« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

6/22 大洗~苫小牧航路

Hasibosomizunagi1672
というわけで船の上。

6/21 18:30大洗発の夕方便に乗り込み苫小牧を目指し、朝5:30から鳥見開始で岩手県南部沖からのスタート。

天気は曇り&濃霧。鳥見つけるのも一苦労です。
鳥屋は私のみでした。



Kuroasiahoudori1673
7:00から10:30まではとにかく濃霧が酷く、近くを飛ぶクロアシアホウドリを撮ってもこんな感じに。
ちょっと遠いともう識別できないし、寒いし、何度部屋に帰ってふて寝しようと思ったことか。



Haiiroumitubame1675
というわけで超濃霧の間は大した鳥の記録もなく、霧の晴れた10:30から再スタート!

もう青森県中部、八戸沖くらい早速ハイイロウミツバメ20±の群れにぶつかった!!



Haiiroumitubame1676
小さい上にこの色。海と同化して見辛い鳥でした。
ハイイロウミツバメはこれが2回目の出会いで写真撮ったのは初めて。



Ootouzokukamome1677
ナンキョクオオトウゾクカモメ South Polar Skua/Catharacta maccormicki

今回の航路の目的の一つ、オオトウゾクカモメ!!ついに出会えました!!
その大きな体といい、翼の白斑といい、遠目でもすぐにそいつと分かる存在感!



Ootouzokukamome1678
フルマカモメを追いかけ回すシーンまで見せつけてくれちゃいました。


Ootouzokukamome1679
追いつかれそうになったらフルマカモメが尾羽全開で急ブレーキ。
これでうまいこと逃げ、追い抜いてってくれましたよ。



Hurumakamome1680
助かったフルマカモメ。


Kitaottosei1681
キタオットセイも。夏でもオットセイって見れるんだね。
2頭いました。



Kuroasiahoudori1699
クロアシアホウドリ。
今回の航路はクロアシアホウドリだらけ。往復で200+は見たけど、いっぱいいすぎてあまり写真撮ってない。



Sunflower1682
さあ、晴れてきた!さんふらわあ ふらの!


ちなみに往路、復路共にスーパーベタ凪です。白波というのが存在してなく、ウミスズメ類など簡単に見つけられました。



Mairuka1683
マイルカ!!


Umigarasu1684
ウミガラス!!!

Utou1685
ウトウ。今回の航路でたくさん見ました。
幼鳥?なのか嘴まで黒いのが結構いたけど、6月で繁殖が終わっているもんなのか?



Haiiromizunagido1686
ちょっとどっちか微妙だけど、ハイイロミズナギドリだと思います。
だけど顔つきはハシボソっぽいんだけど・・・。



Haiiromizunagido1687
函館沖に入るとハイイロミズナギドリの群れにぶつかった!

オオミズナギドリ、コアホウドリも混じってます。



Hasibosomizunagi1688
ハシボソミズナギドリ。


そんなんで13:30苫小牧港に到着してしまった。。。
超濃霧のせいであまり鳥見れなかったのが惜しい。


帰りは今乗ってきた船。18:45苫小牧発なので、間の数時間はレンタカーで勇払湿原を周る。



Koyosikiri1689
コヨシキリがたくさんいるけれど、なかなか警戒心が強く良さげな写真はゼロ。


Nobitaki1690
ノビタキ。


Nobitaki1691
ノビタキ。
辺り一面ノビタキだらけ。



Sika1692
エゾシカ。


Hibari1693
めちゃくちゃオオヒバリ Alauda arvensis pekinensis っぽい!
北海道だし、囀ってるし、なんかそれっぽいし!



Chuuhi1694
膝程度の藪をがさがさ歩いてたらチュウヒを踏みそうになった!!
お昼寝中だったろうに、ごめん。



Chuuhi1695
そのまま飛んでいき、遠くの藪の中へダイブ。
もっかいお昼寝でしょう。



Umi1697
少し余った時間で海岸を歩く。
大したもんは落ちてないです。鳥はハシボソミズナギドリぐらい。



Umi1698
デッカイドウヒトデ。こいつが大量に打ちあがっててなかなかキモい。

Oojurin1696
オオジュリン。個体数少な目に感じました。


こんな感じで勇払で数時間つぶし、また船に乗り込む。
さあ大洗まで帰るぞー。


1.コアホウドリ  2.クロアシアホウドリ  3.オオミズナギドリ  4.ハシボソミズナギドリ

5.ハイイロミズナギドリ  6.アカアシミズナギドリ?  7.フルマカモメ

8.ハイイロウミツバメ  9.カワウ  10.トビ  11.チュウヒ  12.ハイイロヒレアシシギ

13.ウミネコ  14.オオセグロカモメ  15.ナンキョクオオトウゾクカモメ

16.ウトウ  17.ウミガラス  18.カンムリウミスズメ  19.キジバト  20.カッコウS

21.ツツドリS  22.ヒバリ  23.モズ  24.ノビタキ  25.アカハラ  26.ウグイス

27.コヨシキリ  28.シマセンニュウS  29.サメビタキ  30.ホオアカ  31.アオジ

32.オオジュリン  33.ベニマシコ  34.カワラヒワ  35.スズメ  36.カササギ

37.ハシブトガラス

38.キタオットセイ 39.マイルカ 40.カマイルカ 41.イシイルカ 42.アザラシsp.


※ナンキョクオオトウゾクカモメという和名は適切ではないと分かっていますが、他の3種と区別するため、あえて使っています。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

5/5 飛島 から去ります

Himekoutensi1627
飛島最終日。頑張らなくてはいけないので朝一から活動開始。

まずはヒメコウテンシに出会えた。
警戒心が非常に薄く、向こうからヨチヨチ近寄ってくる。


Himekoutensi1628
ヒメコウテンシはほっぺたのプクプク感がかわいいですね。

一日中プニプニ押して困らせたいもんです。


Muneakatahibari1629
校庭へ行くとムネアカタヒバリ×4


Hagimasiko1630
皆が朝食を食べに宿へ戻っている時間、私たちはヘリポートへ。
そこにはなんと大陸亜種ハギマシコが!!

Hagimasiko1631
めちゃくちゃ綺麗でカッコイイハギマシコでした。
このマシコはあまり居付かなかったのか、他の鳥屋さんからは話題に上がらす。
おそらく私たちぐらいしか見てないのかと。


Akagera1632
アカゲラ。
どうみてもアカゲラでした。

この2日前にハシブトアカゲラが撮影されているのですが、これはアカゲラ。


Karasubato1633
カラスバト。


Karaaoji1634
しっぽ無しカラアオジ Emberiza spodocephala sordida

顔付きや翼帯などからカラアオジかと。しっぽ無いです。


Oohibari1635
オオヒバリ Alauda arvensis pekinensis
カラフトチュウヒバリAlauda arvensis lonnbergi


Hachijoutugumi1636
ハチジョウツグミ。
きれいかっこいいかわいい。


Mahiwa1637
もそもそマヒワ。
みんなご飯食べるのに必死です。


Mahiwa1638
必死すぎるため、こんな風に足元にいたりもします。
踏まれるなよ。


Siberiaaoji1643
シベリアアオジ♀。
色薄いのですぐわかります。


Ooruri1639
美しオオルリ。


Kouraiuguisu1640
船出港1時間前、我々の前に姿を現してくれたコウライウグイス!
マレーシアとインドネシアで見ているものの、日本産バナナは初めて!!
よく「コウライウグイスは東南アジアいけば簡単に見れるよ」とは聞くけど、そうじゃない。東南アジア産バナナは顔つきが可愛くない上に翼の模様もステキじゃない・・・。
バナナは20亜種いるけれども、日本に飛来するdiffsus が一番可愛くてきれいだと思う。

Kouraiuguisu1641
この個体みたいなコウテンシのような模様と、エリグロアジサシみたいな模様と、黒襟にも2タイプあるように思える。こっちのほうが可愛いですね。

とまあ船出港ギリギリに出現し、何十分も同じ場所にいてくれたため今日来た方も今日帰る方もみんな堪能。

最後の最後で良い出会いでした。

 

1.アオサギ  2.カルガモ  3.トビ  4.ウミネコ  5.オオセグロカモメ

6.カラスバト  7.キジバト  8.ドバト  9.ジュウイチ  10.アマツバメ

11.アカゲラ  12.ヒバリ  13.ヒメコウテンシ  14.ツバメ  15.キセキレイ

16.ハクセキレイ  17.ビンズイ  18.タヒバリ  19.ムネアカタヒバリ  20.ヒヨドリ

21.ミソサザイ  22.コマドリ  23.コルリ  24.ルリビタキ  25.ジョウビタキ

26.ノビタキ  27.イソヒヨドリ  28.トラツグミ  29.シロハラ  30.クロツグミ

31.ツグミ  32.ハチジョウツグミ  33.ウグイス  34.エゾムシクイ  35.ヤブサメ

36.キビタキ  37.オオルリ  38.ヒガラ  39.シジュウカラ  40.メジロ  

41.ホオジロ  42.ホオアカ  43.カシラダカ  44.ミヤマホオジロ  45.アオジ

46.クロジ  47.マヒワ  48.アトリ  49.カワラヒワ  50.ハギマシコ

51.アカウソ  52.スズメ  53.ムクドリ  54.コウライウグイス  55.ハシブトガラス


Kurotugumi1642
その後は日和山公園でカラアカハラ探し。

クロツグミはたっぷりいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

6/16 台風の後のおたのしみ

台風3号様がいらっしゃいました!

太平洋をうにゃうにゃ北上し、太平洋上で消えた台風3号。
ということで行ってきました。

Kawau1661
今回は鵠沼海岸駅~平塚駅まで歩くコース。
当初は大磯あたりまで歩こうと思ってたんだけど、サーファー大量発生中なので平塚までにしました。

Kawau1662
台風後なのでそれはもう大量のミズナギドリが打ちあがっている!

・・・と信じて歩き続けるも、海がきれいすぎて何もいない。
サーファーのためなのか掃除されているみたいです。


Kawau1663
ようやく発見ハシボソミズナギドリ!!


Kawau1664
モクズガニ。


Kawau1665
トビのお昼ご飯を撮影。初列風切のお土産つき。


Kawau1666
かわいいおしゃかなさん。


Kawau1667
サメ。。。なんだろう?
ニホンヤモリザメあたり?

サメって難しいね。というか魚自体難しいわ。


Kawau1668
体羽が白い大型の海鳥。
コアホウドリな気がする。


Kawau1669
ハシボソミズナギドリ。


Kawau1670
ハコフグ?


Kawau1671
カワウ


こんな感じで3時間のお散歩おしまい。
午前中歩いてたんだけど一向に雨やまないし、参っちゃうわ。


ハシボソミズナギドリ・・・39個体
コアホウドリ?・・・1個体
トビ・・・1個体
カワウ・・・1個体
ウミスズメ類・・・1個体
ドバト・・・1個体
ハクセキレイ・・・1個体
鳥以外・・・多数


寝ましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

5/4 飛島 に行ってきました

Ooruri1609

前日は飛島に渡れなかったけど、本日は早朝から運行が決定したため1便で渡ることに。
それまでは日和山公園で鳥見。
昨日もいた目の縁が白いオオルリがいたくらいで、あとはそんなに。

Ruribitaki1610
るりびん。

カラアカハラは一瞬見れただけでおしまい。



ってことで飛島に渡る。
船は超ゲロ船。最近ゲロ船率が高い。


Yatugasira1611
友人が前日に飛島に渡れているため、その情報をもとに鳥見。
まずはヤツガシラ。
4年ぶりぐらい?久しぶりの出会いでした。

Tahibari1612
よちよちタヒバリ。
夏羽はきれいかわいいです。


Tugumi1613
つぐみ。
「しまかへ」前にて。


Umineko1614
超イケメン。


Iwatubame1619
前日ニシイワツバメが見つかっているポイントで撮影したイワツバメ。
ニシイワに出会えるのはいつになることか・・・。


Siberiaao1620
シベリアアオジ。
離島らしいですね。


Arisui1621
アリスイ。

択捉島ではシベリアアリスイJynx torpuilla chinensis の記録があるのでいっつも気にしてはいるんですがやっぱりアリスイ。
ぱっと見で識別できると思うんですけどね。


Binzui1622
ビンズイ。


Muneaka1623
ムネアカタヒバリ。


Hachijou1625
綺麗なハチジョウツグミ。


Muneaka1624
???ヒタキ。

そんな変なのではないとは思いますが・・・。


そんな感じで、これといって迷鳥など出ることなく飛島1日目終了。平和でした。
翌日の2便まで飛島で鳥見です。


1.コガモ  2.カラスバト  3.キジバト  4.ドバト  5.アオサギ  6.ダイサギ
7.チュウサギ  8.ツツドリ  9.アマツバメ  10.ウミネコ  11.オオセグロカモメ
12.トビ  13.ツミ  14.ハイタカ  15.ヤツガシラ  16.カワセミ  17アリスイ
18.コゲラ  19.アカゲラ  20.ハヤブサ  21.サンショウクイ  22.モズ
23.ミヤマガラス  24.ハシボソガラス  25.ハシブトガラス  26.キクイタダキ
27.ヤマガラ  28.ヒガラ  29.シジュウカラ  30.ヒメコウテンシ  31.ヒバリ
32.ツバメ  33.コシアカツバメ  34.イワツバメ  35.ヒヨドリ  36.ウグイス
37.ヤブサメ  38.チフチャフ  39.ムジセッカ  40.キマユムシクイ
41.エゾムシクイ  42.センダイムシクイ  43.メジロ  44.ヒレンジャク
45.トラツグミ  46.クロツグミ  47.シロハラ  48.アカハラ  49.カラアカハラ
50.ツグミ  51.ハチジョウツグミ  52.コマドリ  53.コルリ  54.シマゴマ
55.ルリビタキ  56.ジョウビタキ  57.ノビタキ  58.イソヒヨドリ
59.コサメビタキ  60.キビタキ  61.オオルリ  62.スズメ  63.キセキレイ
64.ハクセキレイ  65.マミジロタヒバロ  66.ムネアカタヒバリ  67.ビンズイ
68.タヒバリ  69.アトリ  70.カワラヒワ  71.マヒワ  72.ベニマシコ  73.ウソ
74.シメ  75.ホオジロ  76.ホオアカ  77.キマユホオジロ  78.カシラダカ
79.ミヤマホオジロ  80.アオジ  81.クロジ


Kotori1626

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »