« 6/16 台風の後のおたのしみ | トップページ | 6/22 大洗~苫小牧航路 »

2013年6月21日 (金)

5/5 飛島 から去ります

Himekoutensi1627
飛島最終日。頑張らなくてはいけないので朝一から活動開始。

まずはヒメコウテンシに出会えた。
警戒心が非常に薄く、向こうからヨチヨチ近寄ってくる。


Himekoutensi1628
ヒメコウテンシはほっぺたのプクプク感がかわいいですね。

一日中プニプニ押して困らせたいもんです。


Muneakatahibari1629
校庭へ行くとムネアカタヒバリ×4


Hagimasiko1630
皆が朝食を食べに宿へ戻っている時間、私たちはヘリポートへ。
そこにはなんと大陸亜種ハギマシコが!!

Hagimasiko1631
めちゃくちゃ綺麗でカッコイイハギマシコでした。
このマシコはあまり居付かなかったのか、他の鳥屋さんからは話題に上がらす。
おそらく私たちぐらいしか見てないのかと。


Akagera1632
アカゲラ。
どうみてもアカゲラでした。

この2日前にハシブトアカゲラが撮影されているのですが、これはアカゲラ。


Karasubato1633
カラスバト。


Karaaoji1634
しっぽ無しカラアオジ Emberiza spodocephala sordida

顔付きや翼帯などからカラアオジかと。しっぽ無いです。


Oohibari1635
オオヒバリ Alauda arvensis pekinensis
カラフトチュウヒバリAlauda arvensis lonnbergi


Hachijoutugumi1636
ハチジョウツグミ。
きれいかっこいいかわいい。


Mahiwa1637
もそもそマヒワ。
みんなご飯食べるのに必死です。


Mahiwa1638
必死すぎるため、こんな風に足元にいたりもします。
踏まれるなよ。


Siberiaaoji1643
シベリアアオジ♀。
色薄いのですぐわかります。


Ooruri1639
美しオオルリ。


Kouraiuguisu1640
船出港1時間前、我々の前に姿を現してくれたコウライウグイス!
マレーシアとインドネシアで見ているものの、日本産バナナは初めて!!
よく「コウライウグイスは東南アジアいけば簡単に見れるよ」とは聞くけど、そうじゃない。東南アジア産バナナは顔つきが可愛くない上に翼の模様もステキじゃない・・・。
バナナは20亜種いるけれども、日本に飛来するdiffsus が一番可愛くてきれいだと思う。

Kouraiuguisu1641
この個体みたいなコウテンシのような模様と、エリグロアジサシみたいな模様と、黒襟にも2タイプあるように思える。こっちのほうが可愛いですね。

とまあ船出港ギリギリに出現し、何十分も同じ場所にいてくれたため今日来た方も今日帰る方もみんな堪能。

最後の最後で良い出会いでした。

 

1.アオサギ  2.カルガモ  3.トビ  4.ウミネコ  5.オオセグロカモメ

6.カラスバト  7.キジバト  8.ドバト  9.ジュウイチ  10.アマツバメ

11.アカゲラ  12.ヒバリ  13.ヒメコウテンシ  14.ツバメ  15.キセキレイ

16.ハクセキレイ  17.ビンズイ  18.タヒバリ  19.ムネアカタヒバリ  20.ヒヨドリ

21.ミソサザイ  22.コマドリ  23.コルリ  24.ルリビタキ  25.ジョウビタキ

26.ノビタキ  27.イソヒヨドリ  28.トラツグミ  29.シロハラ  30.クロツグミ

31.ツグミ  32.ハチジョウツグミ  33.ウグイス  34.エゾムシクイ  35.ヤブサメ

36.キビタキ  37.オオルリ  38.ヒガラ  39.シジュウカラ  40.メジロ  

41.ホオジロ  42.ホオアカ  43.カシラダカ  44.ミヤマホオジロ  45.アオジ

46.クロジ  47.マヒワ  48.アトリ  49.カワラヒワ  50.ハギマシコ

51.アカウソ  52.スズメ  53.ムクドリ  54.コウライウグイス  55.ハシブトガラス


Kurotugumi1642
その後は日和山公園でカラアカハラ探し。

クロツグミはたっぷりいました。

|

« 6/16 台風の後のおたのしみ | トップページ | 6/22 大洗~苫小牧航路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41245/52118848

この記事へのトラックバック一覧です: 5/5 飛島 から去ります:

« 6/16 台風の後のおたのしみ | トップページ | 6/22 大洗~苫小牧航路 »