« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

3/20 北海道根室 1日目

昨年3月にも北海道に行ったが、その時はクルーズに乗れなかったため今回はリベンジ。

空港に降り立ったあとは数ケ所で鳥見をしたあと野付半島を目指す。

野付半島では2日前までは夏羽ユキホが6羽入っている!これは逃すわけにはいかない!

2754
野付半島到着!

内湾は結構凍ってますね。その関係で鳥が遠い遠い。

2755
オオワシは激近!

オオワシ自体はそこそこ出会えるのになかなか近くで写真撮る機会がない・・・。

2756
エゾシカは大量発生。


2757
沖を見るとコクガンフェスが開催されていた!
ざっと100羽以上はいただろうか。まだまだ少ないみたいで、野付半島では1000羽超えもあるとのこと。

コクガンに出会うのはこれが2回目、実に10年ぶり。2005年に酒匂川河口で出会ったのが懐かしい。

2758
美しいシロカモメは大量におります。もうシロカモメだらけ!意外にもワシカモメには出会えず。

2759
きつねさん。もこもこで可愛いと思ったら目つきは怖かった。

2760
ユキホオジロ!!

もう雪解け激しくて「こりゃ見つからないかもなぁ」と思い始めてた頃、遠くに単独でいる子を発見!!寒いはずなのに一気に体が温まる瞬間でした!
めっちゃ綺麗可愛い鳥でしたよ!
10枚ほど撮ったらどっか飛んで行ってしまいました。残念。
この子でライファー450種目。

2761
草食う姿も様になるほどのイケメン

2762
オジロワシもいっぱい。

2763
飛んだら中央尾羽の新羽に黒が入ってる。そんなもんなのかね?

成鳥でもちょっとは黒入る子いるけども。

2767
沖を見ればコオリガモ。

2768
ユキホみてワシみて、「さあ帰るか」ってなったところでまさかのハギマシコ×2出現!

2769
この子が雪山の天辺でちょっとぐぜったりしてました。
ペアだったのかな。めっちゃ可愛い。

ある程度遊んでもらった後は根室に向け出発。ほぼ移動日なため、鳥はほとんど見れず。

民宿たかのに宿泊し、翌日にはクルーズに乗り込む!

1.コクガン  2.オオハクチョウ  3.マガモ  4.ヒドリガモ  5.ビロードキンクロ

6.シノリガモ  7.コオリガモ  8.ホオジロガモ  9.ミコアイサ  10.ウミアイサ

11.カワアイサ  12.ドバト  13.ヒメウ  14.アオサギ  15.タンチョウ

16.セグロカモメ  17.オオセグロカモメ  18.シロカモメ  19.トビ  20.オオワシ

21.オジロワシ  22.ハシブトガラス  23.ハシボソガラス  24.シロハラ  25.ツグミ

26.アトリ  27.カワラヒワ  28.ハギマシコ  29.オオマシコ  30.ユキホオジロ

31.クロガモ

  

| | コメント (0)

2015年3月15日 (日)

3/15 泉の森

2741
あほ毛立ちまくりコサギ

2742
まんまるがも

2743
頭が赤くて背中が灰色だからホシハジロだと思う

2744
乾かし中

2745


2746


2747


2748

バンの潜水、初めて見ましたよ!
2~3秒ほどの潜水を数回繰り返してました!

オオバンでは何度か潜水見てますが、バンだと新鮮です。
結構観察例あるもんなんでしょうか?

| | コメント (0)

3/14 昭和記念公園

2736
三光鳥がいました!

最近は別名の「豆回し」や「斑鳩」と呼ばれることもあるそうな。

2737
とある女神さまが名前の由来のかわいい子

wikiで見ると「知性の光、創造性の光が到来する時のシンボル。」とある

暁のようなこの体色、なんて美しいのでしょう・・・

2738
かわいいかわいい尾長柄杓さま

可愛いし性格も良い、ステータス高い鳥さんです。

繁殖期には異例の6羽ヘルパーも観察されているそうで。

2739
とある女神さまが名前の由来のかわいい子

wikiで見ると「知性の光、創造性の光が到来する時のシンボル。」とある

暁のようなこの体色、なんて美しいのでしょう・・・

2740
名前の由来が色々ある子ですが、私は「集鳥」説が一番しっくりきます。

昔は大群でみられ、近年は減少していると言われていますが、ここ最近また増えてきたように思います。
10年前とかは神奈川で集鳥を見るのがいかに難しかったか・・・。たしか鳥初めて5年目とかでようやくみれたような。

最近は適当に散歩してると適当に会うようになってきましたもんね。



これからは更新頑張っていこうかと思います

| | コメント (0)

2015年3月 8日 (日)

中東 アラブ首長国連邦鳥見1日目

年末年始は小笠原でも行こうかなと思っていたところ、11月中旬に「アラブ行きませんか?」のお誘い!二つ返事で即その話に乗っかることに!

