率は100%に近いと思います。



18mizogoi1558
みみずべろーん。

ミミズのほかにも蛾の幼虫、コガネムシ系の幼虫なども食べてました。

ご飯を飲み込むと首を伸ばして首回りの羽をモコモコさせるのが可愛い!



18mizogoi1559
ちかいっす。


この後は再び伊豆岬でウチヤマセンニュウ探し。


19yuhi1560
日没近くまでウチヤマを探すも、なかなか姿をしっかり見せてくれない。

囀りをもとに探して、一瞬だけ現れて、、、の繰り返し。


・・・

夜はフクロウさがし。



20okonoha1561
三宅島の鳥の中では最難関であろうオオコノハズク。

お二方のおかげで無事に見ることができました。
あとはアオバズクも。




1.カツオドリ  2.あとで書きます  3.眠い

 

 

|

« 4/27 三宅島探鳥記 | トップページ | 4/29 三宅島探鳥記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/51522450

この記事へのトラックバック一覧です: 4/28 三宅島探鳥記:

« 4/27 三宅島探鳥記 | トップページ | 4/29 三宅島探鳥記 »