なんにせよ、時間がない。期間は残り1か月。その間に航空券探しやら、国際免許やら。なにより中東の鳥の猛勉強!中東図鑑は以前から持っていたものの、おそらく数回しか開いたことなく、いざ改めて見るとなんとも魅力的な鳥だらけで、何とも面白い!

今回の旅はガイド無し。すべての行程で、発案者様と私の2人きり。

 

 
まあ、事前準備系のお話は話してもつまらないでしょうに。こんなもんで。

 

―――アラブ―――

11時間半のフライト+2時間の遅延で無事、アラブ首長国連邦に到着!
そして空港でレンタカーを借り、いざ出発!

・・・の所レンタカーやが見つからないなどのトラブルがあり、結局フライト遅延含め3~4時間ほど遅れることに。

さあ出発!運転は私で、初海外運転&初左ハンドル右車線!
とにかく道が怖い!なんなんだ、ラウンド&アバウトとか!
よく事故らなかったな、と思うほど、危なっかしい道をひたすら進んでいく。

 

2685
イエスズメ House Sparrow / Passer domesticus hufufae

なんとか目的地に到着!遠くを見ると狙いの鳥が居る!!!…でも遠いため、近づいてくるまではイエスズメなどの基本種を楽しむ。

イエスズメ、きれいですね。以前タイで初見の時はあまりちゃんと見れなかったもんで。



2686
シマシャコ Gray Francolin / Francolinus pondicerianus mecranensis

遠くからとっとこ走ってくるのはシマシャコ!
当然初見!シャコが普通にいることに驚き!


2687
ハクセキレイ White Wagtail / Motacilla alba alba

出会えて嬉しい旧ヨーロッパハクセキレイ現ニシシベリアハクセキレイ!
この子も面倒な感じに和名が変わってしまったので、面倒です。この子の話をするとき、ニシシベリアって言うと昔からの鳥屋は誤解しちゃいますしね。

私は「アルバ」か「ヨーロッパ」と呼んでいます。

それにしても可愛いです!いつか日本で見つけたいもんですよ!!


2688
ヤツガシラ Eurasian Hoopoe / Upupa epops epops

日本的に出会えると嬉しい鳥が、ここアラブでは基本種!
ただでさえ警戒心の薄いヤツガシラがいっぱいいるので、もうやりたい放題!!

・・・かと思いきや、この芝生は人様は入れないため、なかなか撮りにくいのです。

 
2689
シロミミヒヨドリ White-eared Bulbul / Pycnonotus leucotis leucotis

インドとかそこら辺に住んでるシロミミヒヨドリ。ここアラブでは外来種になりますが、ライファーなので嬉しいですね。

いっぱいいるし、距離も近いし、下尾筒も黄色で素敵ですよ。


2690
テコテコバト Laughing Dove / Streptopelia senegalensis cambayensis

テコテコ歩くのを得意とするテコテコバト。



2691
テコテコテコ...

華麗にUターンしてまた目の前をテコテコ。
可憐な体型から繰り出す愛らしいおみ足、その優雅な歩きはパリコレやミスコンを彷彿とさせ、稚拙な私の感情は興奮を隠せず…

何が言いたいかって、めっちゃ可愛いってことなんですよ。

あとちゃんとした和名はワライバトで。「おっほっほ!」って笑いますよ、この子。


2692
スナバシリ Cream-colored Courser / Cursorius cursor bogolubovi

そんなこんな遊んでいると近くにやってきました!!最初のターゲット、スナバシリ様!!

20羽以上はいたでしょうか。かなり異様な光景でした。


2693
ご飯食べる時はこんな姿。

何の仲間だ!?と思う方も多いと思いますが、ツバメチドリ科です。脚を短くしたらそっくりでしょ。

その名の通り、本来の生息地は芝生ではなく、砂漠。砂の上をとっとこ走り回るようですよ。その姿はまさにハム太郎。
ちょいと文献見ると「素早く砂地を走りまわり、そのスピードは人より速い。」と書いてある。わざわざ書くくらいなのだから、相当速いのでしょう。
いつか後ろからピューって抜かれてみたいもんです。

英名や学名のCourserは速く走る者って意味だそうです。



2694
ウスアマツバメ Pallid Swift / Apus pallidus pallidus

上空を見るとアマツバメが一個!急いで撮るとウスアマツバメだ!こりゃ珍しい!!
パッと見で識別できるもんなんですね。いやー、嬉しい。


2695

激近シマシャコに別れを告げ、次の目的地へ。
2696
ミナミオオモズ Southern Gray Shrike / Lanius meridionalis aucheri

いくら探せど目的の鳥はいませんでした・・・。モズのみ。

早めに見切りを付け、次のポイントへ。


2697
アラビアガゼル Arabian Gazelle / Gazella gazella cora

さて、本格的な砂漠の中にやってきました。

初めての砂漠。想像以上に何もなく、生き物もいない世界でした。しかも暑いときたもんだ!




2698
タシギ Common Snipe / Gallinago gallinago gallinago

こんな砂漠の中で見ると全然違って見えます。ハリオやヨーロッパなどを疑うも、やっぱりタシギ。

ちなみにここには小川程度の小さなオアシスがあって、他にはアオアシシギもいましたよ。

 
2699
カンムリヒバリ Crested Lark / Galerida cristata brachyura

590図鑑の「今後記録される鳥」で紹介されていたカンムリヒバリ!それだけに憧れの強い鳥でした!
常時カンムリを立たせまくり



2701
ヨーロッパチュウヒ Eurasian Marsh-Harrier / Circus aeruginosus aeruginosus


自分で運転中「うおおああぁぁああぁ猛禽猛禽!!」と叫びながら急ブレーキ!
もう逃げる寸前ですが、日本的ド迷鳥ヨーロッパチュウヒでした!

ヨロチュウに別れを告げ、いざオアシスへ!!


2733
オアシス到着!

今までの砂漠に鳥がいないのに対し、オアシスには鳥が大量に集まってる!!

 

2702
オオフラミンゴ Greater Flamingo / Phoenicopterus roseus
カワウ Great Cormorant / Phalacrocorax carbo sinensis

オアシスでは主役のオオフラミンゴ様がお待ちかね!

動物園で見慣れていますが、やはり実際に見ると感動しますね。マガモやカワウなど、日本的な鳥に混じってのオオフラミンゴ。その異様すぎる光景で海外に来たんだなと実感させられます。


2703
インドトサカゲリ Red-wattled Lapwing / Vanellus indicus aigneri

東南アジアで常連さんのケリさん、ここアラブでもいっぱいいました。



2705
ヨーロッパトウネン Little Stint / Calidris minuta

日本で必死こいて探し出す子が、大量にいます。
 
 

2706
エリマキシギ Ruff / Philomachus pugnax

シギチの優占種はコイツ、エリマキシギとヨーロッパトウネンという感じでした。
葉っぱの後ろに頭真っ白な子が。

 
2707
カイツブリ Little Grebe / Tachybaptus ruficollis iraquensis

お目目がまっ茶色!かわいいです。

亜種でお目目の色が違うっての、結構凄いですよね。スラウェシ島のカンムリオウチュウといい、なかなか珍しそう。

2708
オオフラミンゴ Greater Flamingo / Phoenicopterus roseus

しょっちゅう飛び回ってました。飛んでる姿は動物園では見る機会無いんですよね。
この細長の飛翔シルエット、日本人がいかに見慣れていないか。人生で見たことのない飛翔シルエットで不思議な感覚に襲われ、感動の嵐ですよ!


2709
ヨーロッパチュウヒ Eurasian Marsh-Harrier / Circus aeruginosus aeruginosus

 

最初見た時はめちゃ感動しましたが、なんとまあいっぱい飛んでいるときたもんだ。
ヒドイ写真だし。

 

2710_2
サバクヒタキ Desert Wheatear / Oenanthe deserti deserti

本当に砂漠にいるんですね。。。砂漠ってオアシス周辺以外ほんとに鳥いなくて、見渡す限りひたすら砂で、いったいどこを探したらいいのやら・・・。
たまーに鳥見つけてもカンムリヒバリだし・・・。

だからこういう小鳥がいきなり現れるのは本当に嬉しい!



2711
カンムリヒバリ Crested Lark / Galerida cristata brachyura

かんむりピコーン!


2712
シロミミヒヨドリ White-eared Bulbul / Pycnonotus leucotis leucotis

偶然なのかなんなのか分からないですが、この子は自分から寄ってきてる気がします。いっつも近い。かわいいし。

 
2713
シロハラサケイ Pin-tailed Sandgrouse / Pterocles alchata caudacutus

「サケイサケイ!」と叫んでも相方は間に合わず。
アラブでの初サケイ!めちゃくちゃうれしかったです!
アラブでは4種ほどのサケイに出会えるチャンスがあるのですが、その中でも一番多いのがこのシロハラサケイ。外来種らしいとのこと。



2714
シロハラサケイ Pin-tailed Sandgrouse / Pterocles alchata caudacutus

こんな感じの群れで飛んでいます。よく写真集とかでみる大群ですね!
この大群がオアシスに行ってお腹濡らしてるとこを見たいですわ。

拡大して見ると全部シロハラサケイっぽいです。

 

こんなもんでこの日の鳥見は終了。
こっからまた交通事情におびえながらアラブの第二の都市アルアインに向かい、そこで宿泊。


2734


2735

夜は鳥の勉強もそうですが、交通ルールのお勉強も。
ラウンド&アバウトの現地ルールが分からなさすぎて、いつ事故ってもおかしくない状況でした…。

 

1. エジプトガン Egyptian Goose / Alopochen aegyptiaca
2. マガモ Mallard / Anas platyrhynchos
3. ハシビロガモ Northern Shoveler / Anas clypeata
4. オナガガモ Northern Pintail / Anas acuta
5. コガモ Green-winged Teal / Anas crecca
6. シマシャコ Gray Francolin / Francolinus pondicerianus
7. カイツブリ Little Grebe / Tachybaptus ruficollis iraquensis

8. オオフラミンゴ Greater Flamingo / Phoenicopterus roseus
9. カワウ Great Cormorant / Phalacrocorax carbo sinensis
10. アオサギ Gray Heron / Ardea cinerea cinerea
11. ダイサギ Great Egret / Ardea alba alba
12. ヨーロッパチュウヒ Eurasian Marsh-Harrier / Circus aeruginosus aeruginosus
13. ハイイロチュウヒ Northern Harrier / Circus cyaneus -
14. オオバン Eurasian Coot / Fulica atra atra
15. セイタカシギ Black-winged Stilt / Himantopus himantopus -
16. インドトサカゲリ Red-wattled Lapwing / Vanellus indicus aigneri
17. イソシギ Common Sandpiper / Actitis hypoleucos -
18. アオアシシギ Common Greenshank / Tringa nebularia -
19. エリマキシギ Ruff / Philomachus pugnax-
20. ヨーロッパトウネン Little Stint / Calidris minuta -
21. タシギ Common Snipe / Gallinago gallinago gallinago
22. スナバシリ Cream-colored Courser / Cursorius cursor bogolubovi
23. ユリカモメ Black-headed Gull / Chroicocephalus ridibundus -
24. シロハラサケイ Pin-tailed Sandgrouse / Pterocles alchata caudacutus
25. カワラバト Rock Pigeon / Columba livia palaestinae
26. シラコバト Eurasian Collared-Dove / Streptopelia decaocto decaocto
27. ワライバト Laughing Dove / Streptopelia senegalensis cambayensis
28. ウスアマツバメ Pallid Swift / Apus pallidus pallidus
29. インドブッポウソウ Indian Roller / Coracias benghalensis benghalensis
30. ヤツガシラ Eurasian Hoopoe / Upupa epops epops
31. ミナミオオモズ Southern Gray Shrike / Lanius meridionalis aucheri
32. イエガラス House Crow / Corvus splendens zugmayeri
33. チャエリガラス Brown-necked Raven / Corvus ruficollis -
34. カンムリヒバリ Crested Lark / Galerida cristata brachyura

35. シロミミヒヨドリ White-eared Bulbul / Pycnonotus leucotis leucotis
36. サバクヒタキ Desert Wheatear / Oenanthe deserti deserti
37. イナバヒタキ Isabelline Wheatear / Oenanthe isabellina -
38. インドハッカ Common Myna / Acridotheres tristis tristis
39. タイリクハクセキレイ White Wagtail / Motacilla alba alba
40. イエスズメ House Sparrow / Passer domesticus hufufae

※太字がライファー
※亜種名は推測を含みます。参考程度に捉えてください。

 

 

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »